防衛省専門職員(語学区分)の論文試験

今回は、防衛省専門職員(語学区分)の論文試験を取り上げます。まず、直近数年間に出された試験問題は以下の通りです。

  • 「個別的自衛権と集団的自衛権」及び「個別的安全保障と集団的安全保障」についてそれぞれの特徴を述べ、これらの相関について具体例を用いて述べよ。
  • 文部科学省は現在、グローバル化に対応した教育環境づくりを進めるため、小学校における英語教育の拡充強化を計画している。小学校における英語教育の現状について知るところを述べ、今後の改革としてどのようなものが考えられるか、その改革にともなう問題点も指摘しながら、あなたの意見を論ぜよ。
  • 国家安全保障に関する基本方針として定めた「国家安全保障戦略」について(1)前提となっている我が国を取り巻く安全保障環境を述べ、(2)この戦略を実行する司令塔として設立した国家安全保障会議(NSC)について説明し、(3)この戦略で明記された国家安全保障の基本理念である国際協調主義に基づく積極的平和主義について意見を述べよ。
  • 日本政府が提言する「留学生30万人計画」(2008年)は現在も継続しており、日本への留学生数は現在およそ13万人に達している。その約半数の留学生が高等教育機関卒業後、日本での就職を希望している(独立行政法人日本学生支援機構;JASSO調べ)。留学生の日本での就職は今なお増加傾向にあり、日本社会に定住する外国人の人口が増えていくことが見込まれる。
    日本への留学生は中国を中心とするアジア諸国からの留学生が圧倒的に多いが、その理由として、どのような背景が考えられるか。また、日本企業が留学生を採用するメリット、デメリットを分析しながら、今も継続中の留学生受け入れ政策を今後どのように展開していくべきか、自分の考えを述べよ。
  • 「アベノミクス」と呼ばれる経済政策に関して,①その内容を説明し,②世界(日本を含む)における過去の経済政策との比較(異同)を論じ,③この政策の功罪についてあなたの意見とその理由を述べよ。
  • 国立社会保障・人口問題研究所による2013年の「日本の世帯数の将来推計(全国
    推計)」によると,2019年まで世帯総数は増加するものの,平均世帯人員は減少が続き,単独世帯の増加が予想されている。このような単独世帯の増加はどのような要因によると思われるか。また,増加した単独世帯が高齢化した際に想定される問題の解消のために,具体的にどのような仕組みを作っていけばよいかを論ぜよ。
  • 近年、耳にすることの多くなった新たな社会構想の一つに「ベーシック・インカム」論がある。これは、政府が国民一人ひとりに、最低限の生活を送ることができるだけの金額の現金を、その人の所得や資産の多寡、勤労意欲の有無に関係なく無条件で給付するという構想である。この構想にはどのような利点と問題点があるか論ぜよ。
  • いわゆる「成果主義」とは、営業成績など個人の仕事の成果、業績に関する短期的評価を賃金、報酬や人事管理に直接連動させる人事考課システムである。これが国家公務員に適用されたときの得失について述べ、多岐にわたる行政職務における「成果」をどのように評価すればよいか、あなたの意見を記述せよ。

防衛省専門職員(語学区分)の論文試験では、毎年2つの課題が出ています。以前は2題とも外交・安全保障に関係の無い問題でしたが、ここ数年は1題は外交・防衛・安全保障、もう1題は一般的な社会的課題という傾向が続いています。

防衛省専門職員(語学区分)の論文試験は、問題文自体は長いものの、複雑で高度な論述を要求するものではなく、地方上級などで見られるような標準的な難易度だといえます。もちろん、頻出分野は地方公務員とは異なり、より国家的・社会的なテーマが中心です。

この論文試験対策は、1つは国際関係や外交・防衛に関する基礎知識を学ぶこと、もう1つは時事対策をしっかり行うことに尽きると思います。時事対策は国際問題・外交・安全保障はもちろんですが、社会・経済・教育・科学文化といった一般的かつ国家的な課題にも備える必要があります。

防衛省専門職員(語学区分)の論文試験について、文章の書き方に関するノウハウについては、論文(作文)試験/政策論文対策(大卒程度)で紹介した教材が使えます。これらは、基本的な文章の組み立て方や問題提起から結論に至る構成方法が習得できる有益な参考書としておすすめです。