国立大学法人等職員の参考書

今回は、国立大学法人等職員の参考書を取り上げます。

(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)

国立大学法人等職員採用試験攻略ブック

実務教育出版の「国立大学法人等職員採用試験攻略ブック」は毎年改訂されて最新版が出ており、国立大学法人等職員に特化した定番の攻略本です。

本書は、全国各地の国立大学法人等職員へのインタビュー、国立大学法人等職員の採用試験のシステム、一次試験で課される全国共通の教養試験の過去問、機関別に独自に実施される二次試験の情報(面接試験、論文試験など)、予想問題で構成されています。

このためこの1冊で、「そもそも国立大学法人等職員とは何か?」「国立大学法人等職員になるにはどうしたら良いか?」について理解が深まり、実際の受験生からの情報に基づく豊富な過去問や独自の試験情報を得ることができます。

国立大学法人等職員に特化したガイドブックや教材のなかでも、この「国立大学法人等職員採用試験攻略ブック」は非常に情報の精度が高く、国立大学法人等の志望を考えている方は真っ先に入手すべき定番アイテムといえます。

国立大学法人等職員の試験別参考書

国立大学法人等職員の試験内容や難易度は地方上級や市役所大卒に近い一方、国立大学法人等職員に特化した参考書というものは殆どないため、地方上級・市役所大卒・国家一般職大卒の参考書に準じた参考書がおすすめです。

教養試験の参考書

国立大学法人等職員は全国共通の一次試験で教養試験が課されます。教養試験は一般知能(知能分野)と一般知識(知識分野)に分かれ、短期間で十数科目を攻略する必要があります。

このため、問題を解くのに必要な知識や解法の習得(インプット)と、実際の過去問演習(アウトプット)を、効率よくこなすことが重要です。その一方、こうしたニーズに応えて、ポイント部分と過去問が一体となった「過去問集」と呼ばれる教材が各社から出ています。

過去問集の攻略は公務員試験の定石といえます。特に国立大学法人等職員の場合は、一般知能(知能分野)では「新スーパー過去問ゼミ5」(実務教育出版)、一般知識(知識分野)では「公務員試験過去問新クイックマスター」(LEC東京リーガルマインド)をおすすめします。

どちらも大卒程度の公務員試験の定番の過去問集と呼ばれ、科目別・分野別に出ているメイン教材です。「スー過去」は判断推理、数的推理、文章理解・資料解釈、「クイマス」は社会科学、人文科学(1~2の2分冊)、自然科学(1~2の2分冊)がおすすめです。

両者とも詳細な過去問分析に基づく標準的な大卒程度公務員試験の過去問集であり、全く初めて学ぶ科目でも項目別にポイント部分で学びながら過去問で基本から本試験に対応できるまで問題演習ができる一体型教材です。

科目別・分野別にスー過去・クイマスで統一する必要はありませんし、一方が合わなかった科目は他方に変えても構いません。全くの初学者でも、まずはこの教材をメイン教材と位置づけ、本試験までに何度も何度も繰り返すことが重要です。

一般知能(知能分野)に関しては問題の精度が高い「新スーパー過去問ゼミ5」、一般知識(知識分野)では、まんべんなく幅広い科目が課される国立大学法人等職員に適した「公務員試験過去問新クイックマスター」がおすすめといえます。

数的推理・判断推理の入門書

数的推理や判断推理は、単純な暗記が通用せず、算数や数学に関する基礎的な知識も必要です。また、論理的思考が要求され、いきなり過去問集に取り組んでもさっぱり分からないという方も少なくありません。

こうした方には、実務教育出版の「玉手箱」シリーズの2冊、「数的推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱」、「判断推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱」がおすすめです。

この参考書は、小・中の算数・数学のうち判断推理・数的推理に必要な部分だけを抽出してわかりやすく学ぶことができますし、典型的な基本問題の演習を通じて、公務員試験に必要な解き方のパターンを習得することができます。

もちろん、「玉手箱」だけでは基本的な解法のマスターにとどまり、実際の問題が解けるようになるには、「新スーパー過去問ゼミ5」や「公務員試験過去問新クイックマスター」といった本格的な過去問集をクリアすることが必須といえます。

とはいえ、「数的推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱」、「判断推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱」は、まずは基礎固めから取り組んで、また過去問集に戻るための入門書(導入本)として十分おすすめできる良書といえます。

英文(文章理解)の入門書(導入本)

国立大学法人等の文章理解は、高校の教科書~センター試験レベルです。地方上級と同等またはやや易しい問題ですし、高校・大学受験の勉強や英検、TOEICなどの学習経験があれば、いきなり「新スーパー過去問ゼミ5 文章理解・資料解釈」から取り組んでも、容易に進めることができると思います。

他方で、英文がさっぱり読めない、問題が解けないという方には、入門書(導入本)として「速読速聴・英単語 Core 1900」をおすすめします。単語集とはいえ、長めで良質の英文を多数掲載し、単語力に加えて速読力も含めた英語力を身につけることができます。

また、大学受験で使った経験がある方には、「速読英単語(2)上級編」を使うことをおすすめします。こちらも「Core 1900」と同様の英単語集であり、英文を早く読みながら単語力を向上させることができます。

英語力向上のための英単語集は上記2冊のうちどちらか一方で構いません。公務員試験の英文は長い課題文ですが、文法や構文的には難しくありません。このため、早く正確に読む速読力と、標準的な単語力さえクリアできれば、問題を解く力が身につきます。

もちろん、過去問が解けるという方には、こうした英単語集は不要です。その一方、英単語集だけでは本試験問題には不足であり、基礎固めを終えたら過去問集である「新スーパー過去問ゼミ5 文章理解・資料解釈」に必ず取り組むべきです。

時事対策の参考書

公務員試験の時事対策に特化した参考書といえば、「公務員試験 速攻の時事 実務教育出版」が定番中の定番です。国立大学法人等職員においても、すべての受験生必須の教材といえます。

本書は、政治、経済、財政、国際、厚生、労働、文部科学、環境、司法警察、社会問題といった幅広いテーマを網羅しています。また、公務員試験では頻出ながら多くの受験生が見落としがちな白書や各種統計からのデータをふんだんに盛り込んでいます。

公務員試験 速攻の時事 実務教育出版」は毎年最新版に改訂され、毎年の出題予想テーマを解説したコーナーもあり、必ず取り組むべき時事対策としておすすめします。

面接試験の参考書

国立大学法人等職員の場合、面接試験は各機関ごとに実施される二次試験で課されることが多く見られます(なかには課さない機関もあります)。試験形式としては、個別面接、集団面接、集団討論など、機関によって異なります。

国立大学法人等職員に特化した面接試験対策としては、先に取り上げた「国立大学法人等職員採用試験攻略ブック」が最も詳しく、毎年最新版が出るため、まずはこれを入手すべきでしょう。

その一方、今から取り上げる参考書は、一般的な公務員を想定した面接対策のうち、特に国立大学法人等職員でも使えるものを2冊紹介します。どちらか一方でも構いませんが、異なるアプローチの参考書ですので出来れば両方ともこなすことをおすすめします。

1.「公務員試験 現職人事が書いた面接試験・官庁訪問の本」は、国家総合職や国家一般職の面接試験、官庁訪問、集団討論を想定した面接本ですが、国立大学法人等職員でもコンピテンシー面接に直面する機会があるかと思いますので大いに参考になると思います。

もちろん本書は、一般的な公務員試験の場合の面接対策の準備や基本的なマナー、実際の試験の流れを理解することができます。面接カード・個別面接・集団面接・集団討論・官庁訪問について解説しており、一通りの心構えが習得できます。

また、「公務員試験 現職人事が書いた面接試験・官庁訪問の本」は、採用する側の試験官がどこをどう見ているのかという観点から、どうすれば評価されるのかを深く知ることができる良書です。

2.「面接・官庁訪問の秘伝」も、個別面接、集団面接、集団討論や官庁訪問にも対応し、面接カードや実際の試験の流れを習得できる参考書としておすすめです。

本書は「現職人事」に比べて、複数の回答例と著者の指摘がポイントとしてまとめられた想定問答集が充実しており、模擬面接が受けられない方でも、セルフシュミレーションを行うことができる優れた参考書といえます。

また、自己分析を通じて「自分の強みとなるコアな部分」を作り、面接カードやエントリシートの記述から実際の面接に至るまで、一貫した変わらない軸を構築することで、どんな質問や場面にも対応する手法を解説した必須の参考書といえます。

面接・官庁訪問の秘伝」は二色刷りで豊富な図解やイラストを交え、面接試験の基本から自分のコア作りによって備えを万全にできる参考書としておすすめします。

論・作文(教養論文)の参考書

国立大学法人等職員では、論文(作文)試験は機関ごとの2次試験で課されます。もちろん、課す機関と課さない機関があります。課される場合は、やはり先述の「国立大学法人等職員採用試験攻略ブック」をおすすめします。

その一方、国立大学法人等職員に限らず、まずは公務員試験の論文(作文)試験をどう書けば高評価につながるのか、基本的な論文の書き方を習得する入門書として、「1週間で書ける!! 公務員合格作文」をおすすめします。

本書は一般的な公務員論文において、形式面(時間配分、字数の目安、ワンセンテンス・ワンテーマの原則など)と内容面(全体像の把握や定義付けなど)の両面から、論文試験の基本から合格答案を書けるようになるコツを伝授してくれます。

1週間で書ける!! 公務員合格作文」は知っておくべき論文の基本ルールや、合格論文をどう書くかという手法を非常にわかりやすく習得できる必須の入門書としておすすめです。

ただし、本書の第3編であるテーマ別課題と解答例は、非常に簡潔であり、国立大学法人等職員においても物足りないかと思います。このため、「1週間で書ける!! 公務員合格作文」をこなした方は、以下の2冊のうちどちらか一方で良いので、テーマ別の課題対策をおすすめします。

1.実務教育出版の「論文試験 頻出テーマのまとめ方」は非常に人気の高い論文対策の参考書であり、長い間幅広い受験生に使われている定番中の定番といえます。過去問分析に基づき20以上のテーマごとに課題と解説・解答例が掲載されています。

本書は、競合する参考書に比べると、とても深い知識や記述能力を要求しており、具体的な統計データに裏付けされた解答レベルとなっています。挫折する方も少なくないのですが、特に論文(作文)が得意という方にはおすすめできる良書です。

論文試験 頻出テーマのまとめ方」は、非常に奥深い詳細なテーマ別研究ができる参考書として、本格的な論文試験の課題別対策に使えるアイテムといえます。

2.TACの「公務員 論文試験の秘伝」は、「まとめ方」に比べると、多くの受験生が合格ラインに乗ることができるだけの分かり易い参考書といえます。

本書は、TACの公務員講座の人気講師・山下純一氏と生徒が対話形式で課題を検討する構成になっています。受験生の視点で基本から派生テーマまで無理なく理解することができる良書といえます。

公務員 論文試験の秘伝」は二色刷りでイラストや図解も交えて非常に入りやすく、本格的な課題別対策も順序よくこなすことができる優れた参考書です。論文(作文)対策がおっくうだという方には、本書のほうがおすすめといえます。