専門記述対策(法律・経済・行政系科目)

専門記述試験のうち、国家総合職(法律、経済、政治・国際)、裁判所職員(裁判所事務官、家庭裁判所調査官補・総合職)、国会職員(衆議院事務局職員、参議院事務局職員、国立国会図書館、資料保存専門職員)、外務省専門職員、防衛省専門職員では、国総レベルの対策に取り組むことをおすすめします。

裁判所事務官・総合職大卒、家庭裁判所調査官補・総合職大卒の専門記述の出題科目には、刑法もあります。

東京都1類B(一般方式)行政区分、国税専門官、財務専門官は標準的なレベルで対応できます。また、裁事や家裁のうち憲法はこのレベルで対応できます。

専門記述に関する参考記事です。