公務員:市役所試験

今回は公務員のうち、市役所試験を取り上げます。

市役所試験とは

市役所試験は地方公務員のうち、市役所の職員を採用する公務員試験です。市役所は町村役場や東京都特別区と同じく住民サービスを提供する基礎自治体であり、これに対して都道府県は広域行政を担う広域自治体です。

ただし、市役所試験と政令指定都市(政令市)の採用試験は区別されます。政令指定都市とは、地方自治法に基づく政令で指定された市であり、都道府県と同等の権限を持っている市のことです。

※政令市は現在、札幌市、仙台市、さいたま市、千葉市、横浜市、川崎市、相模原市、新潟市、静岡市、浜松市、名古屋市、京都市、大阪市、堺市、神戸市、岡山市、広島市、北九州市、福岡市、熊本市の20市があります。

政令指定都市は住民サービスを提供する基礎自治体としての性格と、都道府県に準じた大都市としての性格を併せ持つ自治体であり、採用試験においても一般の市役所試験とは区別されます。

ここでは、政令市を除く市役所試験を取り上げます。政令指定都市と都道府県の採用試験は、大卒では地方上級、高卒では地方初級と呼ばれており、当サイトでも政令市については、地方上級・地方初級に関する記事で取り上げています。

市役所試験の内容

市役所試験は、教養試験(択一式)、専門試験(択一式)、論文(作文)試験、面接試験を1次試験と2次試験に分けて実施することが一般的です。

このうち、1次試験は筆記試験が中心で、2次試験は面接試験または面接試験と論文(作文)試験が中心で、1次試験の合格者のみが2次試験を受験できるという市役所試験が一般的です。

ただし、専門試験を課さず教養試験のみという市役所も多く見られます。また、ごくまれに独自の試験種目を加えたり、珍しいところでは3次試験まで行う市役所も過去の実施例には見られます。

市役所試験は自治体ごとに実施される地方公務員の採用試験です。試験内容や合格までの流れは、各自治体が決定するものです。そのため独自性を打ち出す市役所もありますし、各自で志望先の試験内容を確認しておきましょう。

市役所試験の難易度は?

市役所試験といっても、県庁所在地や中核市のような比較的規模の大きな市役所は、都道府県や政令指定都市の採用試験(大卒は地方上級、高卒は地方初級と呼ばれます)と同等またはそれに近い試験内容や難易度といえます。

また、こうした大きめの市役所試験では、大卒と高卒を分けて採用試験を行ったり、大卒では専門試験を課すことが多く見られます。

その一方、地方の中心都市や過疎地の市役所試験は、地方上級や地方初級のレベルよりはやや易しめの難易度といえます。

こうした規模の小さめな市役所を中心に、大卒と高卒を分けず一括して採用試験を行ったり、専門試験が課されない市役所も多く見られます。

  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「公務員試験」ページに行きます。