社会福祉士国家試験模擬問題集

今回取り上げる福祉(社会福祉)全般の参考書は、中央法規の「社会福祉士国家試験模擬問題集」です(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)。

社会福祉士国家試験模擬問題集」は、社会福祉士国試の試験範囲を網羅した模擬問題集です。福祉系公務員においても、福祉(社会福祉)全般を網羅した本格的な演習書として十分おすすめできます。

本書は、社会福祉士国家試験の本試験形式を忠実に再現した模擬試験形式の問題集です。社会福祉士の国試3回分=450問収録しています。詳しい解説・解答が別冊になっており、単なる模試代わり=試験の予行演習にとどまらず、何度も繰り返し使って問題を解く力を鍛える用途に最適な演習書といえます。

この問題集は、一般社団法人日本社会福祉士養成校協会が編集しています。全国の社会福祉士養成校(大学、短期大学、養成施設、専修学校、大学院)で組織される厚生労働省所管の社団法人であり、本書の精度と信頼性の高さは問題ありません。

中央法規の社会福祉士国家試験の本格的な問題集には、「社会福祉士国家試験過去問解説集」と「社会福祉士国家試験模擬問題集」が出ており、「過去問」と「模擬問」と呼ばれる定番問題集として幅広く使われています。

もちろん、本書は国家・地方公務員問わず、あらゆる福祉系公務員にも使える問題集ですし、社会福祉分野を漏れ無く網羅した本格的な問題集として間違いなくおすすめできる良書です。福祉分野を単に知識として理解するだけでなく、こうした問題集で正答を導く得点力を身に付けることができます。

解答は取り外し可能な別冊となっており、それぞれの問題の選択肢ひとつひとつについて、非常に詳細な解説が加えられています。重要語句は赤字となっており、解説をじっくり読み進めるだけでも確実に実力が向上します。何度も繰り返して解く力を向上させましょう。

こうした問題集は各社から出ているのですが、特に本書では、選択肢ごとに詳細な解説がついていることや、単純な暗記の確認問題では無く、公務員試験にも使える事例問題が豊富に掲載されている点で、極めて優れた演習書といえます。

「社会福祉士国家試験模擬問題集」は毎年最新版が出されており、福祉系公務員に関する最新の出題傾向にも見合った内容となっています。事例問題も豊富に収録しており、法改正や時事的な動向も反映されるため、最新版の購入をおすすめします(例年7月に最新版が出ています)。

「社会福祉士国家試験模擬問題集」は、社会福祉士の国試に沿った本試験形式3回分の構成です。このため、参考書で科目別・項目別に知識を整理した方が、社会福祉分野の問題を総合的に攻略し、繰り返し解き直すことで全体的な得点力の向上につなげる演習書といえます。

この問題集は、参考書である程度まで重要事項に関する知識をインプットしてきた方が、本格的な問題演習を通じて「実際の問題を解く力」を身につける場合に適切な教材といえます。

つまり、参考書で社会福祉分野の重要事項を理解した方が、単なる知識としてわかったというだけにとどまらず、こうした知識を本試験レベルの問題で駆使する練習を行い、正答を導く力を磨き上げる用途に最適な本格的問題集といえます。

社会福祉士国家試験模擬問題集」は、本書だけでもオリジナルの頻出問題450問の問題演習が詳しい解説付きで可能ですし、福祉系公務員の方ならどなたにもおすすめできる定番演習書といえます。