公務員の面接の質問は?

今回は、公務員の面接の質問について取り上げます。

公務員の面接の質問:志望理由

公務員の面接の質問で最も多いのが、志望理由や動機です。「志望理由を聞かせてください」というストレートな質問が一般的であり、ここでつまづくと合格を得るのはとても厳しいと思います。

志望理由に関しては、質問に対して答えればそれで終わりという確率が低いのも特徴です。単に回答するだけでなく、「なぜ民間企業では無く公務員なのか」と聞かれることがあります。

民間と公務員との違いを質問されることも、面接では非常に多いパターンです。これを乗り切ったとしても、「なぜうちじゃないといけなかったのか?」と問われることもあります。

面接の質問で公務員になりたいということを強調しても、数多くある公務員のなかで、なぜここだったのかという点は、面接官を納得させられる合理的な回答を想定しておくべきです。

志望理由や動機は、こうしたさまざまな切り口で何度も質問された方も少なくありません。公務員の面接では定番の質問ですし、想定される質問とそれに対する回答を、幅広いバリエーションで検討する必要があります。

公務員の面接の質問:自分について

公務員の面接の質問では、「自己PRをしてください」というのも頻出の質問といえます。これは必ず、自分の特性がどんな経験を通じて得られたか具体的なエピソードを交えて話し、それが志望先でどう役立つかについて触れるべきでしょう。

ここで失敗しやすいのは、「自分は何ができます」「自分は何が得意です」という一般論で終わってしまうことです。公務員の面接対策ですから、志望先の職務と自分の特性を結びつけ、それを具体的な体験談などを交え、説得力を持って話すアピールが必要です。

このほか、学生時代に学んだことを問われることも、公務員の面接では頻出の質問といえます。これも「学生時代に経験したことを挙げてください」と言われたり、「学校生活で力を入れたことを述べてください」と言われることがあります。

このように、公務員の面接では、自分自身について問われることが、志望理由と同じくらい多くの方が質問されています。こうした質問では総じて、自分自身のことだけを語るのでは無く、それがどのように志望先の仕事に生きるのかについて触れるべきでしょう。

公務員の面接では、面接官は何も会話をしに来ているわけではありません。質問事項1つ1つが、受験者の人間性に加え、それぞれの公務員への適性を評価しています。

何かを質問されたときに、「それで終わりか」と思われるような回答ではなく、それが今の志望先の仕事に、どう活かされるのかという視点を失わないように答えることが、公務員の面接では必要といえます。

  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「公務員試験」ページに行きます。