面接試験対策(高卒程度)

今回は高卒程度公務員の面接試験対策を取り上げます。ここでは、国家公務員(国家一般職、国家専門職、国家特別職)、地方公務員(地方初級、市役所、町村役場)、警察官・消防官における、すべての高卒程度(初級)公務員に適した参考書を取り上げます。

(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)

市販の教材でこれら高卒程度(初級)公務員に適した面接対策の参考書としては、「初級公務員 面接・作文の完全マスター」をおすすめします。当サイトでも高卒程度公務員のインプット教材として推奨している参考書兼問題集シリーズの面接・作文版です。

従来は東京アカデミーのオープンセサミシリーズからも高卒程度公務員向けに「適性・作文・面接試験」が出ていたのですが、2000年で販売が終了しています。市販の教材で高卒程度公務員に適した面接対策の参考書としては、本書が最も適切で無難な良書だと思います。

「完全マスター」は空欄補充形式(穴埋め式)で要点を整理し、理解度テストで要点を繰り返し確認することが出来る要点整理&問題集です。面接のマナーや心得を初歩から丁寧に解説し、よく聞かれる質問を豊富に掲載して実戦対策に使える参考書といえます。

特に面接試験に関しては、例えば冗長だったり極端な回答は避けるべきですが、こうしたポイントをひとつひとつ、具体例を交えて丁寧に解説しています。実際の入室から質問・応答(受験者の様子の描写まで)がいくつか掲載しているのも、おおいに参考になります。

もちろん、本番の面接試験は本書通りの質問が出たり、模範的にいくとは限りません。しかし、基本的な面接試験の心構え・準備やマナーを理解し、複数のモデルケースを通じた面接試験のシュミレーションを行う上では、本書は非常に有益な参考書だといえます。

初級公務員 面接・作文の完全マスター」は面接試験の基本から知っておくべき備えを理解し、いくつかの受験例を掲載していてシュミレーションにも役立ち、豊富な想定問答例から事前準備に使える良書として、高卒程度(初級)公務員ならどなたにもおすすめできる定番参考書といえます。