経験者採用試験の学習計画(半年~1年半)

今回は、全くの初学者が基本中の基本から本試験まで、独学かつ専願で社会人経験者採用試験の合格を目指す学習計画を取り上げます。本試験まで半年~1年の学習期間を想定していますが、1年半を切った時期ならいつ始めても構いません。

ここでは、経験者採用試験(事務)、市役所(教養のみ)、国立大学法人など、専門試験が課されず教養試験だけで受けられる公務員試験に対応します。対象となるのは、社会人・既卒者の方を想定しています。

もちろん、初めて公務員試験に取り組む方が試験本番まで独学で行ける学習計画を取り上げます(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)。

数的処理(判断推理、数的推理)

数的処理(判断推理、数的推理)は、教養試験(基礎能力試験)の出題数の3割を占める最重要科目です。単純な暗記が通用しないこともあり、真っ先に学習すべき科目です。

数的処理の教材には、「新スーパー過去問ゼミ4 判断推理」「新スーパー過去問ゼミ4 数的推理」をおすすめします。要点整理と過去問演習が一体となった過去問集であり、試験勉強の基本から本試験レベルまで1冊でこなすことができます。

「スー過去」は、1回目は要点整理を読み込み、必修問題をこなして一通りの解法パターンを習得します。2回目以降は、必修問題と過去問演習を繰り返します。必修問題と*1つの問題は必ず取り組みます。

市役所の方は、*2つの問題をできるだけ多く解けるようにします。国家公務員や都道府県・政令指定都市・東京都特別区の方は、志望先の問題を中心にしつつ、国総以外の問題は積極的に取り組み、できるだけ幅広く多くの問題を解けるようにします。

どちらの方も、必修問題と*1つの問題は必ず自力で解けるようにします。また、国総の問題(市役所の方は*3つの難問も)は飛ばして構いません。

このほかの問題は、2度も3度も解説を読んでも分からない問題は省いても構いませんが、解説を読んで理解できる問題は自力で解くことを目指し、本試験までに何も見なくても解ける問題を1つでも増やすことが合否を左右するといえます。

数的処理は最も重要な科目であり、試験勉強の初めから試験本番まで、過去問演習を徹底して繰り返しましょう。

社会科学

社会科学は、一般知識(知識分野)のなかで受験生が取りこぼすことが最も少ない分野です。時事対策につながることもあり、やはり真っ先に取り組むべき最重要分野といえます。

社会科学には、「公務員試験過去問新クイックマスター 社会科学」をおすすめします。要点整理部分と過去問演習が一体となった過去問集であり、初学者でも基本から本試験まで一貫して使える完結型教材です。

「クイマス」は、過去問集としては解説が詳しめで、標準問題に大きなウェイトを置いた良書です。高校の教科書~センター試験レベルの問題が中心の一般知識にとても適した教材といえます。

クイマスも、1回目は要点整理を読み込み、必修問題に取り組みます。2回目以降は、必修問題と過去問演習を繰り返します。要点整理も、必要に応じて知識の再確認を行います。過去問演習の問題には、基本レベルの問題(基本問題)と応用レベルの問題(応用問題)があります。

クイマスの場合、必修問題と基本問題は必ず自力で解けるようにします。国総の問題は飛ばしても構いません。このほか、応用問題については、以下のように、志望先の頻出度が星1つの問題は飛ばして構いません。

クイマスは、問題ごとに、地上、東京都、特別区、国家一般職、国立大学法人など、志望先別の頻出度が3段階(3つ星)表示されています。応用問題に関しては、市役所の方は「地上」の問題に絞って構いません。その他の方は、志望先の問題を中心に、幅広く取り組むべきです。

どの志望先の方も、応用問題に関しては、2回も3回も解説を読んでも分からない問題はどんどん飛ばして構いませんが、解説が理解できる問題は、何も見ずに解けることを目指します。応用問題でどれだけ自力で出来る問題を増やせるかが、合否を左右するといえます。

文章理解

文章理解も、出題数では教養試験(基礎能力試験)の2割前後を占める重要な科目です。ただし、現代文と英文は必ず学習すべきですが、古文は公務員試験では0~1問であり、学習する必要の無い分野です。

まず、文章理解では、「新スーパー過去問ゼミ4 文章理解・資料解釈」の必修問題を、現代文と英文それぞれ何問か解いてみましょう。

ここで、英文を読むのが遅いとか、分からない英単語が多いと感じた方には、「速読速聴・英単語 Core 1900」をおすすめします。大学受験で使った経験がある方は、「速読英単語(2)上級編」に替えても構いません。

どちらの英単語集も、比較的長い英文を題材に、速読の練習をしながら英単語を身につけることが出来る優れた参考書です。不安のある方は、学習期間の早期から取り組んでおきましょう。

文章理解自体は、暗記すべき事柄がほとんど無く、いきなり過去問集から始めて良い科目です。「新スーパー過去問ゼミ4 文章理解・資料解釈」から現代文と英文を1~2問づつ、毎日コツコツと解き進めていきましょう。

文章理解は、早期から取り組む必要は無く、1日あたりの学習時間は短くても良いのですが、本試験まで勉強しない日を作らず、問題を解く勘を鈍らせないようにすべきです。

スー過去をやりきった方は、「公務員試験過去問新クイックマスター 文章理解」または「市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500」に入っても構いません。とにかく文章理解は、習うより慣れろの感覚で、問題を解く勘を継続して維持していきます。

人文科学、自然科学

人文科学は社会科学ほど優先度が高くないものの、文系の受験生を中心に取りこぼしが少なく、基本問題・典型問題を手堅くこなす学習が必要です。

人文科学においても、「公務員試験過去問新クイックマスター 人文科学」(2分冊)をおすすめします。要点整理と過去問演習が一体となった過去問集であり、初めて学ぶ科目でも基礎から本試験まで使える良書です。

人文科学は、日本史、世界史、地理に絞って構いません。文学・芸術や国語は警察官・消防官以外で課されることはありませんし、国立大学法人でも1問ですので、学習する必要がありません。思想も0~1問ですし、無理に学習する必要はありません。

人文科学は重要科目をクリアした後に取り組んで構いません。社会科学と同じ要領で、必修問題~基本レベルの問題は必ず取り組み、応用レベルの問題も自力で出来る問題を増やしていきましょう。

自然科学(生物、化学、物理、地学、数学)は、地方上級で生物と化学が2問ずつ、市役所では生物が2問で、他の科目が1問づつです。国家公務員では数学が出ることは無く、化学・物理が1問づつ、生物・地学のどちらかが1問です。国立大学法人は市役所と同じです。

自然科学は学習効果が低く、1科目あたりの出題数もとても少ない分野です。後回しにしても構わない分野ですし、最低限の学習で乗り切れば十分だといえます。

自然科学の過去問集は、とても丁寧な解説と基本問題を重視した「だからカコモンで克服 自然科学」をおすすめします。定型的な典型問題が多い自然科学には、この「カコモン」が最適です。

カコモンを使う場合、1回目は要点整理を読み込んで、典型問題に絞って基礎レベルを攻略します。2回目以降は典型問題と過去問演習を繰り返します。典型問題は必ず自力で出来るようにします。

過去問演習については、問題ごとに各志望別の重要度が3段階表示されています。市役所の方は「地上」で重要度が高い問題に絞り、その他の方も各自の志望先で重要度が高い問題に絞って取り組めば十分です。

また、各章の冒頭にテーマ別の出題頻度の一覧があります。科目あたりの出題数が少ない自然科学なら、○~◎のテーマだけに絞り込んで取り組んでも良いでしょう。

ただし、東京都特別区では、選択解答制とはいえ、自然科学と人文科学のウェイトが一般的な公務員試験とは逆です。問題の難易度自体は、人文科学はクイマス、自然科学はカコモンのままで良いと思います。

このため東京都特別区では、社会科学のあとは、自然科学から取り組んで人文科学を後回しにしても良いでしょう。また、テーマの絞り込みは自然科学では行わず、人文科学で行って良いと思います。

時事対策

経験者採用試験では、時事対策は極めて重要です。教養試験で出題されること以上に、論文試験のテーマ対策や、面接で特定の話題を質問されたときの対策にもつながります。

公務員試験の時事対策といえば、なんといっても「公務員試験 速攻の時事 実務教育出版」がおすすめです。政治、経済、財政、国際、厚生、労働、文部科学、環境、司法警察、社会問題と幅広い分野から、公務員試験に特化した時事対策を行うことができる良書です。受験生の間で幅広く使われている定番参考書でもあります。

速攻の時事には、併用教材として「公務員試験 速攻の時事 実戦トレーニング編」があります。掲載問題の難易度にブレがあるのが難点ですが、出題可能性が高い時事項目の問われ方を知るには貴重な参考材料といえます。

また、トレーニング編は、重要な時事用語を約400語、とてもスマートな説明で解説しています。集中的にサッとチェックできる優れた時事用語集としてもおすすめです。

また、受験生が見落としがちな時事項目の対策には「直前対策ブック 実務教育出版」をおすすめします。白書、法改正&新法、重要判例、各種統計やデータに強く、公務員試験特有の頻出事項の補強に役立ちます。

このほか、時事問題や社会事情では、ノーベル賞の受賞者や五輪のメダル数などを問う問題も出るため、原則として年に3回(春・夏・秋号)刊行される「最新時事用語&問題 新聞ダイジェスト別冊」で、定期的に時事対策の総チェックを行うことがおすすめです。

資料解釈

資料解釈は、裁事一般職以外の国家公務員、東京都、東京都特別区を受験する方はしっかり学習すべきです。文章理解と同じ時期に同じ要領で、毎日コツコツ1~2問、本試験まで問題を解く勘を失わないように過去問集を解けば十分です。

その一方、裁事一般職、東京都や東京都特別区以外の地方上級、市役所では、資料解釈は1問しか出ません。これらの受験生は、資料解釈を無理に学習する必要はありません。

資料解釈も「習うより慣れろ」の科目であり、暗記的な要素がほとんど無いため、いきなり過去問集から始めて構いません。おすすめは「新スーパー過去問ゼミ4 文章理解・資料解釈」であり、これを毎日1~2問、本試験までコツコツと解き続けましょう。

資料解釈も文章理解と同じ感覚で、同じ時期から始めれば十分です。文章理解ほどの出題数はありませんが、問題感覚を鈍らせないようにすれば、比較的容易に点が取れる科目です。

論文対策:一般的な論文と経験者論文

経験者採用試験の論文試験は、一般的な公務員試験(一般枠)と同じような課題の論文試験を課す場合と、経験者試験特有の「経験者論文」を課す場合があります。試験によっては、「職務経験論文」などの名称で、経験者論文を課す公務員試験もあります。

どちらの場合にしろ、公務員試験における基本的な論文のルールや、合格答案につながる文章の組み立て方・書き方を理解する必要があります。そこでおすすめなのが、「1週間で書ける!! 公務員合格作文」です。

本書は第1編で、時間配分や適切な分量、ワンセンテンス・ワンテーマや接続詞の使い方といった、基本的なルールや形式面から文を整えて「減点されない」答案づくりをわかりやすく解説しています。

第2編では、課題に対する全体像を掴んで、その背景から問題点を浮かび上がらせ、問題点から自己主張につなげるやり方を詳しく解説し、内容面から合格答案につながる論文の組み立て方・書き方を丁寧に説明しています。

「1週間」は、論文のルール・心構えから実践的な書き方まで習得できる非常に優れた参考書としておすすめします。なお、第3編は具体的な出題例と答案例・講評で構成されたテーマ別の論点集です。市役所の一般的な課題論文なら、本書だけで十分だと思います。

その一方、国家一般職大卒、地方上級(都道府県、政令指定都市、東京都特別区)、裁判所事務官一般職大卒には、「公務員 論文試験の秘伝」をおすすめします。

「秘伝」のほうは、国家公務員および全国の自治体の直近の試験問題を豊富に掲載し、論文の書き方、および、25のテーマ別に、過去問・類題を提示→出題意図・キーワードを解説→対話形式による基礎知識と論文作成のポイント→実際の答案例と講評を詳しく掲載しています。

また、「秘伝」では、「意表を突く問題の対処法」といった項目も設けられ、幅広いテーマからの出題が予想される国一、裁事一般職、地上に備えることができます。

ただし、「秘伝」は、論文の基本的なルールや書き方といった点はやや手薄であり、この点は「1週間」の使用をおすすめします。その代わり、国一、裁事一般職、地上の方のテーマ別対策としては、大手予備校TACの答案練習を再現したかのような、初学者でも実にわかりやすい「秘伝」のテーマ別対策をおすすめします。

ここまでは、論文のルール・書き方や、一般枠と同じ課題の論文対策です。その一方、残念ながら「経験者論文」に特化した市販の参考書というのは存在しません。

経験者論文では、これまでの職務経験を述べた上で特定の課題に関して論じさせるもの、職務経験上での成功(失敗)・危機的状況などから得たもの(経験など)を行政にどのように活かすか問うもの、特定の行政課題について民間経験を活かした解決策を書かせるもの、民間経験を行政にどのように活かすか直球勝負でそのものズバリを問うもの、などがあります。

経験者論文で共通していることは、「自分の民間経験を、どう公務員として活かすか」ということです。課題に明記していなくても、これは必ず触れなければなりません。

経験者論文の対策は、過去問のリサーチに尽きます。自治体なら直近の課題を公式サイトで公開している自治体が多くありますし、国家公務員のうち人事院実施の試験なら請求制度があります。裁判所の場合は、直近の課題を公式サイトで公開しています。

あとは、参考書で基本的なルールや書き方の心得、および、特定のテーマ別の知識の理解が出来ているはずですので、一般的な課題のときと同じように、過去問の課題を検討して問題点とその背景を探り、問題点と自己主張を結びつけるように答案練習を行うと良いでしょう。

経験者採用試験の論文対策は、早いうちに参考書と読み込んで、基本的なルール・書き方の習得と、テーマ別の知識の理解をクリアしておきます。こうすることで、あとになって答案練習・添削指導を受けるときに、自信を持って進めることが可能になります。

答案練習は必ず行いましょう。大手予備校の利用が出来ない場合でも、大学などの公開講座・キャリアセンターや知り合いの方に相談するなど、必ず添削指導を受ける機会を確保すべきです。

面接対策

面接対策も、まずは2冊の参考書をおすすめします。自己分析を通じて自分のコアな部分を作り、あらゆる質問に対応しようとする「面接・官庁訪問の秘伝」と、採用する側つまり面接官が面接試験を行う背景から採用側の意図を明らかにし、面接官の立場に立って好ましい回答を行うアプローチの「公務員試験 現職人事が書いた面接試験・官庁訪問の本」です。

2冊の参考書は、面接試験を受ける側と行う側の両面から面接試験の実態や対処法を解説した良書です。両方を合わせて読むことで、評価される対応とは何かが十分に理解できるといえます。

どちらの本も、基本的な面接試験の流れや準備・心構え、服装や所持物といったマナーについての説明は申し分ありません。その上で、「秘伝」なら合格に結びつく自己分析や面接カードの書き方、「現職人事」ならコンピテンシー面接など想定外の対応を理解することができます。

また、個別面接、集団面接、集団討論、官庁訪問まで対応した参考書でもあります。各自の試験で課される形式に沿った部分だけ読めば十分ですし、地方公務員や裁事では官庁訪問が無いため飛ばして読んでも構いません。

面接対策も、こうした参考書で自己分析、面接カードの書き方、掲載された応答例の検証などを行っておくと、あとになって模擬面接を万全の準備で受けられます。

模擬面接は、大手予備校を利用しても良いですし、ハローワーク、大学などの公開講座・キャリアセンターの利用を検討しても良いので、必ず練習する機会を確保しましょう。

もちろん、経験者採用試験では、経験者特有の質問などが来るものと考えるべきです。経験者試験に特化した面接試験の参考書が無いため、ここはぜひとも模擬面接を受けておくべきでしょう。

模試

経験者採用試験の方は、各自の学習の到達度や進捗状況の目安として、模試を積極的に受けることをおすすめします。LECの経験者採用公開模試(全2回)、TACの「公務員公開模試」がおすすめですし、クレアールの公開模試も、受講生以外の方が単独で申し込むことができます。

これらの模試はパックでは無く、各回ごとに受験申し込みすることもできます。受験前年の年末~年明け以降の直前期まで実施されており、それぞれの時期に応じて、弱点分野の発見と補強に活かしましょう。

過去問演習書/本試験問題集

教養試験(基礎能力試験)の学習を各科目ひととおりこなした段階で、本試験に備える時期であれば、過去問演習書の「過去問500」をおすすめします。解説が詳しく、試験別に直近の過去問を網羅した定番演習書です。

過去問500は、地方上級・教養、地方上級・専門、東京都・特別区1類(教養・専門)、市役所上・中級(教養・専門)、国家総合職・教養、国家総合職・専門、国家一般職大卒・教養、国家一般職大卒・専門、国家専門職大卒(教養・専門)、大卒警察官・教養(過去問350)という10冊が出ています。

また、「本試験過去問題集 公務員試験 TAC」もおすすめします。試験別に本試験を再現した本試験問題集であり、年度別取り外し可能な冊子となっているため、模試代わりの予行演習にも最適です。

この問題集は、東京都1類B(行政・一般方式)、東京都特別区1類(事務)、裁判所一般職大卒、国税専門官、労働基準監督官A、国家一般職大卒(行政)が出ています。

科目別の学習をクリアした時点で、本試験の直前期には、こうした過去問演習書や本試験問題集を活用し、なるべく一度に多くの出題科目に取り組むことで、総合的な得点力の引き上げを目指します。

経験者採用試験の学習計画(半年~1年半):まとめ

経験者採用試験で教養試験のみが課される場合、まずは数的処理と社会科学の攻略が先決です。これらの科目は、基本問題は当然ですが、過去問集でどれだけ標準的な問題が出来るかが重要です。

これらの科目の理解のめどがついたら、人文科学、自然科学に順次取り組みます。ともに出題科目に絞り込み、ウェイトの低い科目はテーマを絞り込むことを行っても良いでしょう。東京都特別区は人文科学と自然科学が逆でも良いと思います。

文章理解も重要科目です。必要なら早期から英単語集に着手します。過去問集自体は早期からでなくても構いませんが、本試験までしっかり解き続けることが重要です。

資料解釈は試験によってウェイトが異なります。学習するなら文章理解と同じ時期に、同じ要領で取り組むべきです。

論文、面接は早期から参考書を何度も熟読し、必要な知識を理解します。添削指導や模擬面接を受ける機会は必ず確保しましょう。

0~1問という科目は最低限の学習で構いませんし、時間的な余裕が無い方は学習しないことを検討しても良いと思います。各科目を一通りクリアしたら、模試や過去問演習書/本試験問題集を活用し、総合的な実力の引き上げを目指して本試験に備えます。