司法書士試験ガイド

司法書士試験・参考書:ブレークスルーシリーズ

司法書士試験・参考書:ブレークスルーシリーズ

今回取り上げる司法書士試験向け参考書はLECのブレークスルーシリーズです。(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページに行きます。購入の際には、最新年度版の購入をおすすめします。)

司法書士試験向け参考書で市販されているものでは、長い間Wセミナーのデュープロセスシリーズ(「司法書士 デュープロセス 早稲田経営出版」)が高い評価を得ていました。しかしこのシリーズは簡潔な記述がとっつきにくく、Wセミナーは独学者により配慮したプログレスシリーズ(「司法書士 プログレス 早稲田経営出版」)を出して好評を博しました。

同じ司法書士試験の大手予備校LECはこの動きに対抗して、講義テキスト「ブレークスルーシリーズ」(「司法書士 ブレークスルー LEC」)の市販解禁に踏み切りました。

司法書士参考書:ブレークスルーシリーズの特徴

司法書士 ブレークスルー LEC」は図表を多用した詳しい説明で分かりやすい参考書です。LECの講義を前提に作られていますが、独学で使ってもデュープロセスシリーズ(Wセミナー)(「司法書士 デュープロセス 早稲田経営出版」)ほどの抵抗感を感じることはありません。

司法書士 ブレークスルー LEC」はプログレスシリーズ(「司法書士 プログレス 早稲田経営出版」)と並んで司法書士試験の新たな定番参考書といえます。2つを比べると「司法書士 ブレークスルー LEC」のほうがややボリュームが多く、誤植も目に付きますが、メインの試験勉強に使うには許容できる範囲にとどまっています。

司法書士 ブレークスルー LEC」はLECの傑作であり、問題集や過去問との併用にも使えるおすすめの参考書といえます。

司法書士試験向けのメインの参考書としておすすめできるのは、「司法書士 ブレークスルー LEC」または「司法書士 プログレス 早稲田経営出版」といえます。次回以降の記事ではその他に良く売れている参考書のシリーズを紹介します。

  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「司法書士」の検索結果ページに行きます。