公務員模試のおすすめは?

今回は、公務員模試のおすすめを取り上げます。

公務員模試でおすすめできるのは、LEC、TAC、大原です。自宅受験で良ければクレアールも悪くありませんし、教員採用試験なら東京アカデミーがおすすめできます。早期から受験できる産経公務員模試(実務教育出版と提携)もあります。

公務員模試のおすすめ(LEC、TAC、大原)

LECの公務員模試は、同社の過去問集「クイマス」や公務員講座の教材から類似した問題がよく出ています。確かにLECの公務員模試は、受講生の点数が高くなりがちです。しかしこれは、公務員予備校ならどこの模試でも見られる傾向です。

公務員予備校の模試は、各社とも受講生がしっかりと講義内容を理解しているかどうかという理解度テストの側面もあります。これは逆にいえば、受講生以外でも予備校の公務員講座並みの問題に挑戦して、各自の到達度を測れる良い機会だと思います。

公務員予備校の模試は、受講生でなくてもしっかり勉強してきた方は確実に点数が出せる模試です。TACの模試も、本試験よりやや難しい問題といえますが、基本的な知識や解法が定着していれば、それを駆使して合格点が出せる模試です。

特にLECやTACは、国家公務員や地方上級といった公務員におすすめできる模試ですし、理系公務員(技術職)や福祉系・心理系の模試など、幅広い職種・区分で提供しています。

一方、大原の公務員模試も、市役所や警察官、消防官などでおすすめできる模試といえます。LECやTACよりはやや易しめですが、これら3社の公務員模試は、解答・解説冊子も詳しめに作られています。

公務員模試のおすすめ(クレアール)

クレアールも公務員模試としておすすめできます。クレアールは通信講座専業の公務員予備校であり、公開模試も自宅受験を基本としています。

クレアールの公務員模試は、地方上級と公安(警察官、消防官など)が実施されています。基礎能力試験(教養試験)だけの受験も可能ですし、その場合は幅広い職種・区分に対応します。

公務員の模試の中でも最も手軽に受けられるのがクレアールです。初めから自宅受験を考えている方なら、LEC・TAC・大原などと同様に受験の検討をおすすめします。

教員採用試験の模試なら東京アカデミー

東京アカデミーは公立学校の教員合格者が多い予備校で知られています。合格率や使用教材からの的中率を考えると、ここの教員採用試験の模試は十分おすすめできます。

特に東京アカデミーの教員採用試験の模試は、多くの受験生が学習を始める時期に合わせて実施されるスタート模試、新学習指導要領・法改正・教育時事の話題を踏まえた全国公開模試、地域ごとの傾向を盛り込んだ自治体別模試が、年間を通じて実施されます。

東京アカデミーの模試は、全国の教員採用試験の対策を積み上げてきた豊富な実績とノウハウに基づき、さまざまなニーズに対応した模試として、非常におすすめできる模試といえます。

産経公務員模試

産経公務員模試は実務教育出版との提携に基づき、産経新聞が実施している公務員模試です。他の模試に比べて比較的早い時期から実施しているため、力試し的な実力チェックとして受験することがおすすめできます。