警察官試験のための論作文術

今回取り上げる警察官の参考書は、土屋書店の「警察官試験のための論作文術」です。この参考書は、高卒警察官の作文試験に向いています(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)。

警察官試験のための論作文術 土屋書店」は、警察官向けの論文試験の参考書です。過去に実際に出された試験問題の徹底分析を行い、基本的な書き方や知っておくべき論作文のルールを豊富な事例を交えて解説した定番参考書です。

本書は、警察官試験と論作文、合格するための論作文術、課題別実践論作文術で構成されています。もちろん中心となるのは課題別の論作文に関する章であり、課題別に詳しい説明と模範解答が提示されています。

また、警察官になるためになぜ論作文が必要なのかという視点から、論作文対策のポイントを的確に解説しています。合格するための論作文という部分では、良い文章を作るためのコツを分かりやすく解説しています。

掲載されている課題は、警察官の職務や理想的な警察官像、警察に関わる社会問題、あるいは、受験生が最近感じたことや思うことを問う課題、生きることや命に関わる抽象的な課題もカバーしています。

第1章「警察官試験と論作文」では警察官になるための論作文試験とその対策の概要が解説され、第2章「合格するための論作文術」では論作文の基本的な書き方を習得できます。

本書の最大の特徴は「第3章 課題別実践論作文術」です。警察官でしか課されない課題を豊富に掲載し、実践的なケーススタディが出来ます。

「警察官を志す者として」「警察官として何をしたいか」といった警察官としての課題、「交番の役割」「交通事故を減らすには」といった警察に関わる社会問題、「私が心がけていること」「最近憤慨したこと」といった私が思うことに関する課題、「生きる」「もったいない」などの抽象題を掲載しています。

本書は、非常にオーソドックスで手堅い論作文試験の参考書としておすすめです。毎年多くの受験生に幅広く使われる人気教材でもあります。高卒警察官の方にはどなたにもおすすめです。

警察官試験のための論作文術 土屋書店」は、文章を書くコツや言葉の選び方など、良い論文の基本的な書き方を伝授してくれる参考書として最適です。高卒警察官なら十分対応できる定番参考書としておすすめです。

  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「公務員試験」ページに行きます。