文章理解(高卒)

今回は、高卒程度公務員試験の文章理解を取り上げます。

文章理解は、問題文を読んで正しい選択肢を選ばせる科目です。要旨把握、内容把握、空欄補充、文章整序といった問題が出されます。

要旨把握や内容把握は、問題文に沿った選択肢を選ばせる問題です。空欄補充は文中の空欄の語句の組み合わせが正しい選択肢を選ばせる形式が多く、文章整序は文章の正しい順番を選ばせる問題が一般的です。

公務員試験の文章理解は、現代文と英文がほぼ同数出ることが一般的です。古文を課す試験でも1問しか出ませんし、漢文は裁判所一般職や海上保安学校で1問出る程度です。

高卒程度公務員試験においても、文章理解は現代文と英文をこなせば十分です。地方初級では英文に会話文がよく出ており、口語表現だけに見られる独特な表現も学習しておきましょう。

また、文章理解で出題される英文や現代文は、大半が論説文です。特に現代文では、小説や随筆のような文学的文章が出ることはとても少ないといえます。

古文は出題数が極めて少なく、漢文も一般的な公務員試験では出ることが無い分野です。古文・漢文に関しては学習対効果も低く、捨て科目にしても構わないと思います。

文章理解においても、定番教材の「スー過去」をおすすめします。ただし学習法としては、文章理解の特徴を踏まえた進め方が重要といえます。

(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)

文章理解(高卒)のメイン教材(過去問集)

文章理解においても試験勉強の中心は、「新・初級スーパー過去問ゼミ 文章理解・資料解釈」をおすすめします。頻出分野を漏れなく網羅しつつ、要点整理と過去問演習が一体となった過去問集と言われる定番教材です。

スー過去はテーマ別に、参考書に相当する「要点のまとめ」、代表的な例題である重要問題、過去問演習にあたる実戦問題で構成されています。全くの初学者でも、知識ゼロの状態から本試験問題が解けるまで実力をつけることができるメイン教材の定番です。

ただし文章理解の場合、文章を読んで正しい選択肢を選ぶという解き方に、公務員試験特有のクセがあります。これに慣れるには、継続的に問題を解き続けることで「問題を解く勘」を身につけることが必要です。

この文章理解を解けるようになる感覚というものは、短期的に集中して身につくものではありませんが、地道に少しづつ問題を解き続け、経験値を高めることで誰もが自然に身につけることができます。

ただ、この「問題を解く勘」というものは、しばらく解かないでおくと、すぐに失ってしまいます。文章理解が解ける感覚は、身につきやすく、忘れやすいものであるといえます。

文章理解自体は、出題数が多い重要科目です。ただし、上記のような文章理解の特徴を踏まえると、あまり早くから取り組んでも、かえって解き方を忘れてしまいますし、高卒程度公務員試験なら本試験の3~6ヶ月前から始めて良いかと思います。

その一方、1日あたりの勉強量は現代文と英文を1~2問づつでも構いませんが、とにかく毎日コツコツと過去問を解き続け、一度始めたら勉強しない日を作らないことが重要です。

文章理解は、いきなり「新・初級スーパー過去問ゼミ 文章理解・資料解釈」で過去問演習から始めて構わない科目です。始めのうちは出来も悪く、手こずるかもしれませんが、解説を読んで解法のコツを理解し、次の問題は自力で解けるように継続すれば、自然と問題を解く感覚が身につきます。

直前期の演習は過去問350

早くからスー過去をやりきって、何度か繰り返し解き直し、十分に理解した方は、過去問演習書として過去問350シリーズをおすすめします。

地方公務員(都道府県、政令指定都市、市役所、消防官)の方は「地方初級」、国家公務員試験の方は「国家一般職高卒」、警察官(警視庁を含む)の方は「高卒警察官」をおすすめします。

過去問350は無理にやる必要はありませんし、公務員試験にはスー過去だけでも十分です。その一方、スー過去に早くから取り組んで何度も何度も解き直し、正答を覚えてしまうほど慣れきった方なら、演習量の上積みに過去問350に取り組む価値があるといえます。

また、公務員試験に初めて取り組むが時間的な余裕は無いという方が、最低限の学習で乗り切ろうという場合、文章理解は過去問350に絞り込むという使い方もありかと思います。

もちろん、過去問350に取り組む場合も、スー過去と同じ要領で、1日あたりの問題量が少なくても、本試験まで毎日切らさずにコツコツと解き続け、文章理解を解く勘を維持しましょう。

  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「公務員試験」ページに行きます。