文章理解

今回は、大卒程度の公務員試験の文章理解の試験対策を取り上げます。

文章理解は問題を解きながら正答を導く勘が養える科目です。いきなり過去問集に取り組んでも構いません。古文は0~1問しか出ませんし、公務員試験では学習する必要の無い分野です。まずは、「新スーパー過去問ゼミ5 文章理解・資料解釈」で現代文と英文の必修問題だけを何問かやってみましょう。

ここでもし、英文の読解や語彙力に不安を感じたら、「速読速聴・英単語 Core 1900」をおすすめします。大学受験で使った経験があるなら、「速読英単語(2)上級編」でも構いません。どちらか1冊で良いのですが、どちらも比較的長めで良質の英文を掲載し、速読力と単語力を身につけることができる良書です。

文章理解の「新スーパー過去問ゼミ5 文章理解・資料解釈」に本格的に取り組むのは、年明けの受験年からでも構いません。暗記的要素が少ない科目ですし、1日あたり現代文・英文を1~2問づつコツコツ解き続け、勉強しない日を作らずに問題を解く勘を鈍らせないようにしましょう。

文章理解ではスー過去をクリアしたら、「公務員試験過去問新クイックマスター 文章理解」または「過去問500」を使っても構いません。カコモン(「だからカコモンで克服 文章理解」)は基礎固めには最適ですが、受験年以降の学習においては、市役所以外ではややレベル不足だと思います。

  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「公務員試験」ページに行きます。