国際法(択一・記述とも対応)

国際法は、以下の公務員試験で出題されます。これ以外の公務員試験では勉強する必要の無い科目です。

  • 国総・法律区分→択一3問、記述(ともに選択問題)
  • 防衛省専門職・国際関係区分→択一30題中2問(必須解答)
  • 外務専門職→記述式のみ(必須解答)
  • 国立国会図書館・総合職/一般職大卒とも記述のみ(選択科目)

(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)

国際法の参考書:入門書

初めて国際法を学ぶ方の入門書としては「松井芳郎ほか 国際法 有斐閣Sシリーズ」をおすすめします。この本が合わなかった方には、より公務員試験に重点を置いた「公務員試験対策1冊で合格シリーズ 国際法 伊藤塾 弘文堂」に替えることをおすすめします。

これらの入門書は、どちらか1冊を読んでおくと国際法の全体像が頭に入り、記述式対策の論点整理も進めやすくなります。もちろん、入門書はどちらか1冊で構いません。

国際法の参考書:択一対策の過去問集

択一式試験がある方は、国際法はスー過去、クイマス、カコモン、DATA問とも出ておらず、過去問集として「国家総合職 専門試験 過去問500」を新年度版だけでなく、過去の年度版も中古で入手して取り組むことをおすすめします。

なお、「公務員試験 国家専門職大卒 教養・専門試験 過去問500」は、防衛省専門職員の専門試験は非対応です。また、防専国際法の択一対策も、やはり「国家総合職 専門試験 過去問500」で代用することをおすすめします。

国際法の択一対策としては、先述の入門書と過去問500を併用していけば十分だと思います。防専は過去問が公開されていないため、国家総合職の過去問を参考にしましょう。

国際法の基本書:記述対策

記述式試験が課される方は基本書として、杉原高嶺・水上千之など各氏の共著「杉原高嶺ほか 現代国際法講義 有斐閣」をおすすめします。公務員試験や各種資格試験、大学の教科書として幅広く使われる定番中の定番です。

これが合わなかった方には、「プラクティス国際法講義 信山社」をおすすめします。外専の試験委員・柳原正治氏が関わっており、司法試験改革や法科大学院の導入に伴って登場した人気参考書です。もちろん、基本書もどちらか1冊で十分です。

このほか、判例集として「国際法判例百選 有斐閣」は絶対こなすべき必須教材ですし、記述式試験の演習書として「演習プラクティス国際法 信山社」をおすすめします。プラクティスは誤植が多いものの、国家公務員・法科大学院・司法試験の受験では高い人気を誇る定番教材です。