初級公務員試験 よくわかる数的推理/判断推理

今回取り上げる高卒程度公務員の参考書は、実務教育出版の「初級公務員試験 よくわかる数的推理」「初級公務員試験 よくわかる判断推理」です。本書は、数的推理や判断推理の基本から本試験レベルまでしっかりと学習できる参考書です。

(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)

初級公務員試験 よくわかる 実務教育出版」(数的推理、判断推理の2分冊)は、初めてこれらの科目に取り組む初学者や、問題がさっぱり出来ない方を対象に、本試験問題が解けるために必要なノウハウを系統立てて解説してくれる入門書です。

この参考書は、同種の教材に比べて決して見やすいわけではなく、どちらかと言うと地味で生真面目な参考書といえます。しかし、非常に堅実で手堅く、正攻法で順序良く必要な知識や解法を説明している良書といえます。

本書と同じコンセプトの参考書としては、畑中敦子の天下無敵の数的処理!が挙げられます。読みやすさや見やすさで優る「天下無敵」がおすすめですが、畑中本のテクニカルで裏技を重視した解法が合わなかった方は、今回取り上げている「よくわかる」に替えても良いと思います。

「よくわかる」では、各章がテーマごとにわかれ、テーマごとに基本的な考え方の説明と例題が提示されます。基本的な理解を終えた後は、各章ごとに用意された演習問題を使って、基本から応用へと問題練習を済ませることができます。

ただし本書は、あくまでも必要なノウハウの習得を重視した参考書です。ここでは、重要事項が「わかった」段階にとどまっており、理解した解法を使いこなして実際の問題が「解ける」力を身につけるためには、メイン教材として新・初級スーパー過去問ゼミをおすすめします。

「よくわかる数的推理/判断推理」は、非常にきちんと作られた正統派の参考書といえます。好みはわかれるかもしれませんが、本書をコツコツと我慢強くこなすことで、合格に必要な実力は着実に身につく良書です。

(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)

  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「公務員試験」ページに行きます。