統計学

今回は大卒公務員の参考書のうち、統計学を取り上げます。今回は、文系・理系問わず、統計学を学んだことが無い受験生を想定して説明します(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)。

統計学は、国家総合職・経済区分で「統計学・計量経済学」5問(必須)、財務専門官で6問(選択)、地方上級の事務系区分の経済専門型や心理系区分で2~3問の出題が見られます。また、理系や福祉系・心理系の区分では、国家・地方公務員とも出題が見られます。これ以外の公務員試験で出ることはありません。

まず、統計学が択一式試験で出る方は、「完全独習 統計学入門 小島 寛之 ダイヤモンド社」が入門書、「基本統計学 宮川公男 有斐閣」が参考書という組み合わせで順序良くコツコツと習得し、あとは「過去問500」シリーズの地上(専門)をしっかりとやれば択一式試験には十分です。

地方上級では2~3問しか出ませんからこれだけで十分だと思います。過去問500を解きながら、必要な知識や解法を参考書で調べて確認しておくという程度でも良いと思います。

国総・経済区分や財務専門官では、これらに加えて人事院に5~10年分の過去問を請求しておき、本格的な問題演習に使うのも良いでしょう。

一方、より本格的な出題が予想される理系公務員では、以下の入門書や参考書をおすすめします。

統計学の参考書:入門書

統計学の参考書のうち、まず入門書としては以下のものが挙げられます。

1.「マンガでわかる統計学 オーム社」は文字通り漫画で書かれた入門書です。当然これ1冊では公務員試験に対応できませんが、非常によくできた入門書といえます。

この本は「マンガでわかる統計学 回帰分析編」「マンガでわかる統計学 因子分析編」とシリーズ化もされています。専攻の学生には不要と思いますが、全くの初学者が初めての導入本としては最適と思います。

2.「よくわかる心理統計 ミネルヴァ書房 山田剛史著 / 村井潤一郎」は数学が全く苦手だという方におすすめできる参考書です。とても丁寧な説明でわかりやすく、統計学の基礎レベルを全般的に理解できる入門書といえます。

3.「完全独習 統計学入門 ダイヤモンド社 小島寛之」も、統計学の超基本から扱った入門書としておすすめできます。「よくわかる心理統計 ミネルヴァ書房 山田剛史著 / 村井潤一郎」と競合する入門書レベルですが、こちらは既習者が大学レベルの学び直しをするのにも最適です。

4.「本当にわかりやすいすごく大切なことが書いてあるごく初歩の統計の本 北大路書房」は国家総合職・人間科学の心理統計でもおすすめした参考書です。非常にわかりやすい本ですが、網羅性が高くないため、他の参考書で分からなかった項目の補助的な用途におすすめできます。

上記1~4の統計学の入門書のうち、国家総合職、他の国家公務員試験、地方公務員など幅広く使える最初の1冊としては2または3のどちらかをおすすめします。

それでもついていけない方は「1→2または3」というコースを検討すべきですし、国家総合職の心理統計にはこれらの入門書プラス4も着手することをおすすめします。

統計学の参考書:メイン教材

一方、公務員試験の本試験レベルに対応する参考書としては、以下の1~4のなかから、各自の志望先に見合ったものを1冊こなせばよいでしょう。

1.東大出版会の「統計学入門 (基礎統計学) 東京大学教養学部統計学教室 東京大学出版会」は、国家総合職が国家1種だったころからの長きに渡る定番参考書です。理工系大学生の統計学の入門書のバイブルとして知られています。

統計学入門 (基礎統計学) 東京大学教養学部統計学教室 東京大学出版会」は、問題練習を通じて基礎から国家総合職など公務員試験に対応できるレベルまで学べます。網羅性の高い参考書ですし、財務専門官、地方上級、福祉系・心理系公務員の方も、高度な難問を省いてひととおり勉強すれば、十分メイン用途に使える良書です。

2.「試験にでる心理学 心理測定・統計編 北大路書房」も非常に網羅性が高く、国家総合職、家裁、福祉系・心理系公務員の方におすすめできる参考書です。重要項目の整理という点だけでも本書を使う価値があります。

こちらは公務員試験に必要な内容を漏らさず収録しており、とても分かりやすい本です。ただし説明自体は簡潔にまとめているため、入門書と併用して試験勉強のメインにすると、十分な試験勉強として通用します。

3.「基本統計学 有斐閣 宮川公男」も統計学の教科書として多くの大学で使用されてきた良書です。公務員試験ではメイン用途というより、上記の本で分からなかった点を参照する用途に最適なテキストです。

基本統計学 有斐閣 宮川公男」は、国家総合職(法律、経済、政治・国際)や統計学の出題数がそう多くない公務員試験において、択一対策に特化するなら十分メインの参考書としておすすめできます。

4.「例題で学ぶ 初歩からの統計学 日本評論社 白砂堤津耶」は他のメイン参考書ではついていけない方が、公務員試験の統計学をある程度までは解けるようにしておきたい場合におすすめできる参考書です。初歩からケーススタディを通じて習得できる参考書で、数学が苦手なひとにも一定の配慮がされており、より分かりやすい参考書といえます。

本書も、国家総合職からあらゆる事務系・福祉系・心理系公務員試験に対応でき、とても丁寧で読みやすい参考書です。ただし、「例題で学ぶ 初歩からの統計学 日本評論社 白砂堤津耶」を使う場合は、ある程度高度な難問は捨てて基本問題・標準問題は取りこぼさないという割り切りが必要かと思います。

公務員試験の統計学は、鉛筆片手に計算を実践しながら、入門書や参考書を一気に進めたあと、過去問演習を徹底して繰り返し、本試験に備えるのがオーソドックスな攻略法といえます。

  • →アマゾン(Amazon.co.jp)の「公務員試験」ページに行きます。