公務員に転職して失敗するケース

今回は、公務員に転職して失敗するケースを取り上げます。

過度な期待は公務員への転職後に失敗しやすい?

公務員に転職して失敗する方の多くは、民間企業に比べて楽な仕事を選びたいとか、休みがたくさん取れて残業も少ないところに転職したいといった、どちらかといえば消極的な理由で公務員を選んだ方だといえます。

また、公務員と聞いて安定しているとか、給料がしっかりもらえるとか、中小企業よりは聞こえが良いといった、表面的なイメージや見栄えといった印象で選ぶと、公務員に転職しても失敗したと感じる方が多いと思います。

確かに公務員は安定した職業であり、転職先としては無難な選択といえます。ただし、公務員の仕事が楽かと言われれば、それは明らかに違うといえます。

公務員にも残業はありますし、休日出勤もあります。確かに安定した職業ですし、給料は高給とは限りませんがしっかりもらえます。有給休暇も取りやすく、休みも多い職場ではありますが、問題は仕事の中身です。

公務員の仕事は楽では無い

公務員のなかでも住民と直接接する業務に従事すれば、いつもこちらの期待通りの対応で済むとは限らず、精神的なストレスを感じる場面も少なくありません。

また、政策立案、運営管理、各種指導など、さまざまな公権力を行使するのが公務員ですが、資料などの書類作成、職場や関係部署との連絡相談、対外的な連携や交渉など、ほとんどの業務は自分の都合だけで区切りがつくとは限りません。

その一方、公務員の職場はちょっとした規模のコミュニティともいえます。民間企業とは評価基準や年功序列などの組織風土がことなるため、人間関係も独特なものが形成されます。

「公務員には変わったひとが多い」というと言い過ぎかと思いますが、公務員独特の人間関係は、転職後に失敗したと感じる方が多く挙げる点だと思います。

失敗しない公務員への転職

公務員は忙しい割には定型的な業務が大半を占めます。年がら年中、同じ時期には同じようなルーティンワークが来るのも公務員の特徴です。

公務員は民間企業のように、新規事業の開拓や不採算事業からの撤退といった、選択と集中という観点が薄く、公務員に転職して失敗した方のなかには、忙しい割には物足りなさを感じる方も多いと思います。

ただし裏を返せば、公務員は一度仕事の要領を覚えれば、創造性や独創性などは不要な職業ともいえます。給料は勤務年次を重ねるごとにあがっていきますし、倒産やリストラのリスクはほとんど無い職場です。

公務員は、いくら頑張っても個々の成果が評価に反映されにくく、年功序列と昇進のみで給料や待遇が上がっていく仕組みです。民間企業のような実力主義や成果主義というものは皆無といって良いでしょう。

公務員に転職して失敗する方は、思い切って自分の実力を発揮しても評価に影響しないため、モチベーションが下がるというケースもあります。

その一方、業務を堅実に積み重ねたり、同じことを地道に続けられる方は、公務員に転職しても失敗しないと思います。さまざまなアイデアマンでなくても、奉仕精神があって手堅く仕事を繰り返せる方は、公務員に転職しても失敗しないといえます。