公務員の面接本のおすすめは?

今回は、公務員の面接本のおすすめを取り上げていきます。

(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)

公務員試験 現職人事が書いた面接試験・官庁訪問の本

公務員試験 現職人事が書いた面接試験・官庁訪問の本」は、国家総合職や国家一般職大卒の面接試験、集団討論、官庁訪問を想定した本です。国家公務員なら他の国家専門職、国家特別職の方も参考になります。

この本の最も良い点は、公務員の面接官の本音=採用する側から見た「求められる回答」へのアプローチを導入している点です。また、コンピテンシー面接にも触れており、こうした点は国家・地方公務員どちらの方にもおおいに参考になります。

もちろん、面接試験や官庁訪問の準備・心構え、面接カード・個別面接・集団面接・集団討論・官庁訪問の進め方や極意といった基本から実践的なコツはカバーしており、主に国家公務員を中心に面接を受ける方なら十分おすすめできる本といえます。

面接・官庁訪問の秘伝

面接・官庁訪問の秘伝」は、地方上級や市役所、国家専門職、国家特別職など非常に幅広い公務員の面接に対応する本です。国家総合職以外なら、国家・地方問わずどなたにもおすすめできます。

こちらの本は自己分析を通じて「自分だけのコアな部分」を作り、面接カードやエントリシートの記述から実際の面接の応答に至るまで、一貫したブレない軸をベースに、あらゆる質問や場面に対応しようとする手法を解説した良書といえます。

この本は二色刷りで豊富な図解やイラストを交え、個別面接に加え、官庁訪問、集団面接、集団討論にも対応しています。もちろん基本的なマナーや態度・心構え、さまざまなコツを網羅していて、あらゆる公務員の面接におすすめできる1冊といえます。

公務員試験 現職採点官が教える! 合格面接術

公務員試験 現職採点官が教える! 合格面接術」は市役所の個別面接に特化した本といえますが、地方上級・市役所・町村役場など地方公務員志望の方で、個別面接だけという方におすすめできる参考書です。

こちらの本は、二色刷りで漫画を交えながら分かりやすく丁寧に面接試験のポイントを解説しており、面接カードや身だしなみ、入室から退室までの流れといった基本もひと通り習得できる入門書といえます。

また、公務員の面接の典型的なパターンを説明しており、やや型通りすぎて実態に即していない嫌いはありますが、「公務員の面接ってどんな感じなの?」という初学者が、本格的な参考書を手にする前の導入本としてならおすすめできます。

高卒公務員の面接本

高卒程度の公務員の面接本というと、あまり強くおすすめできる良書が少ないといえます。そんななかでもあえていうなら、「初級公務員 面接・作文の完全マスター」が挙げられます。

この本は、面接のマナーや心得を初歩から丁寧に解説し、よく聞かれる質問を豊富に掲載して実戦対策に使える参考書といえます。長い間改訂されておらず、内容的にやや古い本ですが、高卒公務員の面接の基本をしっかりおさえることができる人気の参考書です。

もちろん、実際に本書通りに行くとは限りませんが、基本的な面接試験の心構え・準備やマナーを解説し、複数のモデルケースを通じた面接試験のシュミレーションを取り上げている点で、しっかりとした備えができる良い本だと思います。

教員採用試験の面接本

教員採用試験 面接試験の攻略ポイント 実務教育出版」は、教員採用試験の面接本として、基本を一通り理解できる優れた参考書です。

この本は、教員採用試験の個別面接、集団面接、集団討論、模擬授業、場面指導、集団指導、パーソナルプレゼンテーションといった試験形式に対応しています。主に面接試験を想定した本ですから、他の形式についてはもう1冊あったほうが良いと思います(教員採用試験の参考書6 面接試験、集団討論、場面指導、模擬授業)。

本書は、面接試験の目的や、面接官がどういう人達でどこを見ているのかという視点から解説し、どういう回答や自己PR・志望動機が望ましいのかというアプローチを説明しています。

もちろん、基本的な服装やマナー・心構えや、実際の面接における注意点・ポイントをカバーしており、教員採用試験の面接に臨む初めの1冊としては、最もおすすめできる優れた本だといえます。

保育士採用試験の面接本

保育士・幼稚園教諭採用試験 面接試験攻略法 つちや書店」は、大手資格予備校・LEC東京リーガルマインドの講師である木梨美奈子さんが監修した、人気の高い定番参考書です。

この本は、面接カードやエントリーシートの書き方、試験当日までの準備や心構え、複素やマナーと言った基本を先にしっかり解説した上で、個別面接、集団面接や集団討論に対応する章を設けており、志望先にあった部分だけを読むことでさまざまな試験形式に対応できます。

ちなみにこの本は論作文対策にも少しだけ触れていますが、これに関しては他の参考書を使うのがおすすめです(保育士採用試験の参考書2 論文(作文)対策)。

また、この本は面接に関して、豊富な質問例とそれに沿った解説が掲載されており、NG回答例を提示した上で、いくつかの改善点を指摘して望ましい回答を説明し、受験生に各自で考えさせる優れた教材となっています。

保育士採用試験の面接本に関しては、この「保育士・幼稚園教諭採用試験 面接試験攻略法 つちや書店」1冊あれば十分だと思います。なかなかボリュームのある本ですし、先に買っておいて早期から読み進めておくことをおすすめします。

  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「公務員試験」ページに行きます。