高卒公務員の年収

今回は、高卒公務員の方の年収を詳しく見ていきます。

ここでは、高卒公務員の年収について、国家公務員や地方公務員を問わず、職種による違いもありますが、一般的な参考となる目安を取り上げます。

高卒公務員の平均年収

ざっくりといえば、高卒公務員の年収は、ボーナスや諸手当を含めれば、400~500万円というあたりが平均年収といえます。

この数字は、高卒公務員全体の平均年収であり、高卒で勤続年数20~30年、つまり40代半ばという平均年齢を前提にした数値です。

一方、高卒公務員の採用1年目での年収は、こちらもさまざまな手当を含めて、240~300万円というあたりが一般的な年収といえます。

高卒公務員の年収の場合も、数字に開きがあるのは、国家公務員と地方公務員でも違いがありますし、地方公務員の間でも、自治体によって違いが見られるからです。

意外に思われるかもしれませんが、地方公務員のほうが国家公務員よりも年収が高いというケースが珍しくありません。地方公務員の場合は、財政事情が異なるなど、自治体によって大きな開きがあります。

高卒公務員の初任給は

高卒公務員の年収を考えるうえで見逃せないのは、大卒公務員の年収との比較です。このうち初任給については、あきらかに違いが見られます。

一般的な初任給は、高卒公務員なら15万円前後が平均的なラインです。過疎地の町村を中心に15万円を切る公務員も珍しくありません。

その一方、大卒公務員の初任給は、18~20万円という公務員が多く見られます。だいたいどの公務員でも、高卒と大卒の初任給は、3~5万円の違いが見られます。

ただし、高卒公務員の年収の民間企業との決定的な違いは、勤続年数に応じて順調に上がっていくことや、大卒公務員との格差が民間ほど開くことは無いことだといえます。

高卒公務員の年収は魅力的

そもそも公務員の給料は、「級」と「号俸」によって決まります。要するに、勤続年数と昇進によって決まるのですが、民間企業の給与体系に比べると、勤続年数が非常に強く反映されます。

また、高卒公務員と大卒公務員の年収の格差は、民間に比べるとほとんど開きがありません。50代になっても、年収が50万円程度の差にとどまる公務員が珍しくありません。

このため、高卒公務員であっても、昇進次第で大卒公務員の年収を超えるという方も少なくありません。また、生涯収入は大卒で入った場合よりも多いケースがあるのも、公務員の特徴といえます。

高卒公務員は年収面においても、民間企業よりはずっと良い待遇が用意されています。長く勤めれば長く勤めるほど年収面でのメリットが得られるのが公務員といえます。

  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「公務員試験」ページに行きます。