公務員の大原

今回は、公務員の大原について取り上げます。大原の公務員講座は面倒見の良さで知られており、特に警察官、消防官、地方の市役所に強いことで知られており、全国に展開するメリットを活かした予備校といえます。

大原の公務員講座とは

学校法人大原学園は、全国各地に校舎を設置し、公務員試験をはじめ、簿記、税理士、宅建、IT系、医療福祉系など、さまざまな資格取得や就職に対応する学校を運営するグループです。

大原は、「専門学校(専門課程)」、「資格の講座」、「集中資格コース」を運営しており、それぞれに公務員講座があります。

1つ目の専門学校は、学校に進学して在籍し、学歴にも残ります。大卒・高卒とも対応し、国家公務員、地方公務員、警察官、消防官など、非常に数多くの試験に対応した多様なコースが設置されています。

2つ目の資格の講座は、専門学校と区別するため、大原では「社会人講座」と呼んでいますが、いわゆるWスクールです。大学生や社会人の方が、学校や会社などに在籍しながら公務員を目指すのに最適です。

3つ目の集中資格コースは、専門学校と資格の講座の良いとこ取りのような、中間的なコースです。毎日授業を受けますが、社会人講座の一環として扱われ、文字通り短期集中的に合格を目指します。

公務員の大原:資格の講座

公務員の大原のうち、Wスクールに相当する資格の講座(社会人講座)では、大卒の行政系・事務系公務員と警察官・消防官に対応するコースが開講されます。高卒の方は、専門学校か短期資格コースを選ぶことになります。

資格の講座では、国家総合職、地方上級(都道府県、政令指定都市、東京都特別区)、警察官、消防官、教養試験だけ課される市役所などを対象にしたコースが開講されています。

資格の講座の大きなメリットは、いつでも入学できることです。直前期でも申し込める速修コースから、1.5年合格コースまで開講されますが、いつでも自分の学習開始時期に合ったコースを申し込むことができます。

また、公務員の大原のなかでは、資格の講座が最も費用を安く抑えられるコースです。もちろん、公務員の合格に必要な学習相談・サポートや添削指導、模擬面接など、対象となるコース生は豊富なフォローサービスが受けられます。

また、資格の講座が最も全国的にたくさんの校舎で提供される講座です。通信講座も豊富なコースが開講されており、学生さん、社会人の方はもちろん、フリーターや主婦の方が公務員を目指す場合もおすすめです。

公務員の大原:専門学校

公務員の大原のうち、専門学校に進む最大のメリットは、他の資格の講座や集中資格コースよりも、非常に幅広い公務員に対応できることです。大卒・高卒を問わず、あらゆるコースが提供されています。

このうち行政系・事務系では、都道府県・政令指定都市・東京都特別区の大卒(地方上級)、高卒(地方初級)、市役所や町村役場の大卒・高卒職員、裁判所事務官や税務職員、学校事務・警察事務、国家一般職大卒/高卒など、実に多くの職種や試験に対応したコースが開講されています。

警察官・消防官に関しても、高卒の警察官、消防官、入国警備官、刑務官、皇宮護衛官や海上保安官を目指すコースの他、大卒の警察官・消防官を目指すコースもあります。

大原の公務員のなかでは、専門学校は1年または2年学校に在籍し、学歴として残ります。他の講座の場合よりも費用は高くなりますが、非常にたくさんの公務員試験に対応し、一人ひとりの志望に沿ったきめ細かな指導を受けられます。

公務員の大原:集中資格コース

公務員の大原のうち、集中資格コースは、毎日通学して授業を受けますが、社会人講座の一環として扱われ、8ヶ月~2年のうちに公務員合格を目指すというコースです。

集中資格コースでは、国家一般職大卒や地方上級を目指すコースや、大卒/高卒それぞれの警察官・消防官を目指すコースが開講されます。全日制あるいは夜間コースになります。

集中資格コースは専門学校とダブルスクールの良いとこ取りのようなコースです。毎日受講して徹底的な学習や問題演習を重ね、担任制や個別質問のフォローなども受けられます。

なお、このコースは専門学校とは異なる扱いですが、学生証の交付を受け、通学定期の利用ができます。原則として月~金に毎日みっちり受講するため、これはありがたい扱いといえます。

  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「公務員試験」ページに行きます。