公務員に転職する理由は?

今回は、公務員に転職する理由を取り上げます。ここでは、出願書類や面接試験を想定した志望理由・動機を考えていきます。

公務員への転職理由(面接試験)

公務員に転職する場合、志望理由と同時に問われやすいのが転職前の職務内容と、それに関してどう思っているかという点です。公務員を志望する以前の仕事について、詳しく説明を求められることは珍しくありません。

その上で、どうして公務員へ転職しようと思ったのか理由付けを求められるわけですが、特に面接試験では後ろ向きでは無く、一貫性の取れたバランスの良い回答が求められます。

例えば、公務員に転職する理由として、それまでの仕事に物足りなさを感じたとか、不満があったというような、後ろ向きな回答は好ましくありません。

とはいえ、公務員に転職することで、やりがいのある仕事に就きたいと思ったとか、キャリアアップを目指したかったという理由は、ベターではあると思いますが、その中身を問われたときに、具体的で矛盾が無い回答ができるようにしておくと良いでしょう。

もちろん、「応募があったから」「待遇が良さそうだから」といった回答は、公務員へ転職する理由としては論外です。重要なのは、後ろ向きな回答では無く、具体性を持たせて主体的に仕事への熱意をアピールする点だといえます。

公務員への転職理由(志望動機)

これは面接試験に限らず、出願書類などで志望動機を求められたときも同じですが、公務員へ転職する理由を明らかにする場合、志望先の公務員ではどんなことに取り組んでいるのか、どんな課題があるのかといった点をよくよく調べておくことが重要です。

公式サイトはもちろんですし、各官庁・機関や都道府県・市区町村の多くは、広報誌や定期的な刊行物を出しています。こうした情報を掴んで、自分が公務員に転職する理由付けと結び付けられるものは無いか、よく精査しておきましょう。

特に地方自治体であれば、都市再開発、産業振興、子育て支援など、さまざまな施策や各自治体が抱えている課題がわかりやすいと思います。また、国家公務員の場合も、各官庁や機関の職務内容と、自分の職歴が結びつけやすい接点を見つけられるはずです。

身近なところで言えば、街づくりに携わりたい、保育所の整備に貢献したい、防災問題に取り組みたいといった、具体的な政策課題と、自分が転職前に培ってきた職歴を結びつけて回答できることがあれば理想的です。

このように、自分のキャリアと相手方の政策課題や業務内容を理由付けに組み込むことで、公務員へ転職するアピールとしては具体性をもたせることが出来ますし、仕事への熱意を伝えやすくなるといえます。

  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「公務員試験」ページに行きます。