U-CANの社会福祉士 速習レッスン

今回取り上げる福祉(社会福祉)全般の参考書は、ユーキャン(U-CAN)の「U-CANの社会福祉士 速習レッスン」です(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)。

本書は社会福祉士の国試をカバーしたテキスト型参考書です。「U-CANの社会福祉士 速習レッスン(共通科目)」と「U-CANの社会福祉士 速習レッスン(専門科目)」の2冊に分かれており、毎年5月下旬~6月初めごろに最新版が刊行されます。

速習レッスンは、福祉系公務員に必要な重要事項を一通り理解するインプット型のメイン教材におすすめできます。本書は、共通科目編で700ページ以上、専門科目編で500ページ以上とかなり多いボリュームで、図表を多用した見やすい参考書ですが、やや説明不足な記述も見られます。

また、福祉系公務員と社会福祉士国試の傾向は似ているため、用語説明や国試でここが出たといった欄外の解説も初学者には重宝します。レッスン末の過去問と予想問題で構成された「確認テスト」が解説部分と一貫しておらず、連携がうまくいってない点は残念です。

福祉系公務員のメインテキストとしては、まずは中央法規の「社会福祉士(・精神保健福祉士)国家試験受験ワークブック」を第一候補としておすすめします。

その一方、今回取り上げた「速習レッスン」も、イラストと図表を多用したわかりやすさでは一番だと思いますし、ワークブックなど他の参考書が合わなかった方には代替策としておすすめできます。

  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「公務員試験」ページに行きます。