公務員の仕事のやりがいとは?

今回は、公務員の仕事のやりがいについて取り上げます。

社会に役立つ仕事が公務員のやりがい

公務員の仕事のやりがいについて、最も多く挙げられる点は「社会貢献」です。公務員は民間企業のように利益を追求せず、経営者による私的な経営とは異なり、公共の利益を追求し、社会全体の奉仕者として、国や地域の活動を支える仕事にやりがいを感じるといえます。

国家公務員総合職であれば、国のさまざまな制度の枠組みの構築や改善、大局的な観点からの政策決定や遂行に関わることになります。国家一般職は、国の政策の遂行を、より現場に近いところで支える国家公務員といえます。

また、国税専門官、労働基準監督官、入国警備官のように、特定の行政分野に特化した国家公務員も、専門知識を活かした業務にやりがいを感じるといえます。

地方公務員では各自治体の実情に沿った決まりを作ったり、地域づくり、地域の活性化に寄与する仕事に従事します。広域自治体(都道府県)では国と市町村との調整も担いますし、基礎自治体(市区町村)ではとても身近な住民サービスを提供します。

国会職員や裁判所職員は、行政権ではなく、国の立法権や司法権の行使に関わる業務を遂行します。公立学校の教員、保育士、警察官、消防官など、専門性が高い分野で活躍する公務員も存在します。

どの公務員の仕事を見ても、共通しているのは社会を円滑に支える活動だと言う点です。究極的には、社会に役立つ仕事こそが、公務員のやりがいといえます。

公務員の仕事のやりがいと魅力

公務員の仕事にやりがいを感じるのは、その仕事そのものとは別に、やはり魅力的な職業であることだと思います。決して公務員の仕事が楽ということはありませんが、民間企業に比べて休みが取りやすく、産休や育休も取りやすい職場が多いといえます。

ワーク・ライフ・バランスという言葉通り、公務員は仕事と生活のバランスが取りやすく、仕事のやりがいも自分の生活も大事にしたい方にとって、公務員はこの上ない魅力的な職業だといえます。

確かに公務員によっては、大変な業務に直面することもゼロではありません。しかし、民間企業の会社員のように、個々の営業成績が人事評価や給料に反映されたり、倒産リスクやリストラの心配がありません。

公務員の場合は仕事を何年も続ければ続けるほど、あるいは昇進することによってのみ、給料が確実にあがります。景気変動によって経営状態が悪化したなどの事情に左右されず、個々の職員の勤務成績によって給料が上下することはありません。

公務員は自社の利益を上げるために働くのではなく、社会全体のために働く奉仕者です。それに加え、給料や休日などの福利厚生は充実しており、社会の役に立つ仕事を行いながら恵まれた環境にある公務員は、やりがいのある魅力的な職業といえます。