航空管制官の外国語試験(英語試験)

今回は、航空管制官の外国語試験(英語試験)を取り上げます。

英語試験の参考書としては、過去問を解きまくって特に長文に慣れること、および文法を中心に参考書や問題集に取り組むことに尽きます。航空管制官の英語試験は、長文と文法・発音が5割づつ出ます。ともにしっかりと勉強すべきです。

長文の過去問は、普通に過去10年分、最低でも5年分は取り組み、何度も繰り返します。これだけで十分ですが、更に余裕のある方は英検やTOEICの過去問に着手してもよいでしょう。なお、航空管制官の英語試験の目安は、TOEIC700点台前半や英検準1級の難易度といえます。

このうち長文は、とにかく良質の英文を数多くこなし、慣れていくことで出来るようになります。単語に自信の無い方は、「速読速聴・英単語 Core 1900」や「速読英単語(2)上級編」といった、英文を読みながら語彙力を高めるタイプで、航空管制官に見合った上位レベルの参考書をおすすめします。

英文法は大学受験の参考書で対応できますが、目安としては国立大学2次試験の上位~標準レベル(偏差値60台半ば)といえます(センター試験よりは明らかに難しいです)。

このレベルなら、参考書としては「高校総合英語Forest」をおすすめします。メインの参考書として読み進めるのはもちろんですが、分からなかった点を随時調べて確認する参照用参考書としても使いやすく、とても高い定評を得ている参考書です。

一方、英文法の問題集としては、「Next Stage英文法・語法問題」をおすすめします。航空管制官にはとても最適な収録内容であり、Forestと併用してNext Stageでアウトプットを行うことで、ガッチリと文法が固められます。

なお、「Next Stage」が合わなかった方には、「UPGRADE英文法・語法問題文法・語法・語い・熟語・会話・発音/アクセント」に替えることもおすすめできます。こちらもほぼ同じレベルを網羅した、精度の高い問題集です。

航空管制官の英文法の問題は、大学受験や他の公務員試験では見かけないような、とても細かい文法・語法を問う問題も見られます。このため、今回取り上げたような比較的網羅性が高く、上位の大学受験にも対応できる参考書・問題集を3回でも5回でも繰り返しましょう。

ヒアリング(リスニング)試験の参考書としては、やはりTOEICや英検の過去問・教材から選びます。自分で今までやってきたものでも構いません。

このほか、「航空管制官 採用試験問題集 イカロス出版」は、2年おき(奇数年)の3月に発売され、直近2年分の過去問を収録しています。詳しい解説はありませんが、後述通り英語試験には必須教材としておすすめします。

航空管制官 採用試験問題集 イカロス出版」最新版は、英語面接(英会話)とヒアリングの過去問も収録され、ヒアリングはCDも付いているため、受験生は必ず入手して取り組むべき貴重な過去問題集といえます。