上・中級公務員試験 過去問ダイレクトナビ

今回取り上げる公務員試験の参考書は、実務教育出版の「上・中級公務員試験 過去問ダイレクトナビ」です(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)。

実務教育出版の科目別教材では、要点整理と問題集の一体型「20日間で学ぶ」シリーズがあります。ただし本書は、2010年に労働法の改訂版が出た以外は2006年で改訂が止まっており、頻出項目の反映が要求される参考書としてはおすすめしにくいと思います。

同じ実務教育出版の「上・中級公務員試験 過去問ダイレクトナビ」は、過去問を正文化してテキストにした参考書です。頻出項目が繰り返し使われる公務員試験を過去問から逆算してインプット固めができる良書です。

上・中級公務員試験 過去問ダイレクトナビの内容

本書は政治・経済、日本史、世界史、地理、生物・地学、物理・化学が出ています。二色刷りで暗記用セルシートがついており、多めの余白に補足事項を書き込める配慮がされています。また、項目ごとに難易度と重要度がそれぞれ三ツ星表示されています。

ダイレクトナビは同種の参考書に比べ、テキストを中心に読み進めて理解するタイプだといえます。また、過去問をそのまま添削したような構成で、最も本試験形式に即した構成の参考書ともいえます。

上・中級公務員試験 過去問ダイレクトナビ」は、図表やグラフといった視覚的なわかりやすさは控えめですが、正文化されたテキストをどんどん読み返して理解できる参考書としておすすめできます。手に取ると結構なページ数で網羅性が高く、豊富なボリュームの暗記本として使えます。