人物試験対策(面接試験、集団討論、官庁訪問)(大卒程度)

今回は、面接試験(個別面接、集団面接)、集団討論、官庁訪問を含む、大卒程度公務員試験の人物試験(口述試験)対策を一括して取り上げます。

今回の記事では、国総、国一、地上、市役所大卒、国家専門職/特別職、理系公務員、福祉系・心理系公務員、警察官・消防官など、大卒公務員ならどなたにも通用する参考書を紹介します。

まず、公務員試験 現職採点官が教える! 合格面接術は市役所の個別面接に特化した本ですが、地方上級・市役所・町村役場など地方公務員志望の方で、他に併願先が無く、個別面接以外の試験形式を受けることが無い方におすすめできます。国家公務員には向いていません。

本書は、二色刷りで漫画を交えながら分かりやすく丁寧に面接試験のポイントを解説しています。ただし、面接試験の実態に即した本格的な参考書とは言いがたく、応答内容もやや都合が良すぎるきらいがあります。

とはいえ、面接試験の典型的なパターンを説明している点は、初学者には適切です。面接カードや身だしなみ、入室から退室までの流れといった基本もひと通り習得できますし、面接対策の手始めの入門書としてはおすすめできます。

その一方、面接・官庁訪問の秘伝は、今回の参考書のなかで最も幅広い採用試験(国家一般・地上・市役所・町村役場・国税・裁判所一般・国家専門職・国家特別職など)や試験形式(個別面接、集団面接、集団討論、官庁訪問など)に対応しており、これらの方は本書1冊で十分です。ただし、国家総合職には向いていません。

本書は、二色刷りで豊富な図解やイラストを交え、非常に読みやすい面接・官庁訪問の人気参考書です。面接試験・官庁訪問はもちろん、集団面接や集団討論にも対応しています。自分のなかの「軸」を作るという手法を説明し、さまざまな形式の面接において、どんな質問にも対応できるようにコアな部分を作るというアプローチを解説しています。

また、TACの受講生の情報に基づき、豊富な出題例を掲載しています。もちろん、面接カードの書き方、身だしなみなど面接試験のマナー、試験前日・当日・会場入り前から本番での礼儀なども説明され、本格的な面接対策の参考書として十分おすすめできます。

さらに、国家総合職を含む国家公務員では、公務員試験 現職人事が書いた面接試験・官庁訪問の本もおすすめです。この参考書は国家総合職、国家一般職の面接試験、官庁訪問、集団討論を想定しており、他の国家専門職・国家特別職の方にも参考になります。地方公務員を受験する方には向いていないと思います。

本書は面接試験や官庁訪問の準備・心構え、面接カード・個別面接・集団面接・集団討論・官庁訪問の進め方や極意に加え、採用する側=面接官の事情から見た「求められる回答」へのアプローチを取り上げており、ここは極めて貴重な参考材料といえます。

先ほどの面接・官庁訪問の秘伝が受験生各自で出来る自分のコアな部分を作るというアプローチでしたが、こちらの公務員試験 現職人事が書いた面接試験・官庁訪問の本は、採用する側の事情から見た面接官の狙い・意図を読み取ることで、さまざまな質問に対応しようとする参考書といえます。

人物試験では、これらのうち自分の志望先に該当する参考書を1~2冊選んでひと通り読んでおきましょう。どの参考書を使う場合でも、面接カードの検討、身だしなみなどの準備・心構え、自己分析、想定問答の整理に活かします。一度読んだ後も随時読み返し、重要事項を頭に入れましょう。