刑法(専門記述対策/裁事・総合職大卒、家裁・総合職大卒)

今回は、裁判所事務官・総合職大卒や家庭裁判所調査官補・総合職大卒で課される刑法の専門記述試験(記述式試験)の参考書を取り上げます。公務員試験において刑法が記述式で出るのは、裁事と家裁だけです。

どちらの試験も刑法では、非常に高度な論述が求められる事例問題が出るため、司法試験や法科大学院レベルの教材が必要です。裁事と家裁では試験問題は異なりますが、難易度は似通っており、必要とされる試験勉強は同等です。

特に刑法の参考書は、学者の方が書かれた専門書よりも司法試験予備校が編集した予備校本と呼ばれる参考書をおすすめします。

刑法は学説の対立が非常に激しい科目です。公務員試験でも自説に対する反対説への反論を、理由を挙げて記述する必要はありますが、司法試験や法科大学院のように、それぞれの学説の詳細な議論に立ち入る必要はありません。

このため、専門記述試験の刑法においても、通説・判例に基づく標準的な記述が中心で、反対説は論述の展開に必要な範囲で知識として理解できる程度にとどめた参考書が望ましいといえます。

1.「刑法 山口厚 有斐閣」は刑法の第一人者・山口厚氏が書かれた通称「青本」と呼ばれる1冊本です。ご自身の学説は極力避け、通説および非常に豊富な判例を中心に、刑法の全体像をカバーした良書としておすすめできます。

本書は導入本としても最適ですし、ある程度学習された方が総復習的にがっつりと刑法を見直す用途にも最適な参考書といえます。裁事や家裁では択一・記述ともに使えますし、標準レベルの参考書としておすすめできます。

2.「公務員試験対策1冊で合格シリーズ 刑法 伊藤塾 弘文堂」も一般的な公務員試験に必要な論点はカバーしており、基礎的な典型論点を固めるのには最適です。1の「青本」が合わなかった方にはおすすめできる入門書です。

3「伊藤真試験対策講座 刑法 伊藤塾 弘文堂」(総論、各論の2分冊)、4「C-book 刑法」(総論・行為無価値版、総論・結果無価値版、各論の3分冊)は、民法でも紹介した基本書であり、本格的な記述対策としてどちらか一方には取り組むことをおすすめします。どちらも学者の方による専門書と異なり、極端に自説に偏るといったことが無く、標準的でバランスの良い基本書です。

両者を比べると、3「伊藤真試験対策講座 刑法 伊藤塾 弘文堂」は学説の対立が激しい刑法総論を1冊でまとめています。そのため、とてもわかりやすく読みやすい参考書ではありますが、やや曖昧な記述や一貫性の無い記述が見られる点は、好みが分かれます。

4「C-book 刑法」のほうは、文章よりも図表を多用してビジュアル的に理解しやすい参考書ですが、やや誤植が多いのが難点です。また、文章の読みやすさは、伊藤塾のほうが優っていると思います。

その一方、C-bookの刑法総論は「C-book 刑法総論 行為無価値版」と「C-Book 刑法総論 結果無価値版」に分かれており、当然ながらどちらか1冊に取り組めば十分ですし、一貫性のある学習が可能です。もちろん、学説が違うからといって評価が下がるということはありませんし、どちらのほうが特に難しいということもありません。

どちらが通説かと一概にも言えないほど刑法の学説対立は複雑であり、公務員試験では判例を中心に標準的な学習を進めれば十分です。もちろん、5「刑法判例百選 有斐閣」は必ず用意すべき判例集です。

刑法の参考書としては、以上のものが挙げられます。1~2は導入本(入門書)や択一対策として、3~4は本格的な記述対策として、それぞれ1冊ずつ選んで勉強することをおすすめします。5は判例集として必ず用意してこなすべきです。

  1. 刑法 山口厚 有斐閣
  2. 公務員試験対策1冊で合格シリーズ 刑法 伊藤塾 弘文堂
  3. 伊藤真試験対策講座 刑法総論 伊藤塾 弘文堂伊藤真試験対策講座 刑法各論 伊藤塾 弘文堂
  4. C-book 刑法総論 行為無価値版C-Book 刑法総論 結果無価値版C-book 刑法各論
  5. 刑法判例百選 有斐閣(1、2の2分冊)
  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「公務員試験」ページに行きます。