高卒公務員の種類

ここでは、高卒公務員の種類を取り上げます。

高卒公務員にも、国家公務員と地方公務員という種類に分けられます。国家公務員は中央政府、地方公務員は地方自治体の職員です。

高卒公務員の種類:国家公務員

高卒公務員の場合、国家公務員は国家一般職、国家専門職、国家特別職の高卒程度の採用試験があります。

国家一般職高卒は、事務処理などの定型的な業務に従事する係員の採用試験です。高卒程度の採用試験では、事務技術農業農業土木林業の5つの採用区分に分かれます。

国家一般職高卒のうち、事務区分と技術区分は地域試験として、その他の区分は全国試験として実施されます。大半の場合、国の出先機関で勤務します。

国家専門職は、特定の行政分野に関わる国家公務員の採用試験です。必要とされる専門知識に応じた職種が採用されるため、採用試験も職種ごとに行われます。

高卒程度の国家専門職には、税務職員刑務官入国警備官皇宮護衛官・高卒航空保安大学校海上保安大学校海上保安学校気象大学校があります。

国家特別職は、三権分立の建前上、行政分野の職員とは別に、それぞれの機関が採用試験を行う国家公務員です。司法権に関わる裁判所職員や、立法権に関わる国会職員が該当し、職種ごとに採用試験が行われます。

高卒程度の国家特別職には、裁判所事務官一般職・高卒者区分衆議院事務局一般職高卒/衛視参議院事務局一般職高卒/専門職(衛視)国立国会図書館一般職・高卒があります。

高卒公務員の種類:地方公務員

高卒公務員の場合、地方公務員は事務系、技術系、警察官、消防官の種類があります。また、採用試験は自治体ごとに行われます。

事務系の地方公務員は高卒公務員の場合、行政事務(一般行政系)、学校事務(教育事務)、警察事務などの区分があります。具体的な名称は自治体によって異なります。

行政事務は、東京都3類地方初級(道府県、政令指定都市)、市役所(高卒程度)東京都特別区3類で採用試験が行われ、一般的な事務処理に従事します。学校事務は公立学校の事務職員であり、主に都道府県や政令指定都市で採用試験が行われます。

警察事務は警察の事務職員であり、都道府県の警察本部(東京都は警視庁)で採用試験が行われます。事務系の高卒公務員は、庶務・経理・行政処理などの定型的な業務に従事することが一般的です。

技術系の地方公務員は、電気・機械・土木・建築などの採用区分に分かれることが一般的です。東京都3類地方初級(道府県、政令指定都市)、市役所(高卒程度)東京都特別区3類で採用試験が行われ、専門知識を活かした職務に従事します。

警察官高卒は都道府県の警察本部(東京都は警視庁警察官3類)で採用試験が行われます。消防官高卒は市町村単位で採用試験が行われます(東京都は東京消防庁3類)が、複数の自治体が共同で運営する消防組合が採用試験を行う場合もあります。

  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「公務員試験」ページに行きます。