理系公務員の参考書

今回は、理系公務員の参考書を取り上げます。ここでは、国家総合職、国家一般職大卒、地方上級(都道府県、政令指定都市、東京都特別区)、市役所の理系(技術系)職種・区分、および、労基B(理工系)を対象にします。

(以下のリンクは、それぞれの名称によるアマゾン(Amazon.co.jp)の検索結果ページを含みます)

必ずこなすべき教材:教養試験(基礎能力試験)

公務員試験は、教養試験(基礎能力試験)と専門試験の合計十数科目を短期間でクリアする必要があります。このため、「過去問集」と言って、必要な知識・解法のインプットと、アウトプットに相当する過去問演習を効率よく出来るメイン用途の教材が各社から出ており、まずはこれから真っ先に取り組むことが定石といえます。

教養試験(基礎能力試験)は理系公務員、行政系・事務系、福祉系・心理系など、同じ採用試験なら職種や区分を問わず共通の問題が課されることが一般的です。このため過去問集に関しても、公務員受験生に幅広く使われている定番の教材があります。

スー過去

新スーパー過去問ゼミ5」(実務教育出版)は、知識ゼロの全く初めて学ぶ科目でも、試験勉強の初めから本試験直前まで使えるメイン教材の定番です。大卒程度の公務員試験なら最も幅広く対応できる科目別教材といえます。

本書は教養試験(基礎能力試験)と行政系・事務系の専門試験の合わせて、科目別・分野別に20冊以上出ている「過去問集」です。当然ながら理系公務員であれば、教養試験(基礎能力試験)のラインナップを揃えるだけで十分です。

過去問集とは、問題を解くのに必要なインプット部分と、難易度別・頻出度別に整理された過去問演習が一体となり、学習経験が全く無い初学者でも、知識や解法の理解と本試験の問題演習を1冊で済ませることができるオールラウンド型教材です。

公務員試験は、教養試験(基礎能力試験)と専門試験で合わせて十数科目を短期間でこなす必要があります。このため、インプットとアウトプットの一体型教材である「過去問集」で、科目ごとに効率良く攻略することが定石といえます。

過去問集は、どの会社からも評判の良い教材が出ています。また過去問集は、すべての科目を同じ会社のもので揃える必要はありません。スー過去が合わなかった科目は、後述する他社のものに切り替えて構いません。

ただ、どれか迷うような方は、「まずはどれから?」と言われれば、まず真っ先におすすめできるのは「新スーパー過去問ゼミ5」だといえます。スー過去であれば、今回想定しているどの公務員試験にも対応できるところも、非常に大きなメリットです。

クイマス

一方、LEC東京リーガルマインドから出ている「公務員試験過去問新クイックマスター」も、先ほどの「スー過去」と同様の一体型教材(過去問集)としておすすめできます。どちらも地上、国一、市役所大卒から国総、労基まで幅広く対応できます。

本書も「クイマス」と言われ、教養試験(基礎能力試験)と行政系・事務系の専門科目が20科目近く出ている科目別・分野別教材です。やはり理系公務員なら、教養試験(基礎能力試験)を揃えるだけで十分です。

やはりクイマスも、知識・解法の要点整理と本試験の過去問演習を効率よく進めることで、全くの初学者でも本試験まで使い続け、合格に見合った実力をつけることができる過去問集です。

「クイマス」と「スー過去」を比べると、収録問題の網羅性や厳選した過去問の精度の高さは「スー過去」が上だと思います。「スー過去」なら人文科学、自然科学も1冊で済ませることが出来ますし、基礎問題から高度な問題まで無駄なく一通りこなせるメリットがあります。

その一方「クイマス」は、インプット部分がより優しい記述で、ビジュアル的にわかりやすい工夫がされています。なお、「クイマス」は人文科学と自然科学がそれぞれ2分冊となっており、時間的な余裕が無い方には不向きかもしれません。

このため、まずは「新スーパー過去問ゼミ5」をやってみて、それで挫折した科目があった場合、これに代わるメイン教材として、見やすさ・読みやすさという点で「公務員試験過去問新クイックマスター」は、十分おすすめできる良書だといえます。

カコモン

TACの「だからカコモンで克服」も上記のスー過去やクイマスと同じく、科目別・分野別にインプットと過去問演習を同時に進められる一体型教材(過去問集)です。

本書も「カコモン」と呼ばれ、教養試験(基礎能力試験)と行政系・事務系の専門試験から科目別・分野別に出ているオールラウンド型教材です。先ほどの「スー過去」や「クイマス」に比べて、明らかに基本部分のウェイトを高くしています。

特に「カコモン」は初学者に分かりやすく、インプット部分がイラストや図表を交えて詳しく書かれています。収録問題も基礎~標準問題を重視しているため、一般的な大卒程度の公務員試験でメイン教材として使うには、やや物足りないかと思います。

ただし採用試験によっては、自然科学など各科目0~1問しか出ない試験もあります。公務員試験では出題数が極めて少ない科目の場合は、定型的な基本問題しか出ないことが珍しくありません。

もちろん、自然科学でも万全に準備しようという方なら「新スーパー過去問ゼミ5」や「公務員試験過去問新クイックマスター」をおすすめします。その一方、これらが合わなかった場合、出題数が少なくて基本問題がほとんどで、捨て科目にすべきでない自然科学であれば、「だからカコモンで克服」に代えることもおすすめできます。

参考書:教養試験(基礎能力試験)

公務員試験は、過去問集をメイン教材と位置づけ、科目別にしっかりこなせば、それだけで合格に必要な実力を身につけることができます。ただし、過去問集だけでは分からないという科目や、解説を何度読んでも過去問が解けない科目の場合は、参考書で補充することを検討すべきです。

参考書は必須ではありません。まずは過去問集(「新スーパー過去問ゼミ5」や「公務員試験過去問新クイックマスター」など)だけ進めることで、公務員試験の合格は十分可能です。しかし、科目によっては参考書を追加して併用し、知識・解法の補充を行うという選択肢も頭に入れておきましょう。

解法の玉手箱(数的推理/判断推理)

数的推理や判断推理は、暗記科目ではなく、一定の範囲の解法パターンから課される科目です。これらは公務員試験特有の科目ですし、独特の数的思考や論理的思考に慣れないという方も少なくありません。

数的推理も判断推理も、過去問集だけでいけるという方も多いです。その一方で、何度解説を読んでも過去問ができないという方には、入門書として実務教育出版の「玉手箱」シリーズ(数的推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱判断推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱の2分冊)をおすすめします。

この参考書は、本試験問題で課される解法パターンを類型化した問題集であり、あらゆる解き方を駆使できるようになる良書といえます。また、小・中の算数・数学レベルのなかでも、数的推理・判断推理に必要な部分だけ絞り込んで学び直しを行うこともできます

公務員試験も採用試験の一種であり、毎年安定した人材の確保という必要性から、毎年の試験内容や難易度に大きなバラツキがありません。このため数的推理・判断推理においても、一定の範囲の解法パターンさえ習得すれば、合格に必要な実力を定着させることができます。

数的推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱」「判断推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱」は、ごく基本的な典型問題のパターン練習を通じて、全く学習経験が無い時点からでも、数的推理・判断推理のあらゆる本試験問題が解けるようになる入門書です。過去問集が全然駄目だという方には、基礎固め・学び直しの定番として十分おすすめできます。

もちろん、これら定型的な基礎問題ばかりでは本試験には足りません。実際の公務員試験では、複数の解法を組み合わせたり、基礎を土台にした派生的な解き方が要求されます。この参考書をこなす場合でも、過去問集(「新スーパー過去問ゼミ5」や「公務員試験過去問新クイックマスター」など)に着手して、本格的な問題演習に取り組むべきことを忘れるべきではありません。

文章理解の英単語集

文章理解の英文では、地上、国一、市役所大卒、労基などは、高校の教科書~センター試験レベルが中心です。国総でもセンター試験レベルを超える問題はあまり無いと思います。

このため、高校入試や大学入試での受験勉強や、TOEIC、英検などの資格試験で、英語に関するしっかりした学習経験のある方であれば、いきなり過去問集から進めても困難なことはなく、比較的容易に解けると思います。

ただし、まずは過去問集を解いてみて、ボキャブラリーや速読力など不安を感じた方には、「速読速聴・英単語 Core 1900」をおすすめします。あるいは、大学受験で使った経験があるなら、「速読英単語(2)上級編」に代えても構いません。

どちらも英単語集にしては、例文が比較的長めで良質の英文を数多く掲載し、語彙力とともに速読力も訓練できる優れた参考書です。公務員試験に必要な英語力の基礎固めに最適な良書といえます。

公務員試験の英文は、高度で難しい文法や構文が含まれることが無く、ただ比較的長い英文であることに注意すべきです。このため、一般的な単語力と、早く正確に読んで内容把握できる英語力さえ身につければ、決して難解な英文ではありません。

このため、しっかりした英語の学習経験がある方は、いきなり過去問集に取り組むだけでも、公務員試験に十分対応できます。その一方、過去問の英文が読み取れない、知らない単語ばかりという方は、英単語集を追加して、基礎固めを並行するべきでしょう。

もちろん、英単語集だけでは、本試験に通用する英語力は定着しません。やはり最終的には、過去問集(「新スーパー過去問ゼミ5」や「公務員試験過去問新クイックマスター」など)にしっかり取り組んで、本試験レベルの課題文を読み取って問題を解き切る力を鍛えなければなりません。

必ずこなすべき教材:専門試験

理系公務員の専門試験も、大学・大学院における学問的な探究とは異なり、公務員試験という採用試験です。このため、安定した人材の継続的な確保のために、毎年の傾向や難易度が大きく変わることはなく、各科目の知識としての一定の理解度が試されます。

こうしたことから、専門試験の参考書も、要点をサッとインプットしつつ、しっかりと過去問の演習を行うことで、公務員試験の頻出項目や、公務員試験特有のクセに慣れつつ、本試験問題が解ける力を身につけることが必要です。

技術系スー過去

理系公務員のうち、択一式のメイン教材には、「公務員試験 技術系スーパー過去問ゼミ」シリーズをおすすめします。国一、地上(都道府県、政令指定都市、東京都特別区)を中心にしつつ、国総までの過去問も豊富に掲載し、市役所大卒でも使えます。

本書は、工学に関する基礎(数学・物理)、土木、機械、電気・電子・情報、農学・農業、化学の6冊が出ています。「スー過去」で知られる定番教材の理系公務員版であり、要点ポイントと過去問演習が一体となって効率よく専門試験を攻略できる良書です。

この「技術系スー過去」は、本書だけでも十分に択一対策が可能ですが、演習量を上積みする場合、あるいは、国総や記述式試験がある方は、本書に加えて後述する「よくでるシリーズ(頻出問題)」の追加をおすすめします。

公務員試験 技術系スーパー過去問ゼミ」は、知識・解法のポイント部分と、豊富な過去問演習が一体となった「過去問集」と呼ばれるオールラウンド型教材です。試験勉強の初めから本試験まで、真っ先に取り組むべきメイン教材といえます。

よくでるシリーズ(「頻出問題」)

上・中級公務員試験 技術系よくでるシリーズ」は、「~の頻出問題」と題された、技術系公務員および心理学の問題集シリーズです。工学に関する基礎(数学・物理)、土木、化学、電気・電子、農学・農業、心理学の6冊が出ています(心理学は絶版重版未定です)。

本書も国総、国一、地上の試験ガイドと分野別の頻出問題で構成された過去問ベースの問題集であり、市役所大卒にも対応できます。解説が無く模範解答もムラがあるのですが、市販の教材で記述式の過去問が入手できる教材は極めて稀です。

「よくでるシリーズ」は、先に挙げた「技術系スーパー過去問ゼミ」の前身教材です。化学と電気・電子は1998~1999年、他の科目も2003~2004年に改訂が止まっており、内容的に古いことが難点です。

にも関わらず、受験生には根強い人気が続き、実務教育出版も取り扱いを続けています。公務員試験は出題傾向や難易度がそう大きく変わらない試験ですし、平成24年度の国家公務員試験の制度改革以前の国一(旧・国家2種)や地上の過去問を数多くこなせることは大きなメリットです。

また、本書の「試験ガイド」は、勉強法や学習のポイントが記載され、それぞれの系統に属する諸科目について参考書籍を豊富に紹介しています。学習方針を決める際の貴重な1冊としてもおおいにおすすめできます。

先に挙げた「技術系スー過去」はメイン教材として最適ですし、択一対策には欠かせません。その一方、よくでるシリーズ(「頻出問題」)は、国総(旧・国家1種)の過去問も多く、理系公務員の勉強法、頻出分野の内容把握、参考書籍、記述式の過去問を知る参考書として追加することがおすすめできる良書といえます。

ここまで、志望先が択一式試験だけであれば「公務員試験 技術系スーパー過去問ゼミ」だけでも良いと思いますが、問題演習を確実に増やしたい方や、国総志望あるいは記述式試験が課される方は「上・中級公務員試験 技術系よくでるシリーズ」を追加するのが望ましいと思います。

米田本

土木職の方には、大学教育出版の「米田昌弘 土木職公務員試験専門問題と解答」シリーズ(米田本)もおすすめできます。こちらは近畿大学教授・米田昌弘による、土木職の試験勉強が一通り出来る教材です。

本書は、「必修科目編」、「選択科目編」、工学の基礎に該当する「数学編」「物理編」、高度な問題を取り扱った「実践問題集 必修・選択科目編」「実践問題集 数学・物理編」、国家総合職の過去問も加味された「総仕上げ編」の計7冊で構成されています。

科目別の4冊はポイント整理と演習で構成され、各科目をしっかりと固めることができます。実践問題集や総仕上げ編は多くの過去問を通じた演習書で、高いレベルの実力アップが可能です。

また、国家公務員試験の制度改革で、旧・国家2種から国家一般職大卒への変更を受けて、新たな問題を追加する新版が出ています。国一をベースにした教材ですが、地方上級や市役所大卒の方にも幅広くおすすめできます。なお、国総では、全7冊こなしても、物足りないかと思います。

「米田本」は、先ほどの「技術系スー過去」&よくでるシリーズ(「頻出問題」)に比べ、記述の精度が高く、新しい出題傾向を踏まえています。ただし、7分冊ということで、かさばることもありますし、公務員試験まで短い期間のなかで効率的とは言い難いともいえます。

このためメイン教材として、公務員試験まで時間が無い方は「公務員試験 技術系スーパー過去問ゼミ」&「上・中級公務員試験 技術系よくでるシリーズ」の組み合わせが現実的と思います。その一方、公務員試験に時間が取れてしっかりと学習できる方は、「米田昌弘 土木職公務員試験専門問題と解答」シリーズに代えることもおすすめできます。

工学の基礎(数学、物理)、土木職でその他におすすめできる教材

工学の基礎(数学、物理)や土木職向けには、以下に挙げる教材をおすすめすることができます。上記に挙げた教材が合わなかったり、試験勉強の総仕上げ的な演習書を取り上げ、本試験まで時間が無い場合の次善の策にも触れます。

技術系公務員 工学の基礎 攻略問題集

技術系公務員 工学の基礎 攻略問題集 洋泉社」は、工学の基礎(数学、物理)の過去問を豊富に掲載し、基礎知識の整理部分と一体となった過去問集に近い問題集です。「公務員試験 技術系スーパー過去問ゼミ」が合わなかった場合の代替教材としておすすめです。

本書では、国一・地上・市役所や労基Bにおける工学の基礎(数学、物理)を一通りクリアすることが出来ると思います。この問題集の水準は、国総では基礎固めにとどまりますが、国一、労基、地上、市役所大卒の数学、物理のメイン教材としては十分おすすめできます。

技術系公務員 工学の基礎 攻略問題集 洋泉社」も、非常に豊富な過去問を、項目別に基礎知識の整理部分と一体的に収録したメイン用途の良書です。内容的にはこちらのほうが新しく、「公務員試験 技術系スーパー過去問ゼミ」が合わなかった方に十分にはおすすめできる問題集といえます。

公務員試験 技術系〈最新〉過去問

公務員試験 技術系〈最新〉過去問 実務教育出版」シリーズは、工学に関する基礎(数学・物理)、土木の2冊が出ている過去問演習書です。とにかく問題演習に特化した問題集であり、登場以来ほぼ毎年最新版が出ています。

本書は国総、国一、地上の過去問を掲載し、土木ではこれらに加え、東京都1類、特別区1類の過去問も掲載しています。今まで紹介してきた問題集と異なり、年度別・試験別に問題が掲載された問題集です。

この問題集は、頻繁に最新版が出ていて年度別に問題が収録されているため、今まで紹介してきたメイン教材で試験勉強をしてきた方が、試験勉強の仕上げに直近の過去問を使って一気に問題演習をこなす用途におすすめできます。

その一方、理系公務員の受験生は学部・大学院で基礎知識が備わっており、いきなり本書から取り組んでも構わないと思います。特に、今まで取り上げてきた項目別のメイン教材を挫折した方や、時間的な余裕が無い方は、とりあえず本書で徹底演習して本試験に備えるという選択肢もありかと思います。

公務員試験 技術系〈最新〉過去問 実務教育出版」シリーズは直近の過去問を一通り掲載した問題集であり、網羅性は無いものの一応の頻出問題に一通り触れることは出来ます。本来は直前期の総仕上げ的な問題集ですが、メイン教材をやるほどの時間が無い方が次善の策として教材を絞り込む場合に、本書という選択肢もあるかと思います。

時事対策の参考書

時事対策は理系公務員においても、絶対に必要な試験勉強といえます。「公務員試験 速攻の時事 実務教育出版」には、公務員試験全般における定番中の定番参考書として、必ず取り組むことをおすすめします。

本書は特に、公務員試験で頻出ながら受験生が後回しにしがちな経済や財政に関するデータを整理できます。扱ってる内容は政治、経済、財政、国際、厚生、労働、文部科学、環境、司法警察、社会問題と幅広くカバーしており、毎年最新版に改訂される参考書です。

論・作文(教養論文)の参考書

論文(作文)試験の参考書は、まず必ず読むべき参考書として「1週間で書ける!! 公務員合格作文」をおすすめします。

本書は第1~2編で、ワンセンテンス・ワンテーマの原則、接続詞の使い方といった形式面だけでなく、問題点を洗い出して自己主張に導く内容から見た論文の書き方を実に分かりやすく説明しています。

もちろん、「1週間で書ける!! 公務員合格作文」は論文における必要最低限のルールも取り上げており、それに加えて合格できる論文の書き方を難しく考えること無く理解できる良質の入門書としておすすめです。

その一方、「1週間」のテーマ別対策(第3編)は、過去問と解答例があるものの、関連知識などの記述が簡潔であるため、実際の課題別対策としては、以下に挙げる2冊の参考書から一方に取り組むことをおすすめします。

1.実務教育出版の「論文試験 頻出テーマのまとめ方」は地方上級・国家一般職大卒・市役所大卒を想定した定番参考書であり、公務員試験の受験生なら誰でも持ってるといって過言では無い人気参考書です。

本書は、同種の参考書に比べると、非常に難度の高い知識や記述を要求しており、答案例もとても深い思考や詳細な統計データに基づくレベルといえます。挫折率の高い本でもありますが、論文(作文)が得意という方にはおすすめできます。

2.TACの「公務員 論文試験の秘伝」は、「頻出テーマのまとめ方」と競合する参考書です。「1週間」で基本的なアプローチを学んだら、どちらか一方で過去問研究やテーマ別対策に取り組むと良いでしょう。

こちらのほうは「まとめ方」に比べると、多くの受験生のレベルから、どれだけ合格答案が書けるかという現実的な解決策にたった参考書です。TACの公務員講座の人気講師・山下純一氏と生徒が対話を通じて課題を検討する構成になっており、わかりやすさ・読みやすさという点でも、実に優れた良書といえます。

公務員 論文試験の秘伝」は国一、地上、裁事一般職大卒を対象にしており、市役所大卒でも十分に使える参考書といえます。20以上のテーマを網羅しており、毎年改訂されています。論文が苦手な受験生でも安心しておすすめできる良書といえます。

面接試験の参考書

理系公務員においても面接試験の参考書としては、以下の2冊をおすすめします。ただし、詳しくは後述通り、できれば両方読むことをおすすめします。

1.「公務員試験 現職人事が書いた面接試験・官庁訪問の本」は、国家総合職や国家一般職の面接試験、官庁訪問、集団討論を想定した面接本ですが、地上・市役所大卒の方にも大いにおすすめできる人気の定番参考書といえます。

本書は、面接試験の準備・心構え、面接カード・個別面接・集団面接・集団討論・官庁訪問の進め方や極意について、基礎知識から実践的な内容までカバーしているため、国家公務員だけでなく、地方上級や市役所といった地方公務員の方にも有益な参考書です。

特に「公務員試験 現職人事が書いた面接試験・官庁訪問の本」は、面接官の本音から採用する側が何を見ているのかというアプローチや、公務員特有のコンピテンシー面接も取り上げており、あらゆる公務員試験の受験生に読んでほしい良書といえます。

2.「面接・官庁訪問の秘伝」は、TACの人気講師・山下純一氏が手がけ、個別面接から、集団面接、集団討論や官庁訪問にも対応する参考書です。

こちらのほうは、二色刷りで豊富な図解やイラストを交え、非常に読みやすくわかりやすい定番参考書です。国一、地上、市役所、町村役場、国税、裁判所一般職、国家専門職(労基など)、国家特別職など、国家総合職を除く大卒程度公務員試験を幅広く対象にしています。

さらに、複数のダメな回答と無難な回答が提示され、著者の指摘がポイントとしてまとめられた想定問答集が25問掲載されています。もちろん、面接試験の基礎知識(準備、マナー、心構えなど)も抜かり無く解説しています。

特に「面接・官庁訪問の秘伝」は、自己分析によって「自分だけのコアな部分」を作り、面接カードやエントリシートの記述から実際の面接の応答に至るまで、どんな質問や場面でも対応できる一貫した軸を作るアプローチを丁寧に解説しています。

このように、自己分析からコアな部分づくりという「面接・官庁訪問の秘伝」と、どうすれば面接官に評価されるかという「公務員試験 現職人事が書いた面接試験・官庁訪問の本」は、対照的なアプローチの良書であり、2冊合わせて読み込んでおくと、面接試験を多面的に備えることができると思います。