公務員試験 現職人事が書いた面接試験・官庁訪問の本

今回取り上げる公務員試験の参考書は、実務教育出版の「公務員試験 現職人事が書いた面接試験・官庁訪問の本」です(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)

公務員試験 現職人事が書いた面接試験・官庁訪問の本」は、国家総合職、国家一般職の面接試験、官庁訪問、集団討論を想定しており、他の国家公務員(国家専門職、国家特別職など)の方にも使える人気参考書です。また、後述通り地方公務員の方にも参考になります。A5判・約250ページで、毎年改訂されて最新版が出ている人気教材です。

この参考書では、まず面接試験・集団討論について多くの受験生が勘違いをしている具体的なケースを指摘し、どういう準備や心構えで公務員試験や人物試験(面接など)に臨むべきか、非常に基本的なところから解説してくれます。

面接試験・官庁訪問の基本については、実際に行われる流れ、面接カードの書き方、個別面接・集団面接・集団討論・プレゼンテーション・政策論・口頭試問・口述試験という試験種目ごとの極意が取り上げられます。

官庁訪問については国家総合職と国家一般職に分けて極意が説明されます。本書で取り上げる「極意」とは実践に即したノウハウであり、現実にどう取り組むべきかが詳しく解説されています。

さらに、面接官の本音の部分でどういう点を見ているのかやコンピテンシー面接についても詳しく解説されます。これにより、どういう評価基準なのか、高い評価を得るにはどういう基準に沿って振る舞うべきかを知ることができます。

コンピテンシー面接や採点側の意図について、ここまで詳しく説明した参考書は他に無く、本書が想定する国家公務員だけでなく、地方公務員の方にもおおいに参考になると思います。

もちろん想定問答の章も設けられ、30近い質問と回答例が原則見開き2ページづつのスペースに詳しく取り上げられています。面接試験の本番に関する章では、事前準備、控室での過ごし方、勝負となる試験本番の最中のポイントまで指摘されています。

本書が想定する国家公務員の方には定番のメイン参考書として、地方公務員の方にも他書では知り得ないコンピテンシー面接や面接官の本音など有益な情報を部分的に読んで補完する補強的な参考書としておすすめできます。

公務員試験 現職人事が書いた面接試験・官庁訪問の本」は、さまざなま形式の人物試験・官庁訪問の準備・心構え、実際の進め方や極意に加え、採用する側=面接官の事情から見た「求められる回答」へのアプローチを取り上げており、1冊で全くの基本から実践的な試験対策まで完結できる定番参考書です。

  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「公務員試験」ページに行きます。