社会心理学

今回は社会心理学の参考書を取り上げます(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)。

社会心理学においては、まずは心理学全般の参考書で心理学全般の学習に取り組むことをおすすめします。

グラフィック社会心理学 サイエンス社」は、非常にわかりやすく使い勝手の良い参考書です。社会心理学をとても濃縮して編集した参考書ですので、先述の通り心理学全般の学習を済ませた後、本書をメインテキストとして使うことをおすすめします。

社会心理学キーワード 有斐閣」も定番シリーズです。一気に読み込んで社会心理学を全体的に確認したり、分からない点を調べる参照用に最適な良書です。こちらは特に記述対策に大いに役立つ参考書としておすすめします。

社会心理学の対策は、上記2冊を揃えれば十分だと思います。これらが分かりにくいという方なら、以下の参考書や辞典を追加してしっかりと理解しましょう。

現代社会心理学 東京大学出版会」はとても丁寧な記述であり、分かりやすい概説書です。ただし意外と省いてある概念も多く、網羅性では劣るため、「グラフィック社会心理学 サイエンス社」と「社会心理学キーワード 有斐閣」の2冊で理解しきれない点が出てきた方には、参照用の参考書として理解の補充におすすめします。

一方、「社会心理学用語辞典 北王子書房」は、非常に人気の高い社会心理学専用の辞典です。大学のゼミで指定教材にされることも多い辞典ですが、とても適切でほどよい分量の説明であり、公務員試験を通じてわからない点を参照する最適な教材といえます。

  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「公務員試験」ページに行きます。