公務員試験:官庁訪問・国家一般職大卒

公務員試験:官庁訪問・国家一般職大卒

ここでは、官庁訪問のうち国家一般職大卒特有の注意点を述べます。官庁訪問に共通する注意点は以前の記事で触れていますので、そちらのほうも必ずお読みください。

官庁訪問において、国家一般職大卒は地方の出先機関ごとの採用になるので、東京の本省庁採用となる国家総合職に比べ、地方在住の方でも不利ということは無いでしょう。

もちろん、国家一般職大卒の方でも本省庁採用を希望する方は、前の記事の国家総合職の官庁訪問のケースを参考の上で、一次試験合格発表前後から早めに動いてください。

公務員試験:官庁訪問・国家一般職大卒の流れ

国家一般職大卒の大部分の方は地方出先機関に採用を希望されると思いますが、一次試験合格発表の前後に各受験ブロックで実施される「官庁業務合同説明会」に必ず出てください。

この官庁業務合同説明会では、採用予定のある官庁・出先機関が参加して個別のブースを設け、業務内容の説明やパンフレットの配布を行っています。また、「採用予定官庁一覧」が配布され、各官庁の採用予定数・個別説明会の日時や予約方法を教えてくれます。

官庁業務合同説明会は、いろいろな話を伺うことの出来る貴重な機会です。一次試験合格者は絶対に参加しましょう。

公務員試験:官庁訪問・国家一般職大卒の早期化

最近では、国家一般職大卒でも官庁訪問の早期化が進んでいます。一次試験合格発表前の官庁訪問は、「希望する官庁を事前予約の上で訪問し、業務説明を受ける」ことになっていますが、事実上は最初の面接と考えられています。

この一次試験合格発表前の官庁訪問は、表向きは受験生の意思に任された活動という扱いです。しかし、この官庁訪問を行っていない者が、最終合格しても採用されない場合もあります。前の記事で述べた国家総合職のケースも参考に、官庁訪問は、なるべく早くから動くべきです。

内々定や内定が出る時期は、官庁・出先機関により異なります。状況に応じて柔軟に対応しましょう。

公務員試験:官庁訪問・国家一般職大卒の心構え

国家一般職大卒の官庁訪問は国家総合職ほどは厳しい面接ではなく、面接の回数も国家一般職大卒ほど多くはありません。しかし、やはり事実上の重要な採用試験と考え、志望動機など面接試験並みの準備を用意しましょう。

国家一般職大卒の官庁訪問では、国家総合職志望だった受験生も流れてきます。万全の準備と心構えを用意し、早くから動きましょう。