公務員試験:官庁訪問とは

公務員試験:官庁訪問とは

官庁訪問とは、国家公務員を志望する方が、自分の希望する官庁に採用されるために、自分から志望官庁を訪問し、業務説明や面接を受けたりする活動です。

公務員試験のうち、国家公務員では、最終合格=採用ではありません。これらの公務員試験の「最終合格」とは、国家公務員として国の機関に採用される機会を得たという意味にとどまります。

国家公務員総合職や一般職の採用試験は人事院が行っています。しかし人事院は、最終合格者がどの省庁に入るかまでは関わりません。したがって、最終合格者は官庁訪問を通じて、自分の就職先となる省庁の採用内定を獲得しなければなりません。

官庁訪問は公務員志望者にとって、さまざまな省庁のイメージを現実的に把握する機会でもあり、どの機関に入るかを考える良い機会にもなります。

一方、採用する省庁側にとっては、公式の面接試験とは別に、事実上の人物試験の意味合いもあります。公務員志望の方は、官庁訪問について自分をアピールする重要な場と位置付ける必要があります。また、官庁訪問では非公式の内々定を出すところも多く、公務員志望者は積極的に官庁訪問をしなくてはなりません。

公務員試験:官庁訪問の概要

官庁訪問で質問されることは、公務員の志望理由や公務員になったらどんな仕事をしたいのかなどを聞かれます。官庁訪問で聞かれることは、その省庁独自の視点が加わることはありますが、基本的には面接対策と同じです。

官庁訪問は受け身ではいけません。早いところは一次試験終了後に始まっています。官庁ごとの最終的な段階といえる採用面接から逆算すると、やはり一次試験終了後から始めるべきです。自分から積極的にアポを取り、志望官庁に対して速やかに動きましょう。

官庁訪問は非公式でも実質的な人物試験です。官庁訪問では確固たる目的意識を持ち、熱意を伝えることを大切にしましょう。また官庁訪問では、面接試験と同じくスーツ着用です。

また、各官庁には定員枠があります。定員枠が埋まれば、その官庁・出先機関には就職できません。早いうちからスタートして多くの官庁を訪問し、採用内定を獲得しましょう。

官庁訪問は国家総合職/一般職以外もあるの?

国家公務員試験では、採用試験の合格=採用ではなく、どの機関に採用されるかは、採用予定がある機関で採用面接を受けることになる場合が数多く見られます。官庁訪問という形を取るかどうか別にして、いわゆる採用面接や意向調査が行われることは、国家公務員試験では珍しくありません。

なお、地方公務員試験の場合は、官庁訪問はありません。合格者を対象に、実際の採用先や配属先を決定する採用面接や電話連絡・意向調査を行う場合もありますが、国家公務員試験で見られるような官庁訪問はありません。