教員採用試験の参考書3 教育答申、教育時事、教育用語集

教員採用試験において、教育答申、教育時事の参考書は、メインの参考書と同様に必ず取り組むべき試験勉強です。また、教育用語集は、人名・業績・出来事を結びつける理解の補助に随時使うべき必携の参考書といえます。

(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)

教員採用試験:教育答申の参考書

教育答申の参考書としては、「時事通信出版局 試験に出る重要教育答申」が定番です。決して見やすく分かりやすい本とはいえないものの、公文書の原文から抜粋して非常にしっかりと解説しています。

これが合わなかったら、「学習指導要領・教育振興基本計画・答申・通知 一ツ橋書店」に替えることもおすすめできます。「試験に出る重要教育答申」よりも要点をよりスマートにまとめた良書です。

なお、協同出版の「教育時事・答申 完全攻略」は改訂されておらず、現状ではおすすめできません。かつての定番参考書であり、改訂の再開を期待したいところです。

教員採用試験:教育時事の参考書

教員採用試験 速攻の教育時事 実務教育出版」は、公文書の抜粋を掲載した本ではありませんが、白書・答申・法改正を含む教育時事全般をカバーした人気教材としておすすめです。教育答申の参考書と併用することで、教育時事の対策は十分だと思います。

教員採用試験:教育用語集

教育用語集の定番は、なんといっても「教員採用試験 教職 基本キーワード1200」(実務教育出版)です。常に携行してサッと調べる参考書として最適です。

一方、「オープンセサミ教育用語集」(東京アカデミー)も高い人気を誇る良書です。基本キーワード1200をスマートにしたような参考書で、「1200」が合わなかった方なら本書に替えてもよいでしょう。

教員採用試験ではメインの参考書と問題集だけでなく、今回取り上げた参考書で答申や時事対策を補強して、教員採用試験特有の出題対策をしっかり固めましょう。

  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「公務員試験」ページに行きます。