公務員試験オールガイド 実務教育出版

「公務員試験オールガイド 実務教育出版」は、実務教育出版が毎年1月末に出版している公務員試験のガイドブックです。本書は、公務員に関する最新情報と、さまざまな公務員試験を総合的に解説しており、採用の仕組みや待遇にまで踏み込んで説明しています。

本書は、大卒の行政系・事務系公務員だけでなく、理系(技術系)、福祉系・心理系、警察官や消防官など、ありとあらゆる公務員試験の情報を掲載しています。また、大卒公務員だけでなく、高卒公務員もほとんど全ての公務員試験をカバーしています。

(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページに行きます)

公務員試験オールガイド 実務教育出版」は、公務員試験の基礎知識、国家公務員/地方公務員(都道府県・政令指定都市・東京都特別区)/地方公務員(市役所)のガイド&データで構成されたガイドブックです。

公務員試験の基礎知識は、公務員の種類、公務員の仕事、公務員の待遇、公務員受験対策の各章で構成されています。

このうち公務員の種類では、国家公務員と地方公務員、一般職と特別職、国家公務員/地方公務員の種類、試験の「程度」や区分、採用試験の種類に関して詳しく解説され、公務員試験における志望先を選ぶ際に知っておくべきことが理解できます。

公務員の仕事については、事務系、技術系(理系)、資格・免許職、公安系(警察官、消防官など)、技能系の各職種について、どんな業務に従事するのかを解説します。ここは、どんな仕事の公務員に就きたいかを考える参考材料となります。

公務員の待遇では、公務員の給与が決定される仕組みやいくらもらえるのか、異動事情、昇任と役職、昇任パターン、評価基準や昇任試験の実施状況、勤務時間と休暇、職業生活と家庭生活の両立、研修制度、福利厚生、退職金、天下りの実態、労働基本権と身分保障などが説明されます。

公務員受験対策では、教養試験、専門択一、専門記述、適性試験、論文(作文)試験、面接試験、適性検査、身体検査・身体測定・体力測定の各試験種目の解説と、学習方法が簡潔に説明されます。

ガイド&データのうち国家公務員では、国家公務員の採用機関をガイドしています。ここでは、内閣・内閣府、会計検査院、独立行政法人、警察庁(国家公安委員会)、金融庁、防衛省、総務省、法務省、外務省、財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省、および、国会、裁判所について詳しく解説しています。

また、試験別のデータについては、国家総合職、国家一般職大卒/高卒/社会人、国家専門職(皇宮護衛官、法務省専門職員・人間科学、国税専門官、財務専門官、労働基準監督官、航空管制官、食品衛生監視員)、税務職員、航空保安大学校、海上保安大学校、海上保安学校、気象大学校、刑務官、入国警備官、外務省専門職員、防衛省専門職員、裁判所事務官・総合職大卒/一般職大卒/一般職高卒、衆議院事務局、参議院事務局、国立国会図書館・総合職/一般職大卒/一般職高卒、国立大学法人等職員を掲載しています。

地方公務員のうち都道府県・政令指定都市・東京都特別区については、地方自治体の種類と仕事を説明したうえで、地方上級、地方中級、地方初級、警察官について解説し、全ての都道府県、政令指定都市、東京都特別区、警視庁、東京消防庁を取り上げています。

市役所についても、市役所の規模と仕事、市役所上・中級や市役所初級の採用試験を解説した上で、全国の主要な市役所(約200市)について詳しいデータを掲載しています。

もちろん行政系・事務系公務員だけでなく、理系公務員(技術職)、福祉系・心理系公務員、警察官や消防官についても、自治体別に取り上げています。

本書は公務員試験のデータに特化しており、あらゆる公務員試験の試験内容、科目別出題数、受験資格などを豊富に掲載しています。国家公務員や地方上級だけでなく、全国の主要な市役所も非常に詳しい情報を一括して提供しています。

試験データの部分では、採用試験の日程、受験資格、試験内容、実施状況、問い合わせ先をサッと確認できる構成で、受験戦略を比較検討する上で非常に貴重なリファレンスブックといえます。

公務員試験オールガイド 実務教育出版」は公務員の受験から合格・採用後の待遇まで解説する一方、中心となるのはさまざまな公務員試験の具体的な実施状況です。志望先や併願先を考える上で、参照用資料として十分におすすめできる必携データブックといえます。

  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「公務員試験」ページに行きます。