心理学史

今回は心理学史を取り上げます。心理学史の参考書としては、以下のものをおすすめします。どちらか1冊で構いませんが、国家総合職や家庭裁判所調査官補ならどちらかは必ず読んでおくべきでしょう。

また、法務省専門職員・人間科学区分(矯正心理専門職/法務教官/保護観察官)や地方公務員の方も、公務員向けの教材だけではわからなかった場合の参照用参考書として、以下のどちらか1冊を補助的に随時調べて確認する用途におすすめできます。

(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)

「流れを読む心理学史」のほうは典型的で正統派の教科書です。こうした専門的な入門書の割には、初学者の方でも読みやすいほうだといえます。これが合わなかった方は、概説書として優れている「心理学史への招待」に替えてもよいでしょう。

心理学史は、他の科目のあとで取り組むと楽しく感じる科目といえますが、最初に取り組むと退屈に感じることが多い科目と言えます。できれば心理学全般の参考書を固めたあとで着手すると効率よく学べるでしょう。