行政法(専門記述対策/国総レベル)

今回は国家総合職レベルの専門記述試験対策(裁事、衆参事務局、外専、防専も該当します)のうち、行政法を取り上げます。

(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)

行政法の参考書としては、以下のものをおすすめします。基本書は1~4のうち1冊で十分です。演習書としては5がおすすめできます。

1.「原田 行政法要論 学陽書房」は行政法の専門書として、定番中の定番として知られています。1冊で行政法の範囲をカバーしている良書ですが、どちらかといえば地方上級や国家専門職(国税・財務など)の方のメイン参考書に向いています。

2.塩野宏氏の「塩野 行政法 有斐閣」は国家総合職の方の間では幅広く使われている基本書です。3分冊のうち特に1=行政法総論は、国家総合職にそのまま出題される元ネタ本としても知られています。

塩野 行政法 有斐閣」は3分冊で網羅性が高く、国家総合職が第一志望で行政法をしっかりと固めたい方におすすめできます。固い記述が難点ですが、非常に真面目で堅実に作られた良書であり、これをクリアすれば行政法は着実に合格ラインに届きます。

3.橋本、櫻井両氏の「橋本、櫻井 行政法 弘文堂」は、塩野行政法が合わなかった方にもおすすめできる教科書です。塩野行政法よりも読みやすい文章で、分冊化では無く1冊で完結しており、網羅性では劣るものの、独学に適した国家総合職の基本書としておすすめできます。

4.宇賀克也氏の「宇賀 行政法概説 有斐閣」も、非常によく編集された行政法の人気基本書です。3分冊で網羅性が高い一方、公務員試験には不要な議論の深みにはまらない程度の記述量だといえます。

5.「事例研究 行政法 日本評論社」は、国家総合職レベルの公務員試験では最も最適でおすすめできる演習書です。網羅性の高い内容と、極めて丁寧な解説で、非常に独学に向いています。