公務員の勉強はいつから始める?

今回は、公務員の勉強はいつから始めるべきかについて取り上げます。

公務員の勉強はいつから始めるかという点については、公務員の種類によっても異なりますし、行政系・事務系と理系公務員(技術職)、福祉系・心理系でも少し異なるかもしれません。

いつから勉強開始か、公務員別に考える

国家総合職レベル(家庭裁判所調査官補、裁判所事務官総合職、外務省専門職員、防衛省専門職員、衆参事務局や国立国会図書館の総合職なども含む)であれば、第一志望に考える方が多く、かなり早い時期から勉強している方が少なくありません。

このレベルの公務員の勉強なら、大学1~2年のうちから基礎固めを行っている方も少なくありません。合格する方の多くは、本格的な試験勉強を大学2年の後期~大学3年の前期のうちから始めているといえます。

地方上級・国家一般職大卒レベル(国税専門官、財務専門官、労働基準監督官、法務省専門職員(人間科学)、裁判所事務官一般職なども含む)であれば、本試験の半年前からでは少し厳しく、それよりは長め、できれば1年かそれよりも前から始めたいところです。

これを逆算して、いつから地上・国一レベルの勉強を始めるかというと、大学3年の春先~夏前には本格的な受験勉強を始めるのが理想かと思います。半年程度の勉強期間で受かる方も少なくありませんが、これは個々の学習経験や基礎学力に左右されるため、1年前後の勉強期間を確保するのが無難かといえます。

教養試験(基礎能力試験)が課されない市役所、警察官・消防官、高卒公務員(高卒程度の警察官・消防官、地方初級・国家一般職高卒・市役所など)では、一部の理系公務員(技術職)や専門職種を除けば、専門試験が課されず、教養試験のみで受験できます。

このような教養試験のみの公務員の勉強をいつから始めるべきかといえば、半年程度の試験勉強で受かる方も増えてきます。理想的には8~10ヶ月程度の勉強期間の確保が好ましいと思います。

このため、専門が無く、教養試験のみの公務員の場合は、大卒の方は大学3年の後期~大学4年になるまで、高卒の方は高2の年明け~高3になるまでの間に勉強を開始するのが望ましいと思います。

公務員の勉強に「いつ」からということは無い

理系公務員(技術職)や福祉系・心理系公務員を受験する方は、多くの場合、その職種・区分と密接に関係する学部・学科の出身という場合が一般的です。このため、専門試験を一から学習する必要が無く、比較的短い期間から勉強を始めても合格する方がおられます。

今回ここまで述べてきた「いつから公務員の勉強を始めるべきか」というのは、多くの方が合格する平均的な目安です。ほとんどの科目が全く初めてという初学者の方は、もっと早い時期から始めるべきですし、資格取得や大学・高校などで学習経験のある科目が多い方は、短い期間でも合格する方が多くなります。

どの方にも言える方ですが、公務員になるために必要な勉強に「いつから」ということはありません。実際には個々の事情にも左右されますし、もっと短期間で受かる方もおられます。

ただし、当然ながら勉強期間は短いよりは長く勉強したほうが合格する確率は高まります。公務員の勉強に「いつから」ということはありませんし、公務員への志望を考え始めた時点で、思い立ったときからが試験勉強を始めるべきだといえます。