公務員の年金の試算は?

今回は、公務員の年金の試算について取り上げます。

公務員の年金の試算は難しい?

公務員の年金を試算するのは、自分で行うのはとても難しいといえます。ここでは、それぞれの共済組合に加入している公務員が、年金の試算を行ってもらう方法を紹介します。

そもそも公務員の年金は、平成27年(2015年)10月の年金一元化によって、別々だった民間の厚生年金と公務員の共済年金が統合され、公務員も厚生年金に一本化されました。

とはいえ、実際に公務員の年金を試算してもらうのは、公務員の福利厚生を幅広く担っている共済組合です。共済組合は公務員ごとにたくさんの組合が存在しています。

公務員の年金を試算してもらうには、独特な手続きが必要です。年金制度はとても複雑な制度設計ですが、厚生年金への統合など、以前からたびたび改正を繰り返していることから、正確な年金額の把握が必要です。

公務員の年金の試算の方法

公務員の年金の試算を行う方法は、ウェブサイト上で試算する方法と、直接問い合わせる方法があります。公務員の年金は平成27年(2015年)10月の年金一元化によって厚生年金になりましたが、年金に関する問い合わせ先窓口は、日本年金機構または各共済組合です。

とりわけ公務員の年金の試算に関しては、国家公務員と地方公務員でそれぞれ、国家公務員共済組合連合会と地方公務員共済組合協議会があるので、それぞれのウェブサイトや問い合わせ窓口を確認しましょう。

なお、この記事を書いている時点では、日本年金機構では、公務員の年金の試算に関する詳しい個別情報には対応していない模様です。上記通り、それぞれの共済組合に確認することをおすすめします。

このうち、国家公務員では、国家公務員共済組合連合会(KKR)の公式サイトからの試算は、メンテナンス中とのことで利用することができません。そのかわり、「KKR年金情報提供依頼書」をダウンロードして印刷し、連合会に送付することで、個別情報に基づく試算を受けることができます。

また、地方公務員は、地方公務員共済組合協議会の公式サイトで必要事項を入力すれば、個別に年金の試算が受けられます。こちらは地方自治体の職員、警察官、消防官、公立学校の教員などが対象です。

なお、このWebサービスは、事前に申し込み手続きを行った上で、ユーザーIDを郵送してもらうことが必要です。送付されたIDによってログインを行い、それぞれの公務員の年金の試算を行うことができます。