公務員試験は独学か予備校か?メリット・デメリット比較

公務員試験を独学か予備校か、どちらで学習すべきか迷う方も多いと思います。ここでは、それぞれのメリット・デメリットを比較していきます。

公務員試験の独学

独学のメリット

公務員試験を独学で行う最大のメリットは、時間や教材を自由に使うことができる点だといえます。予備校では通学・通信どちらの場合でも一定のカリキュラムのもとで受講時間は拘束されますし、通学ならそこに通う時間を費やす必要があります。

教材に関しても、現在は独学で公務員試験に合格できるだけの市販の参考書や問題集が豊富に流通しています。同じシリーズの教材でも科目によって相性がありますし、科目ごとに自分に合った教材を柔軟に選ぶことができます。

その一方、独学と予備校を比較すると、公務員試験にかかる費用も全く違います。予備校では包括的なコースの場合、20~40万円はかかると思います。独学であれば、すべての科目の教材を揃えて、公開模試をいくつか受験しても、多くても5~10万円、あるいは、多くの方はそれ以下で済むと思います。

独学のデメリット

独学のデメリットとしては、すべてを自己管理で行う必要があるという点が挙げられます。どの科目をどの時点で始めるかといった学習計画や、1日あたりの学習スケジュールを自分で組み立てて実行し、ひとりで確実に学習を進めるという能力が要求されます。

また、独学で要求されるノウハウや基礎学力は、受験生が持っているスタートラインにも左右されると思います。公務員試験に関するハウツー本や合格体験記は、ある程度こうした基礎能力を前提にしている点に注意が必要です。

とりわけ、公務員試験における数多くの科目ごとの特性を踏まえた勉強法、志望先や学習時期に合わせた教材選び、学習する時期とペース配分といった判断能力は、高校・大学の一般入試の受験勉強の経験がある方のほうが優位だと思います。

公務員試験における学習計画や教材選び、教材の上手な使い方に関するセンスは、高校・大学の受験経験や他の資格試験の経験があったほうが有利だといえます。また、特に高校や大学の受験勉強の経験があれば、一般知識(知識分野)など理解しやすい分野が少なくありません。

このように、数多くの科目をどれからどの時期に取り組むかといった学習計画や、科目の特性や志望先・科目別出題数に応じた勉強法に関して、まずは自分でやってみて、自力では難しいと感じたら、予備校の利用を検討して良いと思います。

公務員試験の予備校

予備校のメリット

公務員試験の予備校を使うメリットの最たるものは、その計画性です。予め用意されたカリキュラムに沿って、志望先や専願・併願状況に応じたカリキュラムが提供され、あれこれと教材や勉強法に迷うことなく、受験勉強に集中して取り組むことができます。

また、サポート体制の充実も、独学では得られず、予備校ならではのメリットといえます。疑問点は質問することでその場で解消することができますし、論文(作文)試験や面接試験・集団討論なども添削指導や模擬面接・模擬討論を受けることができます。

公務員試験の予備校は、独学では学習が長続きしない方には特におすすめです。モチベーションの維持という点では、周りに学習仲間でありライバルでもある受講生がいる予備校のほうが、孤独になりがちな独学に勝っているといえます。

また、公務員試験の予備校は、市販されていない公務員試験の過去問や、面接試験・集団討論などの人物試験に関する情報がデータベース化されるなど、独学ではまず入手できない情報量の豊富さというメリットも挙げられます。

予備校のデメリット

公務員試験の予備校のデメリットとしては、カリキュラムや教材が一律に配分されるということです。また、科目ごとに講師との相性が合う・合わないということが、どうしても出てくると思います。

こうした点については、大手の予備校では、志望先に応じて非常に細かくコースやカリキュラムを設定しており、専願・併願の状況や学習時期に応じてさまざまなコースを設定しています。

予備校のなかには、グループ校での振替受講や、通学と通信の併用コースを設けるなど、特定の科目の授業が合わなくても、選択できる可能性を広げる制度を設けています。

また、とかく公務員試験の予備校で問題になるのが受講料の高さです。しかし、どれだけ高くても採用後の給与で半年もしないうちに元が取れる計算です。もちろん、受講すれば必ず合格するという保証はどこにも無いのですが、これは考え方次第だと思います。

公務員試験の予備校では、志望理由に関する作文を書いて最大3割の割引クーポンがもらえたり、再受験者を対象にした割引や分割払いといった、さまざまな制度を用意しています。こうしたものを最大限活用したいものです。

公務員試験は独学か予備校か?メリット・デメリット比較:結論

公務員試験において独学か予備校といった点は、それぞれにメリットがありますし、デメリットもあります。このうち、教材選びや学習計画・勉強法、疑問点の自己解決といったノウハウに自信があれば、公務員試験は独学で十分合格できる試験です。

その一方、何を選んでどの科目をどの時期にやれば良いのかわからない、当サイトも含めたさまざまな公務員試験サイトやハウツー本を読んでも実践できない、勉強しても長続きしない、といった方は、予備校を検討する余地がおおいにあるといえます。

公務員試験の独学にも予備校にも、それぞれの長所(メリット)・短所(デメリット)があります。どちらにせよ重要なことは、「それを選んで長続きできるか(合格できるか)」という一点だと思います。

当サイトでは公務員試験について、独学と予備校利用のどちらが良いとは言いません。それぞれに長所があり、それぞれに短所があります。ただし、当サイトでは、どちらを選んだ方にも、少しでも合格に近づける有益な情報の提供を目指しています。

  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「公務員試験」ページに行きます。