大卒公務員の教養試験(基礎能力試験)

今回は大卒公務員の教養試験(基礎能力試験)を取り上げます。教養試験は国家公務員や一部の地方公務員では基礎能力試験と言いますが、試験内容は同じです。

教養試験は、区分(職種)ごとに異なる試験内容を課す専門試験と違って、どの区分でも共通の試験内容が一般的です。この記事も、行政系・事務系、理系(技術系)、福祉系・心理系、資格免許職など、大卒程度のあらゆる公務員試験に対応します。

ここでは、地方上級(都道府県、政令指定都市、東京都特別区)、市役所、国家一般職大卒、国立大学法人、国家総合職、裁事、国税/財務/労基/航空管制官、経験者採用試験、防専/外専、衆・参事務局/国立国会図書館、文教団体職員のあらゆる区分の教養試験(基礎能力試験)を対象にしています。

(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)

数的処理(判断推理、数的推理)

数的処理(判断推理、数的推理)は、教養試験(基礎能力試験)の出題数の3~4割を占め、単純な暗記だけでは通用しないことから、試験勉強の初めから真っ先に取り組むべき最重要分野です。

数的処理(判断推理、数的推理)の入門書としては、「数的推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱」「判断推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱」をおすすめします。

「玉手箱」は、数的処理に必要な算数・数学の基礎を学ぶことができます。それとともに、例題と練習問題という形で典型的な基本問題を豊富に掲載し、要求される解法パターンを一通り習得できる優れた入門書です。

その一方、メイン教材としては「新スーパー過去問ゼミ4 判断推理」「新スーパー過去問ゼミ4 数的推理」をおすすめします。要点整理と過去問演習が一体となった過去問集であり、全くの初学者でも基本から本試験まで一貫して使える良書です。

学習開始が本試験まで半年を切ってからという方は、玉手箱は不要です。「スー過去」だけでも数的処理の基礎から本試験レベルまで備えることができます。数的処理は最重要科目ですし、スー過去を徹底的に繰り返すことに絞っても、十分に対応することができます。

文章理解

文章理解も教養試験(基礎能力試験)では出題数の1~2割を占める重要分野です。ただし、古文は0~1問であり、学習効果も低いことから、無理に学習する必要の無い科目です。英文と現代文に絞って学習すれば十分です。

文章理解は、まずは過去問集の「新スーパー過去問ゼミ4 文章理解・資料解釈」を買っておいて、現代文と英文の必修問題だけをいくつか解いてみましょう。

ここで、英文を読むのが遅かったり、分からない英単語が多いと感じたら、「速読速聴・英単語 Core 1900」をおすすめします。大学受験で使ったことがあるなら、「速読英単語(2)上級編」に替えても構いません。

どちらの単語集も、比較的長めの英文を豊富に掲載し、英文の速読と単語力の向上が両立できる良書です。試験勉強を通じて、スキマ時間も活用しながら、何度も読み込んで練習しておくのが賢い使い方だといえます。

文章理解自体は、暗記的な要素が皆無といえます。「習うより慣れる」ことを通じて、問題を解き続ける中で、問題を解くコツを身に付けていくことができる科目です。このため、いきなり過去問集から取り組んで構いません。

文章理解は出題数が多い重要分野ですが、問題を解くコツは忘れやすいため、あまり早くから取り組む必要はありません。とはいえ、本試験まで半年~3ヶ月を過ぎている方は、必ず着手すべきでしょう。

文章理解の過去問集としては、「新スーパー過去問ゼミ4 文章理解・資料解釈」の現代文と英文を、毎日1~2問づつで良いので、着手したら本試験まで毎日コツコツ解き続けましょう。

スー過去を解き尽くしたら、「公務員試験過去問新クイックマスター 文章理解」または「過去問500」シリーズから志望先に応じたものに入っても構いません。

文章理解もとても重要な科目です。過去問集に入ったら、問題を解く勘が鈍らないように勉強しない日を作らず、1日あたりの学習量・学習時間は少なくても構いませんが、こまめにコツコツと問題演習を続けることが大切です。

資料解釈

資料解釈は、国総で2問、国家一般職/外専、国税/財務/労基/航空管制官/防専で3問、東京都、東京都特別区で4問出るため、これらの方は学習すべき科目と言えます。東京都や特別区以外の地方上級、市役所、国立大学法人、裁事では1問であり、無理に学習する必要はありません。

資料解釈は、暗記すべき事柄が皆無に近く、問題を解く中で実力が付くという意味で、文章理解ととても良く似た性格の科目です。学習効果が高い科目でもあり、問題練習を続ければ比較的容易に点が取りやすい科目でもあります。

資料解釈もいきなり過去問集から始めて構いません。「新スーパー過去問ゼミ4 文章理解・資料解釈」を毎日1~2問づつ取り組みます。本試験まで勉強しない日を作らず、問題を解く勘が身についたら、それを失わないように解き続けましょう。

こちらもスー過去をクリアしたら、「公務員試験過去問新クイックマスター 文章理解」または「過去問500」シリーズから志望先に応じたものに入って構いません。

資料解釈は学習の負担が少ない科目です。取り組むなら文章理解と同じ時期に同じ要領でこなせば十分です。やはり本試験まで半年~3ヶ月を切った方なら、着手すべき科目といえます。

社会科学

社会科学は政治・法律(法学)、経済、社会が出る分野です。政治は1~2問ですが、法律から主に憲法について人権規定だけでなく、統治機構(国会、内閣、裁判所)や憲法改正も頻出であることから、政治・法律は一体的に考える必要があります。

社会科学の政治・法律、経済、社会は、東京都や特別区以外の地方上級では3~4問づつ、市役所や国立大学法人では各科目2~3問づつ出る一方、国総、国一/外専、国税/財務/労基/航空管制官/防専、裁事、東京都、東京都特別区では全部合わせて3~4問にとどまっています。

ただし、これとは別に、国総、国一/外専、国税/財務/労基/航空管制官/防専では時事という科目が3問、東京都、東京都特別区では社会事情という科目が4~6問課されます。地上や市役所においても、社会事情や現代社会などの科目として、時事問題を課す自治体があります。

このように、政治・経済や社会分野からの出題が多い時事対策を考慮すれば、社会科学は一般知識(知識分野)の最重要分野といえます。

社会科学は、専門試験が課されない市役所や国立大学法人の方には、数的処理と同様に真っ先に取り組むべき最重要分野といえます。専門試験が課される公務員試験の方も、社会科学は時事対策と連動して、一般知識のなかでは最優先で学習すべき分野といえます。

社会科学の入門書としては、「センター試験 政治・経済の点数が面白いほどとれる本」「センター試験 現代社会の点数が面白いほどとれる本」をおすすめします。

公務員試験の一般知識(知識分野)は高校の教科書~センター試験レベルが中心です。「面白いほど」シリーズは、初学者向けに基本からセンター試験レベルまでわかりやすく解説した大学受験の参考書です。

このシリーズは、大学受験予備校の人気講師の授業を書き起こした講義調の文体で非常に読みやすく、何度も一気に読み込んでアウトラインを理解するのに最適な入門書です。試験勉強を通じて繰り返し通読し、ざっくりと各科目の概要を頭に入れる導入本としておすすめです。

ただし、「面白いほど」は初めて学ぶ科目の入門書には最適ですが、公務員試験の傾向や難易度に見合った本格的な学習となると、やはり公務員試験に特化した教材を中心にすべきでしょう。

こうした社会科学のメイン教材には、「公務員試験過去問新クイックマスター 社会科学」をおすすめします。やはり要点整理と過去問演習が一体となった過去問集であり、初学者でも基本から本試験レベルまで本書1冊でこなすことができます。

「クイマス」は、過去問集としては要点整理が詳しめですし、収録問題も標準的なレベルを重視しています。高校の教科書~センター試験レベルが中心の一般知識には、クイマスがとても最適な教材としておすすめです。

本試験まで半年を切っている方であれば、入門書は使わずにクイマスに絞ることをおすすめします。クイマスだけでも、要点整理を読み込み、問題演習を繰り返すことで、本試験に必要な知識や解法を習得して試験本番に備えることが可能です。

時事対策

教養試験(基礎能力試験)では、時事という科目で国総、国一/外専、国税/財務/労基/航空管制官/防専で3問、社会事情という科目で東京都で6問、東京都特別区で4問出ています。

東京都や特別区を除く地方上級、市役所、国立大学法人、裁事では、社会科学を中心に時事的な出題が目立ちます。自治体によっては東京都や特別区のように時事科目を設ける試験もあります。

公務員試験の時事対策は教養試験にとどまらず、論文(作文)試験、面接試験、専門試験の対策にもつながります。行政系・事務系に限らず、理系(技術系)/福祉系・心理系/資格免許職といった専門職種(区分)でも、時事的な出題はとても多く見られます。

公務員試験の時事対策には、「公務員試験 速攻の時事 実務教育出版」をおすすめします。受験生に幅広く使われてきた定番教材であり、公務員試験の出題傾向に特化した優れた時事対策参考書です。

本書は政治、経済、財政、国際、厚生、労働、文部科学、環境、司法警察、社会問題をカバーしており、受験生が専門外とする各分野の時事対策もしっかり取り組むことができます。

なお、「速攻の時事」には併用教材として「公務員試験 速攻の時事 実戦トレーニング編」もあります。掲載問題の難易度にバラつきがあるのが難点ですが、時事を題材にした問題集として非常に貴重です。問題の出来不出来は参考程度にとどめ、出題可能性が高い分野を知る参考材料として活用すれば大いに役立ちます。

また、トレーニング編は重要な時事用語を約400語スマートにわかりやすく解説しており、時事用語集としても優れています。「速攻の時事」に取り組んでいる方には、知識を補強する併用教材としておすすめできます。

その一方、「直前対策ブック 実務教育出版」もおすすめします。こちらは、速攻の時事ではまとめきれない情報をカバーする補強用参考書として最適です。

直前対策ブックは、白書や各種統計・データ、法改正や重要判例、審議会の答申などから重要な事柄をわかりやすくまとめています。過去の出題頻度から出題可能性が高い情報を凝縮しており、公務員試験にはよく出るのに受験生が見過ごしがちな情報を補強する参考書としておすすめします。

これとは別に、時事問題や社会事情では、オリンピックの獲得メダル数やノーベル賞の受賞者など、「いかにも時事」という問題も出ています。

このように、日常的にニュースに接して情報をまとめることに不安を感じる方には、「最新時事用語&問題 新聞ダイジェスト別冊」をおすすめします。原則として年に3回(春・夏・秋号)刊行されており、定期的に時事対策の総チェックを行う参考書としておすすめできます。

時事対策には「いつ始めるか」ということはありません。教養試験に限らず公務員試験では重要ですし、気づいたときにはその時に参考書を読み込んだり新聞やニュースに接するといった習慣を受験生活のなかに組み込んでいきましょう。

人文科学

人文科学は、日本史、世界史、地理、思想(倫理)、文学・芸術が課されます。

日本史、世界史、地理は、東京都や特別区を除く地方上級、市役所、国立大学法人では各科目2~3問づつ出ます。国総、国一/外専、国税/財務/労基/航空管制官/防専、裁事、東京都特別区では3科目合わせて3問、東京都は3科目合わせて2問しか出ません。

思想は7月以降実施の市役所では課されず、その他の公務員試験でも1問です。文学・芸術も、国立大学法人で1問出る以外は課されることの無い科目です。思想や文学・芸術は、無理に学習する必要の無い科目だといえます。

人文科学は、東京都や特別区を除く地方公務員や国立大学法人の方には、一般知識において社会科学の次に重要な分野といえます。その他の公務員試験では、社会科学の次に着手すべき分野ではあるものの、学習量を絞って効率的にこなすべき分野といえます。

人文科学の入門書も、社会科学で取り上げた通り、「センター試験 日本史の点数が面白いほどとれる本」「センター試験 世界史の点数が面白いほどとれる本」「センター試験 地理の点数が面白いほどとれる本」をおすすめします。やはり何度も通読して、各科目の流れやアウトラインを掴む入門書として最適です。

人文科学もメイン教材には、「公務員試験過去問新クイックマスター 人文科学」(2分冊)をおすすめします。

クイマスの人文科学は2分冊されていることもあり、要点整理や解説が詳しく、標準的な問題を重視しています。試験本番まで半年を切っている方は、初学者でも入門書を使わずクイマスに絞って学習を進めても、本試験に十分対応できます。

国家公務員、東京都、特別区の方は人文科学の出題数が少ないため、クイマスで説明された学習方法や各章の冒頭の一覧表を参照して、志望先の頻出度が2~3つ星の問題に絞ったり、志望先での出題が無い項目(セクション)をまるごと省いても構いません。

また、国家公務員、東京都、特別区の方で、人文科学に割く時間的な余裕が無い方には、クイマスでは無く「上・中級公務員試験 20日間で学ぶ 日本史・世界史(文学・芸術)の基礎」「上・中級公務員試験 20日間で学ぶ 社会・地理(思想)の基礎」に替えることもおすすめできます。

本書も、要点整理と過去問演習の一体型教材です。過去問集としては、要点整理を熟読して問題演習を行うことで、頻出問題に絞った効率学習が可能な速習型教材です。もちろん、日本史、世界史、地理だけ学習すれば十分です。

「20日間で学ぶ」は、出題数の低い科目を定型的な基本問題に絞って取り組む場合には最適な教材です。本書も、まるまる一冊こなす余裕が無いなら、重要度・難易度からテーマや問題ごとに絞り込むことが可能です。

自然科学

自然科学は数学、物理、化学、生物、地学が課されます。

このうち、国総、国一/外専では物理、化学、生物が1問づつ、国税/財務/労基/航空管制官/防専では物理、化学、地学が1問づつ、東京都や裁事では物理、化学、生物、地学が1問づつ出ます。

東京都特別区は数学が課されず、他の4科目が2問づつ課されます。東京都や特別区を除く地方上級では化学と生物が2問づつで数学、物理、地学が1問づつ、市役所と国立大学法人では生物が2問で、数学、物理、化学、地学が1問づつ出ます。

自然科学は1科目あたりの出題数が0~2問と少なく、社会科学や人文科学に比べて初学者が理解しにくい科目が多く、学習効果が低い分野といえます。自然科学は教養試験(基礎能力試験)のなかで優先度が低く、後回しにして構わない分野です。

また、どの公務員試験でも、自然科学は高校の教科書レベルが中心です。基礎的な頻出問題に絞って学習量を抑えても、得点できる可能性があります。時間的な余裕が無い場合を除けば、直前期でも良いので最低限の学習を行う価値は十分にある分野です。

なお、自然科学の出題数が最も高い東京都特別区の場合も、一般知識は選択解答制であり、自然科学を極力避けて選択することもできます。他の公務員試験の場合と同様に、初学者が取り組みやすい社会科学や人文科学を優先し、自然科学は基本問題は取りこぼさない学習にとどめて十分だと思います。

こうしたことから、自然科学のメイン教材も、「だからカコモンで克服 自然科学」をおすすめします。

この教材も、初学者が基本から本試験まで1冊で済ませることができますし、要点整理と過去問演習が一体となった過去問集です。過去問集にしては要点整理が丁寧で、過去問演習は非常に定型的な基本問題を重視しており、自然科学なら本書がおすすめです。

自然科学の「カコモン」では、問題ごとに3段階表示された試験別の重要度のうち、志望先の重要度が最も高い問題に絞っても構いません。また、各章の冒頭にテーマ別の出題頻度の一覧があり、志望先で○~◎のテーマに絞っても良いでしょう(市役所の方は「地上」を参照します)。

また、国家公務員、東京都、特別区の方で、自然科学に割く学習時間に余裕が無い方は、カコモンでは無く、「上・中級公務員試験 20日間で学ぶ 生物・地学の基礎」および「上・中級公務員試験 20日間で学ぶ 物理・化学(数学)の基礎」をメイン教材におすすめします。

「20日間で学ぶ」は、人文科学で説明した通り、過去問集としては基本的かつ頻出問題に絞った速習型教材です。やはり重要度・難易度からテーマや問題ごとに絞り込んで取り組むと良いでしょう。

なお、自然科学の入門書としても、「センター試験 生物の点数が面白いほどとれる本」「センター試験 地学の点数が面白いほどとれる本」「センター試験 化学の点数が面白いほどとれる本」「センター試験 物理の点数が面白いほどとれる本」がおすすめできます。使い方は人文科学で説明した通りですが、やはり本試験まで半年を切った方には、入門書は使わず過去問集に絞って取り組むことをおすすめします。

過去問演習書/本試験問題集/模試

メイン教材である過去問集をやりきった方には、過去問演習書である「過去問500」シリーズをおすすめします。試験別のラインナップがある定番教材として、直前期に演習量の上積みを通じて、確実な実力固めを行うのに最適な問題集です。

過去問500は、地方上級・教養、地方上級・専門、東京都・特別区1類(教養・専門)、市役所上・中級(教養・専門)、国家総合職・教養、国家総合職・専門、国家一般職大卒・教養、国家一般職大卒・専門、国家専門職大卒(教養・専門)、大卒警察官・教養(過去問350)という10冊が出ています。志望先に応じて選ぶと良いでしょう。

また、「本試験過去問題集 公務員試験 TAC」は、公務員の本試験を年度別に編集した復元型問題集です。本試験を想定したシュミレーションに使える問題集であり、模試を受ける機会が無い方が本番同様に時間を測って「早く」「正確に」問題を解く練習用途におすすめできます。

この問題集は、東京都1類B(行政・一般方式)、東京都特別区1類(事務)、裁判所一般職大卒、国税専門官、労働基準監督官A、国家一般職大卒(行政)が出ています。こちらも志望先に応じて選ぶと良いでしょう。

さらに、大卒公務員の教養試験(基礎能力試験)に関しても、模試の受験をおすすめします。特に先ほど取り上げた本試験問題集が無い公務員試験の方は、模試を受けておくことをおすすめします。

特に公務員模試でおすすめなのは、LECの「地上・国家一般職<行政系>スペシャル模試パック」やTACの「公務員 公開模試」です。もちろん、これらの模試はパックではなく、各回ごとに受験を申し込むこともできます。

本試験問題集や模試では、各自の到達度を確認し、理解不足や学習漏れの分野・科目の発見と補強に活かします。模試は出来る限り受験して、受験したあとのフィードバックに活用することをおすすめします。

大卒公務員の教養試験(基礎能力試験):まとめ

大卒公務員の教養試験(基礎能力試験)では、国家公務員、東京都、東京都特別区では一般知能(知能分野)の出題比率が一般知識(知識分野)よりとても高く、その他の公務員試験(地方上級、市役所、国立大学法人)では知能と知識が4~5割づつです。

教養試験も入門書を使って知識や解法をインプットしておくと、メイン教材である過去問集が進めやすくなります。ただし、目安としては本試験まで半年を切っていれば、入門書は使わず過去問集に絞って乗り切ることも十分に可能です。

どの公務員試験の場合も、最も出題比率が高い数的処理(判断推理、数的推理)が、真っ先に取り組むべき最重要科目です。

文章理解の現代文・英文も出題数が多い重要分野ですし、資料解釈は公務員試験によっては重要科目といえます。これらは1日あたりの学習量は多くなくても良いので、コンスタントに継続して解き続けるべき分野です。

社会科学は時事問題を考慮すれば、やはり一般知識の中では最も重要で、数的処理と同様に先行して取り組むべき重要分野です。あとは、人文科学→自然科学と各科目に順次取り組んで本試験に備えます。

各科目の過去問集をクリアしたら、模試や本試験問題集で到達度を確認し、弱点分野の発見と補強を行うとともに、過去問演習書で演習量の上積みを通じた実力アップをはかり、試験本番に備えます。