市役所試験の服装は?

今回は、市役所試験のときの服装を取り上げます。

結論からいえば、市役所試験の服装は筆記試験のときは私服で構いませんが、面接試験など対人の試験があるときは、指定された服装またはスーツ着用が望ましいといえます。

市役所試験の服装(筆記試験)

市役所試験の服装で最も質問が多いのが、筆記試験のときの服装です。これには、教養試験、専門試験、論文(作文)試験などが挙げられます。

基本的に市役所の採用試験では、筆記試験「だけ」のときは、私服で構いません。「だけ」を強調したのは、同じ日に面接試験や集団討論など対面の試験がある場合は、スーツまたは指定の服装が望ましいからです。

市役所試験の服装に限らず、国家公務員でも地方公務員でも、筆記試験しか無い日にスーツで受験すると、かなりの確実で浮いてしまいます。だいたい、堅苦しい服装では、筆記試験に集中できないかと思います。

もちろん、市役所のなかには、筆記試験中の服装について指定する試験もあるかもしれません。こうした場合はそれに従うのが当然ですが、そのような市役所はほとんど皆無に近いくらい稀な例かと思います。

大半の市役所では、基本的に筆記試験だけなら、市役所試験の服装は自由ですし、特に規定はありません。当然ながら、服装だけで評価が上がったり下がったりするということもありません。

ただし、私服OKだからといって、市役所試験にあまり似つかわしくない服装で受験するのも好ましくありません。ラフ過ぎる格好や、派手で目立つ華美な服装は避けるべきでしょう。

また、市役所試験の会場は、冷暖房や空調が快適とは限りません。受験時期にもよりますが、上着を持参するなど、調整できる服装がより好ましいといえます。

なお、警察官や警察事務では、筆記試験だけであっても、私服では無くリクルートスーツを着用して受験する方が多いことは留意すべきでしょう。

市役所試験の服装(面接試験)

その一方、面接試験など対人(対面)の試験では、市役所試験の服装規定が特に無くても、スーツの着用が当然といえます。ここでも、あまり高価で華美な印象を与えず、清潔感のあるリクルートスーツが好まれます。

面接試験以外でも集団討論など、試験官と直接やり取りすることがある試験種目のある日では、市役所であっても試験時の服装はリクルートスーツまたは指定された服装が望ましいといえます。

こうした試験種目の場合は、市役所ごとに試験案内(募集要項)で服装の指定がある場合、それぞれの市役所の指示に従うことを優先しましょう。特に指定がない場合は、面接試験や集団討論ではリクルートスーツが基本といえます。