地上・市役所(専門あり)・国一の学習計画(5ヶ月~超短期/専願・併願とも対応)

今回は、地方上級・市役所(専門あり)・国家一般職大卒を、初学者が安心して全くの基礎から試験本番まで独学で目指す学習計画を取り上げます。大学生、既卒者、社会人の全ての方が対象となります。

ここでは、地方上級、専門試験が課される市役所、国家一般職大卒、東京都特別区1類、東京都1類Bを目指せますし、専願・併願とも対応します。もちろん、専門試験が課されない(教養試験のみの)市役所や国立大学法人との併願も可能です。

なお、東京都1類の受験を含む方は、記述式の専門試験(専門記述試験)が課されるため、後述どおり専門記述対策を加えましょう。

学習期間は、本試験まで3ヶ月程度を標準的な時期として想定しており、3~5ヶ月あれば問題無いと思います。その一方、3~1ヶ月未満の方でも、この学習計画で十分に対応できるよう考慮して説明を進めていきます。

数的処理(判断推理、数的推理)

数的処理(判断推理、数的推理)は、今回対応するどの公務員試験においても、教養試験(基礎能力試験)の出題数の3割を占めます。試験勉強において真っ先に取り組むべき最重要科目といえます。

数的処理のメイン教材には、「新スーパー過去問ゼミ4 判断推理」「新スーパー過去問ゼミ4 数的推理」をおすすめします。要点整理と過去問演習が一体となった過去問集であり、初学者が基本から本試験レベルまで一貫して学習できる良書です。

数的処理の「スー過去」は、1回目は要点整理をよく読んで、必修問題をこなします。2回目以降は必修問題と学習効果が高いアイコン(「本書の構成と使い方」で説明されています)の付いた問題を繰り返します。本試験まで3~1ヶ月未満という方は、これでも精一杯と思います。

3ヶ月以上の学習期間が取れる方は、これに加え、*が1~2つの問題に1つでも多く挑戦します。ここは、難易度が低い問題を優先し、各章の冒頭で示された頻出度(A~C)が低い項目、あるいは、志望先で全く出ていない項目は飛ばしても構いません。

数的処理は、必修問題と学習効果が高い問題は必ず自力で解けるようにします。あとの問題は、2回も3回も解説を読んでも出来ない問題は飛ばす一方、最初は出来なくても解説を読んで自力で解ける問題を1問でも多く増やすようにしましょう。また、国総の問題は飛ばしても構いません。

社会科学

社会科学は、一般知識(知識分野)のなかでは取りこぼす受験生は少なく、学習経験が無い方でも専門試験の基礎固めになるため、先に学習しておいたほうが良い分野です。

社会科学のメイン教材には、「公務員試験過去問新クイックマスター 社会科学」をおすすめします。過去問集としては解説がやさしめで標準的な問題を重視しており、高校の教科書~センター試験レベルの一般知識(知識分野)には最適です。

社会科学の「クイマス」の場合も、1回目はインプット部分(要点整理部分)と必修問題に取り組み、2回目以降は必修問題と直前復習問題(本書冒頭のおすすめ学習法に一覧表がありますし、該当問題にはマークがついています)に絞って繰り返します。本試験まで3~1ヶ月未満という方は、これで精一杯だと思います。

本試験まで3ヶ月以上という方は、これに過去問演習を加えます。国総の問題は飛ばしても構いませんし、市役所の方は応用レベルを飛ばしても構いません。社会科学は暗記事項が多いため、要点整理部分も随時チェックしましょう。

どの志望先の方も、各章の冒頭で示された志望先の出題頻度が無い項目(セクション)を飛ばしたり、問題ごとに表示された志望先別の頻出度が低い問題は飛ばして構いません(市役所の方は「地上」を参考にします)。

クイマスの場合は、どの志望先の方も、必修問題と直前復習問題は自力で解けるようにします。そのほかの問題は、志望先に応じて絞り込んだ上で、やはり2回も3回も解説を見てわからない問題は省き、解説を読んで理解できる問題は自力で解けることを目指します。

専門科目(最重要科目)

憲法、民法、行政法、経済学(経済原論、経済理論)は、出題数が多く、単純な暗記だけでは通用しないため、数的処理や社会科学と同様に真っ先に攻略すべき最重要科目です。

これらは、本来なら過去問集と入門書との併用が望ましい科目です。しかし、合格ラインを短期間で突破するためには、いきなり過去問から取り組んで、問題を解くのに必要な知識をインプットするという手法が必要といえます。

専門科目の過去問集には、余計な問題の重複が無く、収録問題の網羅性と精度が両立している「新スーパー過去問ゼミ4」シリーズをおすすめします。

「いきなり過去問」といっても、「スー過去」は、問題を解くために必要な基礎知識を要点整理部分で補える過去問集です。初学者でも1回目は要点整理部分を読み込み、必修問題を攻略することで、基本から速習することが可能です。

スー過去の使い方は、数的処理で説明した通りです。必修問題と学習効果が高い問題は必ず自力で解けるようにする一方、あとの問題は学習期間や志望先に応じて絞り込み、本試験までに1問でも多く自力で解ける問題を増やします。

文章理解

文章理解は教養試験(基礎能力試験)で2割前後の出題数を占める重要科目です。暗記的な要素が少ない科目とはいえ、今回想定する学習計画なら、ただちに過去問集を始めるべき科目です。

まずは、「新スーパー過去問ゼミ4 文章理解・資料解釈」で現代文と英文の必修問題をいくつか解いてみましょう。なお、公務員試験では古文は0~1問であり、学習する必要はありません。

ここで、英文を読むのが遅いと感じたり、知らない英単語がたくさん出てきたら、「速読速聴・英単語 Core 1900」をおすすめします。大学受験で使った経験があれば、「速読英単語(2)上級編」に替えても良いでしょう。

これらは英単語集としては、比較的長めの英文を多数掲載し、英文の速読と語彙力の強化が両立できる参考書です。試験勉強の初めから投入し、スキマ時間を使ってどんどん読み進めましょう。

その一方、単語集の有無に関係なく、「新スーパー過去問ゼミ4 文章理解・資料解釈」の過去問をどんどん進めましょう。文章理解はいきなり過去問集から始めて構いません。毎日英文と現代文を1~2問づつ、コツコツと解き進めます。

文章理解自体は暗記すべき事柄がほとんど無く、問題を解く中で慣れていくことが重要な科目です。1日あたりの学習量は短くて良いので、勉強しない日を作らず、問題を解く勘を鈍らせないことが肝要な科目です。

スー過去をクリアしたら、「公務員試験過去問新クイックマスター 文章理解」または「過去問500」から志望先のものに入っても構いません。文章理解は出題数の多い重要科目ですし、とにかく本試験まで継続して問題を解き続けましょう。

資料解釈

資料解釈は地方上級や市役所、国立大学法人では1問であり、無理に学習する必要の無い科目です。ただし、東京都や東京都特別区では4問、国家一般職大卒では3問出ており、これらを志望する方は学習すべき科目です。

資料解釈も暗記すべき事柄は皆無に近く、いきなり過去問集から始めて構わない科目です。「新スーパー過去問ゼミ4 文章理解・資料解釈」を文章理解と同じ時期に同じ要領で、毎日1~2問づつコツコツ解き続けます。

資料解釈も習うより慣れろの感覚で、文章理解よりも点が取りやすく、学習効果の高い科目といえます。スー過去を解ききったら「公務員試験過去問新クイックマスター 数的推理・資料解釈」または「過去問500」から志望先のものに入っても構いません。

資料解釈は3~4問出る東京都、東京都特別区、国家一般職大卒では、必ず取り組むべき科目といえます。1日あたりの学習に時間をかけなくてよいので、とにかく本試験までコツコツと問題演習を続けることが重要です。

専門科目(重要科目)

数的処理、社会科学、専門試験の最重要科目をクリアしたら、財政学、政治学、行政学に取り組みます。財政学は最重要科目の次に出題数が多い科目です。政治学、行政学は取りこぼす受験生が少なく、時事対策や他の行政科目にも役立ちます。

財政学、政治学、行政学においても、メイン教材は「新スーパー過去問ゼミ4」シリーズをおすすめします。やはり数的処理のところで説明したとおりの学習を進めましょう。

専門試験においては、ここまでの科目は学習期間がどれだけ短くても、必ず取り組むことが望ましいといえます。どうしても学習時間に限りがあるという方は、どの科目も必修問題(できれば学習効果が高い問題も)に絞ってもよいでしょう。

なお、3ヶ月以上ある方は、余裕があれば、「行政5科目まるごとパスワード neo」を追加しても良いかと思います。本書を無理に学習すべきとは言いませんが、行政科目を広くおさえておくことができます。

「パスワード」は、暗記事項が多い行政科目から頻出事項を抽出したコンパクトな参考書です。本書だけで問題を解く力が身につくわけでは無いものの、何度も熟読してチェックを行うことで、最低限の知識は備わります。

人文科学

人文科学は日本史、世界史、地理に絞って取り組めば十分です。思想(倫理)や文学・芸術は、地方上級、市役所、国家一般職大卒、国立大学法人では0~1問であり、学習する必要はありません。

人文科学の過去問集も、社会科学と同じく「公務員試験過去問新クイックマスター 人文科学」(2分冊)をおすすめします。社会科学で説明したのと同じ要領で進めれば十分です。

人文科学は、文系の受験生を中心に取りこぼす受験生が少なく、社会科学、数的処理、専門試験の最重要科目をクリアした時期に、財政学、政治学、行政学などと同時に着手して良い分野です。

自然科学

自然科学は、地上は生物と化学が2問づつで物理・地学・数学が1問づつ、市役所や国立大学法人は生物が2問で化学・物理・地学・数学が1問づつ、国家一般職大卒は生物・化学・物理が1問づつです。

自然科学は1科目あたりの出題数がとても少なく、後回しにして最低限の学習でも構わない分野です。過去問集も「だからカコモンで克服 自然科学」をおすすめします。過去問集としては要点整理が丁寧で基本問題をとても重視しており、定型的な基本問題が頻出の自然科学には最適だといえます。

「カコモン」を使う場合、要点整理と典型問題は必ず取り組み、1回目はこれに絞って基礎レベルを攻略します。本試験まで3ヶ月~1ヶ月未満の方はこれを繰り返せば良いと思います。

2回目以降は典型問題と過去問演習を繰り返します。過去問部分は、国総の問題は飛ばしても構いませんし、問題ごとに3段階表示された試験別の重要度のうち、志望先の重要度が最も高い問題に絞って取り組みます。市役所の方は「地上」を参照します。

さらに、各章の冒頭にテーマ別の出題頻度の一覧があります。自然科学なら、志望先で○~◎のテーマだけに絞り込んで取り組んでも良いでしょう。ここでも市役所の方は、「地上」を参考にします。

自然科学はとても基礎的で典型的な問題が頻出です。社会科学や人文科学は「重要度が低い問題を省く」のに対し、自然科学は「重要度が高い問題に絞る」で良いと思います。

自然科学も「カコモン」の典型問題は必ず自力で解けるようにします。他の問題は、志望先に応じて絞り込み、2回3回と解説を読んでも分からない問題は飛ばして構いませんが、解説を読んで分かる問題は自力で解けるようにしましょう。

自然科学は優先度が低く、着手するのはここまで説明してきた科目をクリアしたあとでも構いません。基礎的な問題と暗記を要する問題が頻出であり、直前期に短期集中的にこなして良い分野です。

専門記述対策(東京都1類B受験の場合)

東京都1類Bは、専門試験は記述式(専門記述試験)です。今回のような短期プランであれば、試験勉強の始めのうちから取り組むべきです。択一対策が済んだあとでは遅いかもしれませんが、記述対策の学習は進めやすいと思います。

東京都の専門記述試験は、年度によって科目ごとの難易度が異なります。例年、基本問題が5科目、標準問題が3科目、難問が2科目前後と思います。最初から3科目に絞って学習しても、その科目が全く知らない課題というリスクがあります。

このため、30~40程度の論点を網羅的にカバーする本命科目(メイン科目)を2~3科目、5~10前後の基本論点をまとめ、メイン科目が全く書けない課題だった時に備える予備科目(サブ科目)を2~3科目、合わせて5~6科目で100論点(出来れば120論点程度)まとめることをおすすめします。

どの科目を学習するかは、各自の好みで良いと思います。科目によって特段の有利不利ということは無いと思いますし、学習経験の有無や得意・不得意で選んで構いません。

憲法は「公務員試験 専門記述式 憲法 答案完成ゼミ 実務教育出版」、行政法は「公務員試験論文答案集 専門記述 行政法」がおすすめです。主要な頻出論点を網羅した良書といえます。

民法は、予備科目(サブ科目)と考えるなら、最低限の基本論点はカバーできる「公務員試験 専門記述式 民法・行政法 答案完成ゼミ 実務教育出版」をおすすめします。民法だけは、メイン科目にはおすすめしませんが、サブ科目に選ぶなら良いかと思います。

経済学は、メイン科目にするなら、一定の難問にも対応できる高度な内容も含んだ「試験攻略 新・経済学入門塾 論文マスター編」、サブ科目にするなら基本~標準的な論点はおさえた「らくらくミクロ・マクロ経済学入門 記述・論文編」をおすすめします。

財政学は、「井堀 財政学 新世社」と「新スーパー過去問ゼミ4 財政学」を併用して、重要度が高い項目から論点整理していく学習が効果的でおすすめです。

会計学は、「新スーパー過去問ゼミ4 会計学」が東京都/国税/財務の過去問から20問程度の典型問題を掲載し、基本論点の確認に最適な良書です。ただし、解答例が冗長で、会計基準そのままの記述があるのが難点です。

このため、わかりやすい解説で、より幅広く重要論点を一通り網羅した「らくらく会計入門 週刊住宅新聞社」との併用をおすすめします。スー過去とらくらく会計入門の併用は、受験生に幅広く使われている定番中の定番です。

社会学、政治学、行政学、経営学は、高度な難問が出ることは無いため、「公務員Vテキスト TAC」シリーズがおすすめできます。項目別に論点整理を行うことで、基本的な一行問題や説明問題に対応できます。

今回想定するような本試験まで数ヶ月未満という学習計画では、東京都の専門記述対策は、試験勉強の初期から真っ先に着手して論点整理と過去問研究を行うべきでしょう。できれば、答案練習や添削指導を受ける機会を確保すべきです。

論文対策

論文対策には、まず「1週間で書ける!! 公務員合格作文」をおすすめします。論文の基本的なルールや合格答案を引き出す実践的な書き方が習得できる良書です。

本書は第1編で最低限知っておくべき論文試験のルールや、採点者がどこを重視して何を基準に採点しているかなど、形式面から論文対策の心構えを解説しています。

第2編では、出題者の意図を見抜く方法や、内容的に間違ったことを書かないコツを取り上げます。課題から問題点を見抜き、問題点とその背景を探り当て、問題点を自己主張と結びつけて結論に至る組み立て方や書き方を詳しく説明しています。

第3編は20以上のテーマを取り上げた論点集です。実際の問題例を提示して、ビジュアル的に図表化した答案構成と解説、および解答例で構成され、課題から答案作成までのプロセスを練習することができます。

解答例は100点満点のものではなく、現実的に受験生が到達可能な合格答案の水準を提示しており、課題を見て自分で答案を作り、本書の解答例と比較・検討して今後の改善に活かすことができる良書となっています。

「1週間」は論文試験のルールと合格につながる書き方が理解できる優れた良書として、どの志望先の方にもおすすめします。市役所の方なら本書だけでも十分だと思います。

その一方、「1週間」の第3編は、地上・国一の方にはやや不足だと思います。これらの方には、論点集として「公務員 論文試験の秘伝」の追加をおすすめします。

本書は25のテーマ別に、過去問だけでなく類題も提示しており、各テーマのさまざまな課題の派生問題にも対応できます。また、出題意図・キーワードを解説→対話形式による基礎知識と論文作成のポイント→実際の答案例と講評を詳しく掲載しています。

「秘伝」は地上・国一の論文試験に見合った豊富なボリュームでテーマ別対策を行うことができます。また、全国の都道府県・政令指定都市・市役所の直近の試験問題を豊富に掲載し、さまざまな課題の答案練習を行うこともできます。

ただし、「秘伝」は基本的な論文のルールや実際の論文の組み立て方・書き方といった部分は手薄です。この点は、先に「1週間」を読んでおくことをおすすめします。

論文対策は、「1週間で書ける!! 公務員合格作文」で論文の基本やノウハウを習得し、「公務員 論文試験の秘伝」でテーマ別対策・過去問研究・答案練習を行うことをおすすめします。なお、論点集に「秘伝」を使う場合、「1週間」の第3編は飛ばしても構いません。

こうした参考書を読むだけでなく、大手予備校の利用や模試の受験、あるいは、大学の学内講座・キャリアセンターや知り合いの方にお願いするなど、答案練習を行って添削指導を受ける機会の確保をおすすめします。

面接対策

面接対策には、面接官つまり採用する側の意図を見抜くアプローチの「公務員試験 現職人事が書いた面接試験・官庁訪問の本」、自分のコアな部分を作ることでどんな質問にも対応しようという「面接・官庁訪問の秘伝」をおすすめします。

この2冊は、面接試験を採用する側と受験生の立場から分析を行っており、とても対照的な参考書といえます。両書を併せて読み込むことで、面接試験の全体像を掴み、実践的な対策を自分のものにすることができます。

どちらも、基本的な面接試験において準備するもの、基本的なマナーや心構え、実際の入室から退室までの流れを詳しく説明しており、個別面接・集団面接・集団討論や官庁訪問などの形式に対応しています。

特に、「現職人事」では圧迫面接やコンピテンシー面接といった想定外の事態への対処法を取り上げ、「秘伝」では自己分析から自分のコアな部分を作ることであらゆる状況に対応する手法を詳しく解説しています。

この参考書を2冊あわせて読み込めば、独学でも面接試験に万全の備えとなるはずです。もちろん、地上や市役所の方は官庁訪問が無いため、官庁訪問の部分は飛ばしても構いません。また、志望先で課されない面接の形式の部分も省いてかまいません。

その一方、模擬面接は、大手の受験予備校でなくても、大学の学内講座・キャリアセンターや、ハローワークでも実施しています。こうした模擬面接を受ける機会を、必ず確保することをおすすめします。

時事対策

地方上級、市役所、国家一般職大卒、国立大学法人では、時事対策がとても重要です。「時事」「社会事情」などの科目として出る試験がありますし、筆記試験以外でも論文や面接で時事的な課題を問われることがあります。

公務員試験の時事対策といえば、政治、経済、財政、国際、厚生、労働、文部科学、環境、司法警察、社会問題を幅広くカバーした「公務員試験 速攻の時事 実務教育出版」がおすすめです。

本書は、公務員試験に特化した時事対策の参考書として、長い間幅広く受験生に使われてきた定番中の定番です。必ず読むべき良書と言えますが、本書には併用教材の「公務員試験 速攻の時事 実戦トレーニング編」も出ています。

トレーニング編のほうは、収録問題の難易度にブレがあるのが難点ですが、問題の出来不出来は参考程度にとどめ、出題可能性が高い時事テーマを知る貴重な情報源として役立ちます。

また、トレーニング編は、約400語の重要時事用語をコンパクトに解説しており、スマートな時事用語集としておすすめできます。「速攻の時事」と併用すれば、学習効果は高いと思います。

これとは別に、「直前対策ブック 実務教育出版」は、法改正・新法&重要判例、各種白書・審議会の答申、主要な統計・データなど、公務員試験特有の頻出事項でありながら、受験生が見落としやすい情報をしっかり収録した総合対策本としておすすめです。

公務員試験の時事問題では、ノーベル賞の受賞者、オリンピックのメダルの数など、話題の出来事も頻出です。随時ニュースや新聞のチェックを行ってこなかった方には、原則として年に3回(春・夏・秋号)刊行される「最新時事用語&問題 新聞ダイジェスト別冊」をおすすめします。

時事対策は公務員試験では非常に重要です。いつ始めるということはありません。試験勉強を始めたときからこれらの参考書に取り組み、スキマ時間を活用して随時確認して本試験に備えましょう。

模試

本試験まで5ヶ月未満という受験生にも受験できる公開模試があります。LECでは地方上級、国家一般職、市役所、国立大学法人のそれぞれに公開模試があっておすすめできますし、TACの公務員公開模試やクレアールの模試もあります。

模試は、ひととおりの学習をクリアした時期に受験して、制限時間のなかでどれだけ点が取れるかという総合的な到達度を測る貴重な機会です。後述どおり、地方上級、市役所、国立大学法人には本試験問題集が無いため、特にこれらを志望する方は、模試の受験をおすすめします。

過去問演習書/本試験問題集

過去問演習書には、「過去問500」シリーズをおすすめします。各科目の学習を一通りクリアした時点で投入し、総合的な実力アップをはかります。

過去問500は、地方上級・教養、地方上級・専門、東京都・特別区1類(教養・専門)、市役所上・中級(教養・専門)、国家総合職・教養、国家総合職・専門、国家一般職大卒・教養、国家一般職大卒・専門、国家専門職大卒(教養・専門)、大卒警察官・教養(過去問350)という10冊が出ています。

過去問演習書は、科目別の学習のめどがついた時点で着手し、一度になるべく多くの科目に取り組むことで、演習量の上積みを目指し、トータルで問題を解ける実力を向上させます。

その一方、本試験問題集としては、「本試験過去問題集 公務員試験 TAC」をおすすめします。問題冊子が1年ごとに取り外し可能となっており、解説もここまで学習してきた方には妥当な分量です。

この問題集は、東京都1類B(行政・一般方式)、東京都特別区1類(事務)、裁判所一般職大卒、国税専門官、労働基準監督官A、国家一般職大卒(行政)が出ています。地方上級や市役所の方は市販の本試験問題集が無いため、模試の受験をおすすめします。

本試験問題集は、本試験を年度別に収録した復元型問題集です。模試を受ける機会が無かった方は、実際に時間を測って予行演習に使えますし、弱点項目の発見と補強にも活用できます。

地上・市役所(専門あり)・国一の学習計画(5ヶ月~超短期/専願・併願とも対応):まとめ

地方上級・市役所(専門あり)・国家一般職大卒を5ヶ月未満で目指す場合、教養試験がない市役所や国立大学法人とも併願ができます。まずは出題数が多い数的処理、社会科学、専門試験の最重要科目を攻略します。

これらの理解のめどがついたら、専門試験の重要科目、人文科学に取り組みます。自然科学は後回しで最低限の学習で構いません。

文章理解も出題数が多い重要科目で、試験勉強の初めから着手します。1日あたりの学習量は少なくても構いませんので、本試験まで毎日コツコツ過去問集を解き続けます。東京都、東京都特別区、国家一般職大卒の方は、資料解釈も同じように学習します。

東京都を受験する方は、早期から専門記述の対策にとりかかるべきです。5~6科目程度、100~120論点をこなしておくことが理想です。

論文対策、面接対策とも、参考書を早いうちに読み込んでおき、答案練習と添削指導や模擬面接の機会を設けることをおすすめします。

各科目の学習をクリアしたら、模試、過去問演習書や本試験問題集を活用して総合的な得点力の引き上げを目指し、本試験に備えます。