公務員予備校の費用はどれくらいか

今回は、公務員予備校の費用はどれくらいかかるかについて取り上げます。ここでは、一般的な公務員予備校における典型的なオールインワンコースを想定して説明します。

このうち大卒の公務員予備校の費用は、地方上級(都道府県、政令指定都市、東京都特別区)や国家一般職大卒、国税や財務、市役所、高卒の公務員予備校の費用は地方初級(都道府県、政令指定都市、東京都特別区)や国家一般職高卒、市役所を想定したコースの料金のおおよその目安を取り上げます。

実際には、公務員予備校の費用は、受講形態、志望先に応じたコース、併願先への対応の度合いなど、さまざまな要素によって大きく変わります。ここでは、公務員予備校各社のボリュームゾーンといえるおおよその平均的な費用を取り上げます。

大卒の公務員予備校の費用

大卒の場合、公務員予備校の費用は、東京アカデミーで通学32~33万円、通信講座(DVD)が35~36万円、大栄で通学の場合、国家一般職や地方上級を目指すなら50万円弱といったところです。

TACは教養のみなら22~24万円、地方上級や国家一般職を目指すなら51~52万円が目安です。大原は教養コースの場合、通学で約24万、DVD通信で約26万円の費用です。

LECは国家一般職・地方上級を目指すなら通信で約28万といった費用が目安です。どの公務員予備校の総費用も、通学は通信よりも安くなる傾向があります。

公務員予備校の費用が最も安く済むのはクレアールです。通信講座専業ですが、10~20万円のコースがボリュームゾーンと言えます。

高卒の公務員予備校の費用

高卒の場合、公務員予備校の費用は、東京アカデミーで通学なら20~25万円ですが、昼間コースと夜間コースで費用が大きく変わります。通信講座ならWeb+音声DLで約22万、DVD通信で約25万円です。

大栄は高卒向けコースなら30~33万円が平均的なコースです。TACや大原は大卒公務員に特化した公務員予備校であり、高卒向けのコースはありません。

LECは14万程度が高卒公務員向けの費用の目安です。クレアールは通信講座専業であり、やはり8~12万円と非常に安く済みます。高卒の場合も、どこの公務員予備校も、費用面では通学のほうが通信講座より安くなる傾向があります。