公務員の魅力とは?

公務員の魅力とは

今回は、公務員の魅力を取り上げます。公務員の魅力は、民間企業と比較するとよくわかります。簡単に言うと、安定性、男女平等、公平性といえます。もちろん、私的な利益の追求ではなく、公的な立場として公益性を追求する仕事としての魅力があります。

公務員=安定

公務員の最大の魅力は、その安定性といえます。公務員は法律や条例などで地位が保証されており、よほどのことが無い限り(違法行為・犯罪や職務規定違反などは論外ですが)、自らの意思で退職する場合を除いて、本人が望まないところで職を失うということがありません。

公務員と比べると民間企業では、正社員でさえその地位は会社の業績に左右されやすく、リストラ、労働時間短縮、自宅待機などの可能性があります。正社員自体の雇用を抑え、契約社員、派遣社員、アルバイト・パートなどの雇用を増やす企業もあります。

こうして民間企業と比較すると、公務員はいったん採用されれば、勤務先の都合で解雇されることはほぼ皆無ですし、業績に左右されて手取りの給料が変動することもありません。「安定性」は、公務員の最大の魅力の1つといえます。

公務員の魅力は男女平等

公務員は、採用、給与、昇進、休暇、仕事内容の面で同一職種なら全くの男女平等です。更に、公務員における産休・育児休暇の取得率もほぼ9割に達しており、結婚後もほとんどの女性が働き続けている職場です。

民間企業であれば、制度としては男女平等や産休・育休の充実をはかっていても、その取得率や実態には企業ごとの大きな格差が存在します。公務員では女性が結婚したりキャリアを積んだからといって退職する慣例が無く、実質的にも男女平等といえます。

公平性も公務員の魅力

公務員は民間企業の就職活動のように、大学や学部などで選別されるということがありません。受験資格さえ満たしていれば、誰もが同じ採用試験を受けられます。既卒だからとか、社会人経験があるからといって、門前払いされることはありません。

その意味で公務員は非常に公平な選考といえますし、採用後の仕事に関しても、とても公益性に富んだ仕事といえます。民間企業のように私的な利潤を追い求めるのではなく、公共の福祉にかなった公益性の高い職務に専念することも魅力といえます。

  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「公務員試験」ページに行きます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
公務員の仕事
公務員試験ガイド