裁判所事務官/家庭裁判所調査官補(ともに総合職大卒)の政策論文試験

裁判所事務官/家庭裁判所調査官補(ともに総合職大卒)の政策論文試験の傾向

裁判所事務官・総合職大卒および家庭裁判所調査官補・総合職大卒で課される政策論文試験は、公開されている直近の試験問題を見る限り、全く同じ試験問題が課されています。

これは、それぞれの受験案内(募集要項)で明記されているわけではありません。しかし、この傾向は特に告知がない限り、今後も続くものと思われています。

(ちなみに、裁判所事務官では総合職院卒/総合職大卒/一般職大卒において重なる試験種目は共通問題、家庭裁判所調査官補では総合職院卒/総合職大卒において基礎能力試験の解答数が異なる点以外は共通の試験問題を課すと告知されています)

裁判所事務官/家庭裁判所調査官補(ともに総合職大卒)の政策論文試験の試験問題

政策論文試験のうち、平成25年度は、「甲家庭裁判所の少年事件の事件数は落ち着いているが、事件数に比べ補導委託、とりわけ身柄付補導委託があまり活用されていない」という趣旨の事例と、その実情を示した別紙「甲家庭裁判所における身柄付補導委託の活用の実情」(6項目の報告書のような文書、および別表1~2では補導委託件数の推移や家庭裁判所に登録された補導委託先の内訳が明示)が提示され、「資料1~2(補導委託制度を説明した「1 家庭裁判所の補導委託制度」という文書と、「2 少年法(抜粋)」)を参考に、身柄付補導委託の効果的活用のために甲家庭裁判所が取り組むべき課題を整理した上で、それに応じた対応策を検討しなさい」という課題でした。

これは、特別専門的な知識を事前に学ぶ必要はないものの、実例を踏まえて課題を検討する記述だけでなく、そこには非常に豊富なボリュームの別紙や制度説明からポイントを抽出した論述の展開力が要求される、非常に高度な難問といえます。

平成26年度の政策論文試験は、ある家庭裁判所に寄せられた利用者からのさまざまな相談や質問等を列挙したうえで、「家庭裁判所がより国民にとって利用しやすい裁判所となるための方策を、家庭裁判所の窓口業務の充実の観点から論じなさい。」という趣旨の課題を、家事事件手続法・家事手続案内・インターネットの普及状況・家事事件の推移といった資料を添えて出された超難問でした。

こちらの課題も平成25年度同様、冒頭に具体的な相談事例を踏まえて課題を論じるだけでなく、そこに添付資料から抜き出した論点をいかに交えて書くかが要求される難題といえます。

平成27年度の政策論文試験は、「グローバル社会に適応できる人材を育てるための課題を整理した上で、その対策を検討しなさい。」という課題が、グローバル人材・TOEFLの国別成績ランキング・各国の海外留学の状況・学制度の改善に関するアンケートという資料を添えて出され、前年度よりは明らかに取り組みやすい問題でした。

ここで、平成25~26年度と2年続けて家庭裁判所に関する出題が続いただけに、平成27年度はグローバルな人材育成という出題で、これは非常に予想しにくい論点だったと思います。

平成27年度の課題は、前の2年分の政策論文試験に比べれば、非常に書きやすい課題ではあります。グローバルな人材育成という論点は予測が困難だったとはいえ、課題に対する論述のなかでさまざまな添付資料のエッセンスをどれだけ盛り込めたかが合否の分かれ目だったと思います。

裁判所事務官/家庭裁判所調査官補(ともに総合職大卒)の政策論文試験の対策

裁事/家裁の政策論文試験(総合職大卒)は、今後も幅広い政策課題からの出題が予想されます。裁判所が直面する課題への対処能力だけでなく、裁判所職員としての適性を問う論文試験として、非常に複雑な事例に基づく課題に加え、数々の別紙・別表・資料を読み解いて盛り込む力が求められます。

政策論文は問題文本文で問われている論点を書き出し、出題された別紙・別表・資料には出来る限りすべてのものに触れて書くことが望ましいといえます。それぞれの添付内容を精査して論点を書き出し、各論点を有機的につないで問題から結論に導くようにしましょう。

また、裁判所の公式サイト、パンフレット、定期的な刊行物は必ず随時チェックすべきですし、特に統計資料や各種報告書は見逃さず読み込みましょう。単に見るだけでなく、何が問題なのかを意識づけて読む練習を行います。

裁事の政策論文対策は、やはり論文(作文)試験/政策論文対策(大卒程度)で基本的な書き方に取り組むことはもちろんですが、裁事や国家総合職など政策論文試験が課される試験の過去問を参照したり、深い議論に立ち入った時事対策をしっかり行うことが重要です。

特に政策論文対策の場合、裁判所や家裁に関わる課題が頻出の一方、より広く現代社会や社会生活上の問題、人間と社会の関わりを問う課題が予想されます。多面的にさまざまな資料を読み解く問題意識を強く持って、日々の時事的な論点に接することが重要です。

  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「公務員試験」ページに行きます。