クレアールの担任制は手厚いサポート

クレアールは通信講座には珍しく、担任制を導入しています。これは、公務員講座の個々の受講生に担任を設定し、学習計画、勉強方法、進路上の悩み、志望先や併願戦略など、受験上のあらゆる相談に応じるというものです。

この担任サポートは、特定の科目や分野・問題に関する質問とは異なり、個々の受講生の学習状況や志望先の違いに応じて、進路や学習全般に関する疑問や不安を解決してくれるものです。

ちなみに、特定の科目や問題、講義内容に関する質問も、クレアールなら回数制限無しで、メール、または、所定の質問用紙(メール添付、 郵送、 FAX)を使って、何度でも受け付けています。

クレアールの担任サポートは、こうした学習範囲を限定せず、受験や学習上の疑問、あるいは受験生活における不安まで、あらゆる相談に親身になって答えてくれるサポートです。

担任は、クレアールに申し込んだ公務員講座のコースによって個別に決定されます。初回に送付される教材に、「担任からのご挨拶」と「受講生カルテ」が含まれています。

この受講生カルテは、目標とする合格年度、受講コース、志望先、受験経験の有無、過去の受験先、得意分野・不得意分野、クレアールに対する要望などを記入して返送するものです。カルテが届いたら、担任から確認メールが送られます。

クレアールの担任制とは

クレアールの担任制は、講義をどんなペースで受講していけば分からないという方や、どの時期にどの程度の理解度まで到達しておけばよいかといった相談も、その都度行うことができます。

少し気になったことでもその場で質問できますし、出来る限り速やかに対応してくれるのもクレアールの強みといえます。ひとりでいたずらに悩んだり、ネット検索に頼って時間を浪費するということもありません。

公務員試験の受験勉強はとても孤独なものですし、特に通信講座はひとりで黙々と進めるという性格が強い学習法といえます。クレアールの担任制は、こうした不安になりがちな受講生を対象に、メールでも電話でも応対してくれる心強い味方です。

通信講座では通学制の予備校と違って、家でひとり引きこもりがちになります。試験が近づいたとき不安が高まれば、メールで担任に近況を報告し、その不安がどこにあるのか率直に話すことで、気持ちを落ち着かせることもできます。

担任サポートで相談できる内容は、試験の情報や勉強の進め方といった質問に限らず、学習生活上の不安や、実際の出願における併願戦略など、精神面や進路の考え方にも及びます。

特に予備校や通信講座では、公務員試験とひとくちにいっても、どれだけ個々の志願状況や学習の進捗状況に応じたフォローが受けられるかが重要です。クレアールの担任制は、志望先に絞った学習の進め方をピンポイントで伝授してもらうことができます。

さすがに市販の教材や他社のカリキュラム・教材に関する質問・相談はNGですが、クレアールの担任制は、勉強法や学習計画、併願戦略など、公務員試験における学習上の疑問から受験生活上の不安まで、ありとあらゆる相談に対応してくれます。

公務員試験の勉強を始めるにあたって、何をどう着手していけばよいのか、どのように学習を進めればよいのかわからないという方は、特にクレアールの担任サポートを積極的に活用するメリットがあります。

なかには、1ヶ月ごとに学習スケジュールを作り、それを担任の講師に見てもらって相談しながら進めていったという方もおられます。勉強ばかりだと精神的にもしんどくなりますし、不安があればその都度相談できるのもクレアールの良さといえます。

あらゆる公務員試験に対応

試験対策に関しては、筆記試験はもちろんですが、面接対策に関しても個別の相談が可能です。特に、過去の受講生から聞き取った面接に関する情報を豊富に蓄積しており、あらゆる職種・試験に関する情報提供・学習相談に対応しています。

志望動機をどう整理すればよいのか、面接試験では実際にどのような質問が出されたのか、面接試験にどれだけの準備や想定を行って心構えを行うべきかなど、市販の参考書だけでは得られない、実際に試験で行われたやり取りに基づく情報が得られます。

もちろん、担任サポートは行政職、心理職、福祉職、技術系、公安系(警察官、消防官など)にかぎらず、社会人・経験者採用試験のコースでも導入されています。ひとりひとりの経歴に見合った個別のアドバイスを適切に受けることができます。

公務員試験の学習を進めていて、困ったことがあったり、不安に感じることがあれば、すぐにアドバイスがもらえるのがクレアールの担任制です。通信講座でありながら、「親身になってくれる」という点が、クレアールの最大のメリットといえます。

クレアールでは、大卒・高卒どちらの公務員試験にも対応していますし、社会人・経験者採用試験の対策にも力を入れています。クレアールの基本的な受講スタイルや志望別のコース・カリキュラムについて、資料請求を随時受け付けています。

資料請求(クレアール)