「安心保証プラン」で受講期限を1年延長できる

クレアールの「安心保証プラン」とは、受講期限を翌年まで1年間延長することができるオプションサービスです。このオプションは、トータルの出費を抑えながら今年と来年の2回の受験機会を確保するものであり、1年目で合格した場合は保証分の料金の返金制度を利用することもできます。

安心保証プランは、今年度の受験が残念な結果に終わった場合でも来年度の再受験を考えている方や、来年度の受験を考えているが今のうちから勉強を始めて今年度も受験しておきたい方におすすめできるオプションといえます。

今年度の受験がダメだった方にとって、改めて来年度向けのコースを申し込むことは、単純に2倍の出費がかさむことになります。安心保証プランを申し込むことで、総出費を抑えつつ、クレアールの通信講座を引き続き利用することができます。

その一方、高3や大学3~4年、既卒者・社会人の方は、来年度の受験を目指す場合でも、今のうちから勉強を開始して、今年度も受験することができます。

現在クレアールのほとんどのコースが、安心保証プランを申し込める対象コースとなっています。一部を除き、ほとんどのコースは2~3万円のオプション料金をプラスするだけで、1年間の延長が適用されています。

もちろん、クレアールの公務員講座では、安心保証プランの加入は任意です。クレアールのパンフレットでは、安心保証プランのあり・なしの場合のコース料金が明確に表示されており、それぞれのコース料金を比較することができます。

通常の1年半~3年のコースは、大学1~3年の方を対象に、卒業する前年度の受験のみを想定しています。これに対して、1年未満~1年半のコースに安心保証のオプションを付けることで、今年度の受験にも来年度の受験にも対応することができます。

このため、今年度も来年度も再受験を考えている方や、来年度が本命でも今年度の受験機会を逃したくない方は、安心保証プランは受講料の総額を抑えながらクレアールの通信講座を変わりなく受講することができる優れたオプションだといえます。

1年目に合格した場合の返金制度あり

クレアールの安心保証プランは、1年目に合格した場合、その安心保証オプション相当の料金を返金してくれる制度があります。合格通知などのコピーの提出と合格体験記の執筆が条件となっています。

この返金制度は、合格目標年の11月末までに受験した試験で最終合格した場合が対象で、民間企業の内定や受験断念などの理由は認められません。これらの条件を満たす方であれば、2年に渡る受験機会の確保という点で、十分に検討する価値があるオプションといえます。

特に安全保証プランは、今年度の受験まで時間的な余裕が無い方で、再来年の受験も視野に入れているが、できれば今年度中の合格を目指したいという方にもおすすめです。

通常の2年プランや3年プランは、卒業する前年度の受験を対象にしており、今年と翌年の受験というダブルの受験機会を想定したものではないため、2回の受験機会を考えている方には、返金制度もある安心保証プラン対象のコースがおすすめです。

また、今年の公務員試験には出遅れてしまったかもしれないが、試験勉強は早ければ早いほうが良い、今年度も受験しておくが、再挑戦となると改めて学費の出費が心配だ、という方にも、総出費を抑えて返金制度もある安心保証のオプションがおすすめです。

クレアールの安心保証プランの内容

クレアールの安心保証プランは、Web動画に関しては、登録コースに含まれた講義コンテンツを引き続き視聴することができます。使用教材は今年度のものを引き続き使うことになります。これとは別に、時事対策と模試に関しては、最新版のものが提供されます。

クレアールの公務員講座で最も重要なサポートに関しては、登録コースで使えるものは2年目も同じように活用することができます。さらに、単科パック・単科講座を加える場合、とてもお得な「会員価格」(受講生価格)で追加申し込みが可能です。

クレアールの安心保証プランは、今年ダメだった場合を考える方も、来年の受験を想定しつつ今年の受験機会を逃したくない方も、どちらの場合もおすすめできる優れたオプションといえます。

さらに、1年目から2年目に、志望先が変更したり併願戦略を見直した場合にも対応し、分野別・科目別の単科パック・単科講座をとても割安な会員価格で追加することができます。

このオプションは、再受験で改めて公務員講座を申し込む場合より、ほとんどのコースは2~3万円のオプション料金をプラスするだけで1年間の受講期限延長を受けられます。また、1年目で合格した場合は返金制度を使うこともできます。

クレアールでは安心保証対応コースの場合、オプションあり・なしのコース料金をパンフレットで明示しています。単科パック・単科講座の一般価格と会員価格も明示していますし、自分の志望先・併願先を考える上でおおいに参考になるといえます。

資料請求(クレアール)