オープンセサミシリーズ 国家公務員・地方初級

今回取り上げる高卒程度公務員の参考書は、東京アカデミー(七賢出版)の「オープンセサミシリーズ」です。本書はA5サイズの大きさで、高卒公務員の過去10年の詳細な分析に基づき、重要な頻出事項を基礎から本試験レベルまで網羅した参考書です。

(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)

国家公務員・地方初級 オープンセサミシリーズ」(政治・経済・社会/数学・理科/日本史・世界史・地理・思想/文章理解・国語・文学・芸術/一般知能の5分冊)は「国家公務員・地方初級」となっていますが、高卒程度の公務員試験なら、あらゆる国家公務員、都道府県・政令指定都市や市役所の職員、警察官、消防官に対応できる、高卒程度公務員の定番テキストといえます。

本書は、章ごとに要点整理・解説(参考書部分)と練習問題があり、要点整理では項目ごとにA~Cのランク付け、練習問題では三ツ星表示の難易度表示があります。二色刷りで図表やイラストを交えて非常に分かりやすいテキストとなっています。さらに、数年おきに改訂されて最新版が出ており、最新の傾向と対策を踏まえて重要な事柄を一通り習得することができます。

本書は要点整理・解説の記述が非常に精度が高く、図表・グラフや色分けを多用しており、説明も適度な分量です。公務員試験の初学者や、問題がさっぱり解けない方には、試験勉強の初めから使って必要な事柄をインプットする用途に最適です。

その一方、本書の練習問題は基礎問題が中心で十分な分量とはいえず、問題の解説も非常に簡素です。これは、東京アカデミーの受講を想定しているためです。独学なら本書の練習問題は飛ばしてかまいませんし、問題集には後述通り別途優れた教材をおすすめします。

また、一般知能や文章理解は詳しい解法の習得が必要ですから、本書はおすすめしません。これらの科目で参考書を希望する方は、畑中敦子の天下無敵の数的処理!または初級公務員試験 よくわかる数的推理/判断推理をおすすめします。オープンセサミが学習効果を発揮するのは、暗記科目が多い一般知識(知識分野)だと思います。

「オープンセサミシリーズ」は、公務員試験に必要な知識や解法を初めから習得するのに最適な参考書としておすすめします。参考書では重要事項が「わかった」段階にとどまるので、理解した事柄を駆使して実際の問題を「解ける」力を鍛えるため、過去問ベースの定番問題集新・初級スーパー過去問ゼミとの併用をおすすめします。

(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)